映画
アニメ
ゲーム

『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』満席続々の大ヒット公開記念!母親がギャツビーにある真実を告白する新場面写真3点解禁&グッズ受注販売もスタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

<STORY>

大学生のカップル、ギャツビー(ティモシー・シャラメ)とアシュレー(エル・ファニング)は、ニューヨークでロマンチックな週末を過ごそうとしていた。きっかけは、アシュレーが学校の課題で、有名な映画監督ローランド・ポラード(リーヴ・シュレイバー)にマンハッタンでインタビューをする機会に恵まれたこと。生粋のニューヨーカーのギャツビーは、アリゾナ生まれのアシュレーに街を案内したくてたまらない。ギャツビーは自分好みのクラシックなスポットを巡るためのプランを詰め込むが、2人の計画は晴れた日の夕立のように瞬く間に狂い始め、思いもしなかった出来事がつぎつぎと起こるのだった……。

現代を代表するアイコニックな俳優たちが集結し、ニューヨークの街で運命のいたずらに翻弄される男女のキュートなロマンチック・コメディ!

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

この度、『ミッドナイト・イン・パリ』『マジック・イン・ムーンライト』などで知られるウディ・アレン監督の最新作『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』が、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほかにて絶賛公開中。ティモシー・シャラメ、エル・ファニング、セレーナ・ゴメス、現代を代表するアイコニックな人気俳優たちが集結し、ニューヨークの街運命のいたずらに翻弄される男女のキュートなロマンチック・コメディ『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』。ウディ・アレン監督がこよなく愛する古きよきアメリカの風情が残るニューヨークへのラブレターの集大成とも言える本作。ジュード・ロウ、ディエゴ・ルナ、リーヴ・シュレイバーら豪華実力派俳優も脇を固めている。それぞれのニューヨークの表情を優雅な映像美で綴るのは、“光の魔術師”の異名をもつ巨匠撮影監督ヴィットリオ・ストラーロが務め、キャラクターの魅力を引き立てている。

 

満席続きの大ヒット公開記念!! ギャツビーと母親の新場面写真が到着&日本オリジナルオフィシャルグッズ受注販売もスタート

 

名匠ウディ・アレンの監督作品50本目となる『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』が7月3日(金)に封切られ、都内では満席が続出する好スタートとなった。新宿ピカデリー、YEBISU GARDEN CINEMAではともに4日午後帯の上映回が満席となり、ヒューマントラストシネマ有楽町では4日初回から4回目までが全て満席となる盛況ぶりで、他にも静岡シネ・ギャラリー、シネ・リーブル神戸なども完売の回が出るほど。SNS でも盛り上がりをみせ、「ティモシー・シャラメが好きな人は絶対に観た方がいい。可愛くて綺麗で危うい。」「オシャレなだけじゃない。哀愁を帯びたNY。シャラメは雨に濡れても、いい男」「エル・ファニングが期待の遥か上をいく可愛さできた。」「生意気な都会っ子やらせたら天下一品のセレーナ・ゴメスの魅力に尽きる。セレーナは声も良い」など、ティモシー・シャラメらをはじめとする豪華キャストから、「ウディ・アレンのニューヨークもので久し振りの大当たり作品。」「ウディ・アレン節炸裂の総決算原点回帰のよう」とウディ・アレンだからこそ描ける、NYへの愛に共感の声が続出している!

 

 

このたび、大ヒットを記念し、ギャツビー(ティモシー・シャラメ)と母親(チェリー・ジョーンズ)の新場面写真が到着。文化人気取りの母から、過大な期待を背負って育ったギャツビー。メトロポリタン美術館で偶然、親戚と遭遇し、両親が主催する盛大な社交パーティーの参加を余儀無くされる。するとそこで、母親からクラシックで豪華なインテリアに囲まれた別室に呼び出され…。解禁の場面写真では、ファビュラスな装いで気品ある雰囲気の母親が、ギャツビーにある仰天の告白をするシーンを捉えている。ギャツビーは真剣な表情で話を聞き、“ある真実”を知ったことで驚きの表情をみせている様子が伺える。このシーンでは、母親の打ち明ける話に思わず固唾を呑んでしまうはず!ぜひ、スクリーンで確かめてみてください! さらにロングライド通販ショップ「LONGRIDE STORE」(https://longride-movie.stores.jp/

 

で『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』オリジナルTシャツとトートバッグの予約販売もスタート。

ぜひ、こちらもチェックしてください!

 

 

タイトル:『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』

監督・脚本:ウディ・アレン(『ミッドナイト・イン・パリ』 『ブルージャスミン』『マジック・イン・ムーンライト』)

出演:ティモシー・シャラメ(『君の名前で僕を呼んで』)、エル・ファニング(『マレフィセント』)、セレーナ・ゴメス(『デッド・ドント・ダイ』)、

ジュード・ロウ(『シャーロック・ホームズ』)、ディエゴ・ルナ(『ビール・ストリートの恋人たち』)、リーヴ・シュレイバー(『スポットライト 世紀のスクープ』)

2019年/アメリカ/英語/92分/ユニビジウム/カラー/5.1ch/ PG12/

原題:A Rainy Day in New York /日本語字幕:古田由紀子

提供:バップ、シネマライズ、ロングライド

配給:ロングライド

公式サイト: https://longride.jp/rdiny /

#レイニーデイインニューヨーク

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください