映画
アニメ

『宇宙でいちばんあかるい屋根』9月18日(金)より限定配信 劇場公開映画のアナザーストーリー VRショートムービー「宇宙でいちばんやさしい時間」映画で描かれなかった時間を、星ばあと体験するー 藤井道人監督の新たな試みVRショートムービーから驚きのVR映像が初解禁! VR撮影を楽しむキャストの姿を捉えたメイキング映像も!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【以下プレスリリース文掲載】

 

9月4日(金)より全国劇場公開中の映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』のアナザーストーリー、VRショートムービー「宇宙でいちばんやさしい時間」が新たに制作され、9月18日(金)よりauスマートパスプレミアム会員向けに限定配信が決定!劇場公開映画版のスタッフ・キャストが再集結、更には新たなキャストを迎え、KDDIが5G時代を見据えた新たな映画に挑戦します!

 

VRショートムービー「宇宙でいちばんやさしい時間」は、劇場公開映画版に続き、『新聞記者』で第43回日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した藤井道人が初のVRショートムービーの監督を務めた。清原果耶演じる迷える少女・つばめの不思議な出会いと成長を描いた劇場公開映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』。今回発表となったVRショートムービー版では、劇場公開映画版のラストシーンで描かれる、つばめの元彼・笹川マコトが経験する、大切な心優しい一日の出来事が描かれている。

『天気の子』で主人公・森嶋帆高役として声優に初挑戦して以降急成長を遂げ、劇場公開映画版でも、主人公つばめ(清原果耶)の元彼・笹川マコト役で素晴らしい演技力を発揮した醍醐虎汰朗、つばめの父親を演じた吉岡秀隆、つばめが通う書道教室の牛山先生役の山中 崇、そしてその教室の生徒役の富山えり子が、映画本編に続き再結集!マコトの母親役にMEGUMI、星ばあを見守る担当医師役の嶋田久作、そして看護師役に上原実矩らがVRショートムービー版で初キャスティングとして参加!豪華キャストが顔を揃えた。 撮影は、劇場公開映画版と同じく関東近県と山形県鶴岡市にある加茂水族館で実施され、キャスト・監督・スタッフ全員がVR撮影が初!ヘッドセットを付けながらの映像確認、360度の映り込みの中、舞台のようなノーカット撮影に挑むなど、初体験だらけ!の撮影となった。

 

これまで、映画のメイキング映像やオリジナルVR作品は存在するが、劇場公開映画版のアナザーストーリーを同監督が脚本を一からオリジナルで作りあげ、撮影を行うのは今回が初。VRはゲーム性やインタラクティブな機能を使って体験させる作品が主流のなか、KDDIはストーリー性のあるシネマティックな作品へ新たに挑戦すべく、本製作に乗り出した。

 

劇場公開映画版に続くアナザーストーリー、VRショートムービー「宇宙でいちばんやさしい時間」は、auスマートパスプレミアム会員限定で9月18日(金)より配信スタート。劇場公開映画版とあわせて、是非VRの世界をご堪能ください!

 

この度、VRショートムービー「宇宙でいちばんやさしい時間」よりポスタービジュアル、予告編、そしてメイキング映像が解禁となった

 

 

 

ポスタービジュアルでは、本編にも出演している醍醐虎汰朗演じる笹川マコトとVRショートムービー版で初キャスティングとなるMEGUMI演じるマコトの母親が映画本編でも重要な場所であるクラゲの水槽の前に車椅子を挟んで立つビジュアルとなっており、マコトが体験する「忘れることのできない」大切な心優しい一日をあらわしている。

 

また、予告編では医師(嶋田久作)の姿や、「今日出産予定日なんですけどねー、中々落ち着かなくて」と看護師(上原実矩)と話すつばめの父(吉岡秀隆)の姿、マコトとその母親が病室を訪れる様子が、VRショートムービーならではの視点で描かれる。映像の終盤では、笹川親子と共に水族館を訪れる様子も描かれ、「母さん、会えてよかった」、「頑張って生きてくれよな」という言葉は、3人の“宇宙でいちばんやさしい時間”を感じさせる。

さらに同時に解禁されたメイキング映像では、醍醐虎汰朗、MEGUMI、吉岡秀隆、嶋田久作、上原実矩、山中崇、富山えり子らキャストがVRショートムービーならではの撮影を存分に楽しんでいる様子も捉えられている。

 

VRショートムービー「宇宙でいちばんやさしい時間」情報

auスマートパスプレミアム会員限定で9月18日(金)より配信スタート

 

醍醐虎汰朗 MEGUMI

嶋田久作 上原実矩 富山えり子 山中 崇

吉岡秀隆

脚本・監督:藤井道人

音楽:大間々昂 VRディレクター:渡邊徹 映像アドバイザー:上野千蔵

プロデューサー:金 山、前田浩子 ラインプロデューサー:森 太郎 アソシエイト・プロデューサー:筒井史子

製作:KDDI 制作プロダクション:アルケミー・プロダクションズ (C)KDDI

 

■「宇宙でいちばんやさしい時間」公式URL http://kddi-l.jp/g2G

 

■視聴対象ユーザー:auスマートパスプレミアム会員

※au以外の方もご利用頂けます。

※視聴デバイスは【スマホ及びスマホ装着型のVRゴーグル】となります。

VRゴーグルがない場合でも、スマホのみでご覧いただける仕様となっております。

 

■auスマートパスプレミアムとは

「auスマートパスプレミアム」は、月額499円/初回30日無料で、動画、音楽のエンタメコンテンツをはじめ、修理代金サポート、セキュリティアプリ等の使い放題といったサービスを提供中。臨場感たっぷりに楽しめるVRコンテンツや「au 5G Special Event」でのトークとライブのマルチアングル動画など、5G体験コンテンツを最新機種から発売中の機種まで、様々な機種にて体験いただけます。なお、2019年12月18日より、auに限らずスマートフォン・タブレットをお持ちのすべてのお客さまが利用可能。

最新の特典内容など詳細は、こちら https://pass.auone.jp/main を参照ください。

 

劇場公開映画「宇宙でいちばんあかるい屋根」情報

小説すばるで新人賞を受賞するなど、多くの読者を魅了する作家・野中ともその大人気小説「宇宙でいちばんあかるい屋根」待望の映画化。迷える少女の不思議な出会いと成長をフィルムに収めたのは、第43回日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した『新聞記者』の監督・藤井道人。主人公、14歳の少女・大石つばめを演じるのは、2021年春NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」 のヒロインに抜擢され、今最も注目を浴びる若手実力派女優・清原果耶。本作が映画初主演!藤井道人監督とは『デイアンドナイト』に続くタッグとなる。つばめの前に現れた老婆・星ばあ役には、世界で活躍する実力派・桃井かおり。伊藤健太郎、吉岡秀隆、坂井真紀、水野美紀、山中 崇、醍醐虎汰朗など注目のキャストが集結。主題歌は、透明感のある歌声とその詞世界でファンの心を掴む、シンガーソングライターCoccoの書下ろし楽曲「今とあの頃の僕ら」。本作主演の清原果耶が、伸びやかな歌声でヒロインの心の旅を爽やかに歌い上げた。 星ばあが教えてくれたあかるい屋根の秘密。懐かしくて愛おしい、大切な心を探す奇跡と愛の物語。

 

清原果耶

伊藤健太郎 水野美紀 山中 崇 醍醐虎汰朗 坂井真紀 吉岡秀隆

桃井かおり

主題歌:清原果耶「今とあの頃の僕ら」(カラフルレコーズ/ビクター) 作詞・作曲・プロデュース:Cocco

脚本・監督:藤井道人 原作: 野中ともそ「宇宙でいちばんあかるい屋根」(光文社文庫刊)

配給: KADOKAWA © 2020『宇宙でいちばんあかるい屋根』製作委員会 https://uchu-ichi.jp/

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください