アニメ
ゲーム

『ニューヨーク 親切なロシア料理店』邦題&公開決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

<STORY>

憧れの街ニューヨークのマンハッタンに、二人の子供を連れて、無一文で逃げてきたクララ。
再起を目指す老舗ロシア料理店<ウィンター・パレス>で“ほんとうの優しさ”と出会う―
マンハッタンで創業 100 年を超える老舗ロシア料理店〈ウィンター・パレス〉。かつては栄華を誇ったお店も、今や古びて料理もひどい有様。店を立て直すために雇われたマネージャーのマークは刑務所を出たばかりの謎だらけの人物。常連の看護師アリスも、仕事ばかりで他人のためだけに生きる変わり者。

そんなロシア料理店に、二人の子供たちを連れて、事情を抱えて夫から逃げてきたクララが飛び込んでくるが…。

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

2019 年ベルリン国際映画祭 コンペティション部門・オープニング作品に選ばれたロネ・シェルフィグ監督の最新作「The Kindness of Strangers」の日本語タイトルが『ニューヨーク 親切なロシア料理店』と決定し、2020 年 12 月よりシネスイッチ銀座、新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMA を皮切りに全国順次公開が決定となりました。

監督・脚本・製作総指揮を務めたロネ・シェルフィグ監督は、世界で活躍するデンマーク出身の女性監督。
鬼才ラース・フォン・トリアーらによって始められたデンマークの映画運動、ドグマ 95 に参加し、『幸せになるためのイタリア語講座』(2000)を発表。同作でベルリン国際映画祭銀熊賞をはじめ、多くの賞を獲得し、日本でもスマッシュヒット。世界的に脚光を浴びた。その後、キャリー・マリガン主演『17 歳の肖像』(2009)では英国アカデミー賞において 9 部門受賞し、米国アカデミー賞でも 3 部門ノミネート。アン・ハサウェイ主演『ワン・デイ 23年のラブストーリー』(2011)では、日本でも多くの女性から熱烈に支持された。

 

最新作となる本作は、憧れのニューヨーク・マンハッタンに無一文で逃げてきた2人の子供をもつ女性クララが、再起を目指す老舗ロシア
料理店に集う国籍も異なる、様々なバックグラウンドを持つ人々とめぐりあう。本当のやさしさに触れ、自分らしい新たな人生と幸せを見
つけていく姿を描く、感動の物語。『幸せになるためのイタリア語講座』以来となる、シェルフィグ監督が、単独で脚本すべてを担当した待望の作品。

 

キャストには、ゾーイ・カザン(『ルビー・スパークス』)、アンドレア・ライズボロー(『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡』)、タハール・ラヒム(『預言者』)、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ(『スリー・ビルボード』)、ジェイ・バルチェル(『ミリオンダラー・ベイビー』)、ビル・ナイ(『ラブ・アクチュアリー』)と世界的な名監督の作品に引っ張りだこな国際的なキャストが揃う。

世界的に広がる経済格差による貧困、差別、様々なハラスメント、分断された人と人との絆…。寛容さが失われゆく現代を生きる私たちの心に、希望の明かりを灯してくれる作品がいよいよ公開!

 

監督・脚本:ロネ・シェルフィグ『17 歳の肖像』『ワン・デイ 23 年のラブストーリー』
出演:ゾーイ・カザン『ルビー・スパークス』、アンドレア・ライズボロー『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ『スリー・ビルボ
ード』、タハール・ラヒム『預言者』、ジェイ・バルチェル『ミリオンダラー・ベイビー』、ビル・ナイ『ラブ・アクチュアリー』 ほか
原題:The Kindness of Strangers/2019 年/115 分/英語/デンマーク、カナダ、スウェーデン、フランス、ドイツ、イギリス、アメリカ/日本語字幕:石田泰子
配給:セテラ・インターナショナル © 2019 CREATIVE ALLIANCE LIVS/RTR 2016 ONTARIO INC. All rights reserved

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください