映画
アニメ
ゲーム

映画『WAVES/ウェイブス』 「人生を祝福している壮大なストーリー」 過去10年間で一番若者に寄り添った映画! 今だからこそ、あなたの人生に刻まれる1本に。 <監督&キャスト インタビュー映像解禁>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


<あらすじ>
傷ついた今日も、癒えない痛みも、愛の波が洗い流すー 高校生タイラーは、成績優秀なレスリング部のエリート選手、美しい恋人アレクシスもいる。
厳格な父親ロナルドとの間に距離を感じながらも、恵まれた家庭に育ち、何不自由のない生活を送っていた。そんなある日、不運にも肩の負傷が発覚し、医師から選手生命の危機を告げられる。そして追い打ちをかけるかのように、恋人の妊娠が判明。徐々に狂い始めた人生の歯車に翻弄され、自分を見失っていく。そしてある夜、タイラーと家族の運命を変える決定的な悲劇が起こる。 一年後、心を閉ざして過ごす妹エミリーの前に、すべての事情を知りつつ好意を寄せるルークが現れる。ルークの不器用な優しさに触れ、次第に心を開くエミリー。

やがて二人は恋に落ちるが、ルークも同じように心に大きな傷を抱えていた。そして二人はお互いの未来のためにある行動に出る・・・

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

今やアメリカ映画界の最前線に立つ存在になったA24が放つ最新作はトロント国際映画祭で史上最長のスタンディングオベーションを巻き起こし、「一生に一度の傑作」「今年、最もまばゆい体験」と世界中が大熱狂。

 

主役とも呼べるのは、今の音楽シーンをリードする豪華アーティスト達が手掛ける31の名曲。トレイ・エドワード・シュルツ監督が事前に本編に使用する楽曲のプレイリストを作成し、そこから脚本を着想し製作されました。監督自身が“ある意味でミュージカルのような作品”と語るように、全ての曲が登場人物の個性や感情に寄り添うように使用され、時には音楽がセリフの代わりに登場人物の心の声を伝えます。ミュージカルを超えた<プレイリスト・ムービー>の誕生です!

 

 

この度、監督・キャストのインタビュー映像を編集した特別映像が到着。解禁された映像では、『WAVES/ウェイブス』というタイトルの持つ意味について言及される場面も。波の様に絶え間なく人生に押し寄せる喜びと悲しみを描いた本作に関して、トレイ・エドワード・シュルツ監督は「人生の喜びと悲しみを全てこの作品で追及したかった」と語ります。相反する2つの要素が詰め込まれた作品であることに関し、父親役のスターリング・K・ブラウンは「光と影が共存している」と表現。また、兄タイラーの恋人役を演じたアレクサ・デミーが「2つの物語が描かれているの」と説明する通り、『WAVES/ウェイブス』の前半は兄タイラーが人生の絶頂期から些細なきっかけで転落していく様子を描き、 後半は妹エミリーが絶望の淵から愛により再生し、小さな希望を掴み取る様子を優しく見守ります。全編にわたり豪華アーティストによる31曲が登場人物たちの気持ちを表現する<プレイリスト・ムービー>である本作、監督は「映像と音楽を通して、登場人物の心情を身近に感じてほしい」と言います。タイラーが怒りに身を任せ家を飛び出すシーンでは、カニエ・ウエストの「I Am a God」で彼が感じている全能感を表現し、パーティに行ったものの恋人が他の男子と楽しそうに話す姿を目撃してしまうシーンではキッド・カディの「Ghost!」が彼の孤独や悲壮感を表します。このような演出方法もあり、妹・エミリーの恋人役を演じたルーカス・ヘッジズが「これほど若者に寄り添った映画は過去10年で無かった」と太鼓判を押す結果に。「人生を祝福している壮大なストーリー」とまで語り、作品にすっかり惚れ込んでいる様子が伺えます。妹・エミリー役を演じたテイラー・ラッセルは「生きる苦しみをありのままに伝えつつ、人生の美しさも描いている」と作品の魅力を力説。キャストと監督の想いが重なった人生賛歌、今この時だからこそ是非スクリーンで堪能頂きたい1本です。

 

 

<楽曲一覧 豪華31曲>

「FLORIDADA」「LOCH RAVEN (LIVE)」「BLUISH」アニマル・コレクティヴ

「BE ABOVE IT」 「BE ABOVE IT -EROL ALKAN REWORK」「BE ABOVE IT – LIVE」テーム・インパラ

「MITSUBISHI SONY」「SIDEWAYS」 「FLORIDA」「RUSHES」

「RUSHES (BASS GUITAR LAYER)」「SEIGFRIED」 フランク・オーシャン

「WHAT A DIFFERENCE A DAY MAKES」ダイナ・ワシントン/「La Linda Luna」 ケルヴィン・ハリソン・Jr

「LVL」 エイサップ・ロッキー/「AMERICA」 ザ・シューズ/「BACKSEAT FREESTYLE」 ケンドリック・ラマー

「IFHY」 タイラー・ザ・クリエイター feat. ファレル・ウィリアムス/「FOCUS」 H.E.R.

「LOVE IS A LOSING GAME」 エイミー・ワインハウス/「SURF SOLAR」 ファック・ボタンズ

「U RITE」「U-RITE (LOUIS FUTON REMIX)」 THEY./「I AM A GOD」カニエ・ウェスト

「GHOST!」 キッド・カディ/「MOONLIGHT SERENADE」 グレン・ミラー・オーケストラ

「THE STARS IN HIS HEAD(DARK LIGHTS REMIX)」 コリン・ステットソン/「HOW GREAT」 チャンス・ザ・ラッパー

「PRETTY LITTLE BIRDS」 SZA feat. アイザイア・ラシャド

「TRUE LOVE WAITS」 レディオヘッド/「SOUND & COLOR」 アラバマ・シェイクス

 

<現時点(2020.7.9)までの主な受賞・ノミネート>

★第29回ゴッサム賞 作品賞/観客賞ノミネート/ブレイクスルー俳優賞(テイラー・ラッセル)受賞!

★第19回ニューヨーク映画批評家オンライン賞 ブレイクスルー・パフォーマー賞(ケルヴィン・ハリソン・Jr)受賞!

★第73回英国アカデミー賞 ライジング・スター賞(ケルヴィン・ハリソン・Jr)ノミネート

★第35回インディペンデント・スピリット賞 助演女優賞(テイラー・ラッセル)ノミネート

★2019年度ハリウッド批評家協会賞

 

次世代を担う俳優賞(ケルヴィン・ハリソン・Jr)受賞!

作品賞/インディペンデント映画賞/助演男優賞(スターリング・K・ブラウン)/助演女優賞(テイラー・ラッセル)

ブレイクスルーパフォーマンス賞(ケルヴィン・ハリソン・Jr、テイラー・ラッセル)/キャスト賞/撮影賞(ドリュー・ダニエル)

音楽賞(トレント・レズナー&アッティカス・ロス)ノミネート

★2019年度シアトル映画批評家協会賞 助演女優賞(テイラー・ラッセル)ノミネート

★第18回ワシントンDC映画批評家協会賞 撮影賞(ドリュー・ダニエル)ノミネート

★第32回シカゴ映画批評家協会賞 有望俳優賞(テイラー・ラッセル)ノミネート

★第16回セントルイス映画批評家協会賞 作品賞/サウンドトラック賞 ノミネート

★第11回インディアナ映画ジャーナリスト協会賞 助演女優賞(テイラー・ラッセル)ノミネート

★第24回サンディエゴ映画批評家協会賞 ブレイクスルー・アーティスト賞 (ケルヴィン・ハリソン・Jr)ノミネート

★ハリウッド・レポーター誌が選ぶ 2019年のトップ10映画選出

★ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 2019年のトップ10映画選出

★ヴァラエティ誌が選ぶ 2019年のトップ10映画選出

 

監督・脚本:トレイ・エドワード・シュルツ(『イット・カムズ・アット・ナイト』)

出演:ケルヴィン・ハリソン・Jr、テイラー・ラッセル、スターリング・K・ブラウン、レネー・エリス・ゴールズベリー、ルーカス・ヘッジズ、アレクサ・デミー

作曲:トレント・レズナー&アッティカス・ロス (『ソーシャル・ネットワーク』、『ゴーン・ガール』)

原題:WAVES /2019年/アメリカ/英語/ビスタサイズ/135分/PG12

https://www.phantom-film.com/waves-movie/

©2019 A24 Distribution, LLC. All rights reserved.

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください