映画
アニメ
ゲーム

『続・荒野の用心棒』≪デジタル・リマスター版≫『殺しが静かにやって来る』≪2K特別版≫ BD・DVD化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【以下プレスリリース文掲載】

 

この度、セルジオ・コルブッチ監督の代表作『続・荒野の用心棒』『殺しが静かにやって来る』の2作品がニューマスター使用、新規映像特典を搭載してブルーレイ&DVDで9月16日に発売となることが決定いたしました。

 

 

セルジオ・コルブッチはクリント・イーストウッドのドル箱3部作(『荒野の用心棒』『夕陽のガンマン』『続・夕陽のガンマン』)で知られるセルジオ・レオーネ監督と並ぶ、イタリアを代表する監督。ハリウッド映画的なイタリア映画を撮り、最後は『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』という超大作をハリウッドで作り上げたレオーネと異なり、コルブッチはイタリア映画らしいイタリア映画を圧倒的な暴力描写で撮り続けた。レオーネ、コルブッチを敬愛するクエンティン・タランティーノ監督の『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』では<世界で2番目に偉大なマカロニ監督>として紹介されている。そんなコルブッチの名を一躍世に知らしめたのがフランコ・ネロ主演の『続・荒野の用心棒』。レオーネ/イーストウッドの『荒野の用心棒』とは一切関係ないにもかかわらず日本の配給会社の都合で<続>という邦題が付けられたが、原題であり主人公の名前であるDJANGO(ジャンゴ)は大人気となり、以後のコルブッチ作品やフランコ・ネロ出演作に限らず多くのマカロニ・ウェスタン作品が関係ないにもかかわらず<ジャンゴ>という言葉が使われ、特にドイツではほとんどの作品が<ジャンゴ映画>となった。太陽のギラつく灼熱の砂漠で展開される一般的なイメージの西部劇とは異なり、空は常に灰色の雲に覆われ、地面は泥濘、底なし沼まで登場、いくらでも撃ち続けられるガトリングガン風の奇妙なマシンガン、何故か7発撃てるリボルバー、そして主人公ジャンゴが棺桶をひきずる姿などなど、あらゆる面で荒唐無稽なまでに<死>に覆われたトーンは1966年当時、酷評と絶賛入り乱れる衝撃をもって迎えられた。

 

そしてそんな『続・荒野の用心棒』を上回る圧倒的な暴力描写と展開で人々をドン底に叩き込んだのが『殺しが静かにやって来る』。口のきけない主人公、アメリカ・ユタ州の設定における白銀の舞台、黒人のヒロイン、官能のベッドシーン、モーゼル自動拳銃、そしてもはや本作の代名詞にもなっている非情のラストなど、すべてが観る者の意表を突く内容でもはや何も言えなくなる。特に悪役を演じたクラウス・キンスキーの極悪非道ぶりは凄まじく、当時最も勢いのあるスターであった主演のジャン=ルイ・トランティニャンの存在も霞んでしまうほどであった。昨日残念ながら訃報が伝えられた映画音楽の巨匠エンニオ・モリコーネによる格調高くも緊張感あふれるスコアは一度聴くと耳から離れることはないだろう。

 

この度ブルーレイ、DVDが発売となるこれら2作品はともに最新のニューマスター、新規映像特典を収録したものとなる。『続・荒野の用心棒』はイタリアの<チネテカ・ボローニャ>にて2018年にオリジナル・ネガから4Kにてスキャン、レストアされた最新マスター。過去に様々なバージョンが出回っているが、画面サイズ=ヨーロピアンビスタ、言語およびクレジットはイタリア語、主題歌は英語の完全なオリジナル仕様で、本年1月から劇場でリバイバル公開されたものと同じマスターだ。2枚組の<特別版BD>には160分以上の映像特典のほか、過去の若干異なるバージョンの本編や新たな音声解説も収録する。『殺しが静かにやって来る』も2018年に2Kスキャン/レストアで新たに制作された最新のデジタルマスターを使用。ブルーレイ、DVDともに60分以上の映像特典、新規の音声解説を収録する。

 

 

続・荒野の用心棒≪デジタル・リマスター版≫/特別版BD

 

 

2020年9月16日(水)発売

BD2枚組|KIXF-819~820|¥7,800+税

本編約92分+映像特典160分以上+本編数種

1080p Hi-Def(ヨーロピアンビスタ)|BD50G×2

イタリア語(リニアPCM/2.0ch、DTS/5.1ch)、

英語(DTS/2.0ch)、日本語(DTS/2.0ch)、

音声解説英語(DTS/2.0ch)

日本語字幕

映像・音声特典:

★Django Never Dies

★Cannibal of the Wild West

★Sergio, My Husband

★That’s My Life: Part 1

★A Rock ‘n’ Roll Scriptwriter

★A Punch in the Face

★Discovering Django

★An Introduction to Django by Alex Cox

★イタリア版予告編

★英語版予告編

★2020年リバイバル日本版予告編

★インタビュー集「ジャンゴ:ザ・ワン・アンド・オンリー」

★第1章と第2章に分かれた本編

★英語クレジット/エンドクレジットTHE ENDの本編

★音声解説

 

続・荒野の用心棒≪デジタル・リマスター版≫

 

 

2020年9月16日(水)発売

BD|KIXF-821|¥4,800|本編約92分

1080p Hi-Def(ヨーロピアンビスタ)|BD50G

イタリア語(DTS/2.0ch)|日本語字幕

DVD|KIBF-1825|¥3,800+税|本編約92分

16:9LB(ヨーロピアンビスタ)|片面2層

イタリア語(DD/2.0ch)|日本語字幕

発売・販売:キングレコード

続・荒野の用心棒≪デジタル・リマスター版≫

1966年|イタリア=スペイン合作|1966年、2020年全国劇場公開作品|原題:DJANGO

© 1966 – B.R.C. Produzione Film (Roma-Italia) Surf Film All Rights Reserved.

●監督:セルジオ・コルブッチ

●製作:マノロ・ボロニーニ、セルジオ・コルブッチ

●脚本:フランコ・ロゼッティ、ホセ・グティエレス・マエッソ、ピエロ・ヴィヴァレッリ

●物語・台詞:ブルーノ・コルブッチ、セルジオ・コルブッチ

●撮影:エンツォ・バルボーニ

●音楽:ルイス・エンリケス・バカロフ

●主題歌:ロッキー・ロバーツ

●出演:フランコ・ネロ、ロレダナ・ヌシアク、エドゥアルド・ファヤルド、ホセ・ボダロ、ジミー・ダグラス、アンヘル・アルヴァレス

 

【あらすじ】

メキシコとの国境沿いにある寂れた村に、棺桶を引き摺る一人の男がやってきた。謎に満ちた男の名はジャンゴ。メキシコ革命軍と元南軍兵士の抗争に巻き込まれなぶり者にされていた女マリアを助けることにより報復の矛先となるジャンゴ。秘められた過去を背負う男の棺が開くとき、死闘の火蓋が切って落とされる!

 

 

 

 

殺しが静かにやって来る≪2K特別版≫

 

 

2020年9月16日(水)発売

BD|KIXF-822|¥5,800

本編約105分+映像特典約66分

1080p Hi-Def(ビスタ)|BD50G

イタリア語(リニアPCM/2.0ch、DTS/5.1ch)

英語(DTS/2.0ch)、日本語(DTS/2.0ch)、

音声解説ドイツ語(DTS/2.0ch)|日本語字幕

DVD|KIBF-1826|¥3,800+税

本編約105分+映像特典約66分

16:9LB(ビスタ)|片面2層

イタリア語(DD/2.0ch、DD/5.1ch)

英語(DD/2.0ch)、日本語(DD/2.0ch)、

音声解説ドイツ語(DD/2.0ch)|日本語字幕

映像・音声特典:

■*撮影の舞台裏

■*別エンディング2種

■インタビュー集(*クラウス・キンスキー/*アレックス・コックス/ノリ・コルブッチ夫人)

■*ジャン=ピエール・ディオネットによるプレゼンテーション

■OP&EDクレジット(英語版/*フランス版)

■海外予告編集(*イタリア語版/英語版/ドイツ語版)

■*ギャラリー(アートワーク集/スチール集)

■*テレビ放送時と同じ編集で吹替本編を鑑賞できる「日本語吹替完全版」機能搭載 ※Blu-rayのみ

■1972年4月16日放送『日曜洋画劇場』(テレビ朝日)日本語吹替版 (キンスキー=大塚周夫、富田耕生、森山周一郎、森ひろ子)

■*マイク・シーゲル(映画史研究家・映画監督)によるオーディオ・コメンタリー

殺しが静かにやって来る

1968年|イタリア=フランス合作|1969年、1995年全国劇場公開作品|原題:IL GRANDE SILENZIO

©Adelphia/Les Films Corona/Beta Film 1968

●監督・脚本:セルジオ・コルブッチ

●脚本:ヴィットリアーノ・ペトリリ、マリオ・アメンドーラ、ブルーノ・コルブッチ

●撮影:シルヴァーノ・イッポリティ

●音楽:エンニオ・モリコーネ

●出演:ジャン=ルイ・トランティニャン、クラウス・キンスキー、ヴォネッタ・マギー、フランク・ウォルフ、ルイジ・ピスティッリ

 

【あらすじ】

1898年雪深いユタ州スノーヒルの町。ロコ(クラウス・キンスキー)率いる賞金稼ぎの無法者集団がいた。彼らは賞金首はおろか無垢の人間をも手にかける冷酷非情さで人々から恐れられていた。無抵抗の夫をロコに殺された未亡人ポーリーン(ヴォネッタ・マギー)はある男に復讐を依頼する。雪原の彼方からやって来たその男の名は“サイレンス”(ジャン=ルイ・トランティニャン)。賞金稼ぎのみを獲物とし、彼が通り過ぎた後には“死の沈黙”が訪れることからその名が付けられた凄腕の殺し屋だった。一方、スノーヒルの町はロコとその一団、そして彼らを利用して町を牛耳る悪徳判事ポリカット(ルイジ・ピスティッリ)に支配されていた。

ポーリーンの家に招き入れられたサイレンスはロコを挑発し、決闘の機会を伺うが、狡猾なロコはなかなか応じない。そんな中、サイレンスの凄惨な過去が次第に明らかになっていく。彼は幼い頃に無法者一味に両親を殺され、自らも声帯を切り裂かれ声を奪われた。そして彼をそんな目に会わせた一味のひとりが他ならぬポリカットだったのだ。

ついにポリカットへの復讐を果たすも深手を負ったサイレンスにロコとの対決の時が迫る─。

 

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください