映画
ゲーム

Netflixアニメ映画『泣きたい私は猫をかぶる』志田未来、花江夏樹ら豪華キャスト参加のオーディオコメンタリー解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【ストーリー】

私はあなたの力になりたい。好きって言われたい―

笹木美代(ささき・みよ)は、いつも明るく陽気な中学二年生の女の子。空気を読まない言動で周囲を驚かせ、クラスメイトからは「ムゲ(無限大謎人間)」というあだ名で呼ばれている。しかし本当は周りに気を使い、「無限大謎人間」とは裏腹に自分の感情を抑えて日々を過ごしていた。

そんなムゲは、熱烈な想いを寄せるクラスメイトの日之出賢人(ひので・けんと)へ毎日果敢にアタックを続けるが全く相手にされない。めげずにアピールし続ける彼女には誰にも言えないとっておきの秘密があった…。

それは、猫の姿になって大好きな日之出に会いにいくこと。

実はムゲは、ある夏祭りの夜お面屋にいた猫の店主から、「かぶると猫へと姿を変えることができる」という不思議なお面をもらって以

来、猫・太郎として日之出の家に通っていたのだ。

普段はクールに振舞う日之出だが、太郎にだけは素直な気持ちを打ち明けることができ、いつしか太郎は日之出の支えになっていた。≪人間≫のときには距離を取られてしまうが、≪猫≫のときには近づけるふたりの関係。ムゲもまた、猫でいれば周囲との関係に悩むことない自由さを知り、次第に心地よさを覚えていく。猫として長く過ごすほど、いつしか猫と自分の境界があいまいになるムゲ。ある日、再び現れた猫店主から、猫の“お面”とムゲの“顔”を交換し、≪人間≫を捨て≪猫≫として生きるよう迫られる…

このままずっと、あなたのそばにいたい。でも、≪私≫に戻ることができなくなる――

自分が誰に支えられているのか。大切なものに気がつくとき、二人の世界が変わり始める。

【以下プレスリリース文掲載】

『ペンギン・ハイウェイ』(2018)で第42回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞、ファンタジア国際映画祭 今敏賞(ベストアニメーション賞)を受賞し世界中に驚きを与え賞賛の声を浴びた新進気鋭のアニメーションスタジオ「スタジオコロリド」が贈る長編アニメーション映画第2弾『泣きたい私は猫をかぶる』が、Netflixにて全世界独占配信中!

監督は、日本アニメ界の重鎮・佐藤順一と、本作で長編監督デビューを飾る柴山智隆。脚本は、確かな描写力で定評のある脚本家・岡田麿里。声の出演は志田未来と花江夏樹が、多感で繊細なムゲと日之出をダブル主演で務める。またムゲを「猫」世界へと導く謎のお面屋・猫店主に山寺宏一、ムゲと日之出の担任教師におぎやはぎの小木博明ら豪華キャスト陣が集結。さらに、主題歌と挿入歌とエンドソングを大人気バンド ヨルシカが担当し話題に。新時代を切り拓く2020年にふさわしい渾身の長編アニメーション映画が、ここに誕生!

本作は、猫に変身できる不思議なお面を手に入れた中学2年生のヒロイン・ムゲこと笹木美代と、彼女が想いを寄せるクラスメイトの日之出賢人を中心に、“猫”の世界を通して繰り広げられる青春ファンタジー。配信開始から早くも毎日更新されるNetflix日本国内のデイリーTOP10にて上位を記録するなど、大反響を巻き起こしている。

本作大好評につき、志田未来、花江夏樹、寿美菜子、小野賢章ら豪華キャストが集結!

本編を解説するオーディオコメンタリーがYouTubeで期間限定配信!

SNSでは「何気ないセリフがグサグサ心に刺さって感動した」「ムゲの気持ちに共感してしまった」「2020年ベスト」など、絶賛の声が相次いでいる本作。メガホンを取った佐藤監督と柴山監督は、下記のようにファンへ感謝と喜びを語っている。

 

◆佐藤順一監督

無事にNetflixでの配信が始まり、日本だけでなく世界の皆さんに観ていただくことができて、今は皆さんの反応一つ一つにハラハラドキドキの毎日です。

中学生の微妙な感情の揺らぎが軸の物語ということで、怒りも喜びも、好きや嫌いという思いも全てが未熟でもやもやしていて、でもだからこそ、そこがたまらなく愛しくもあってなかなかドラマとして演出しやすい方向、感情が弾ける方向に行ってくれず、苦労したことが思い出されます。しかし、そんなムゲや日之出たちの曖昧な感情に共感してくれる人が本当に多くて、この映画を作ってよかったと勇気づけられました。

猫のお面を捨てて現実のお面をつけてこれからもムゲたちは生きていきますが、それは僕たちみんな同じで普通の事、弱さを認める事は強さへの第一歩。人と人の距離感が難しい時代ですが、この映画が少しでも多くの人のささやかでも力になれる事を願っています。

 

◆柴山智隆監督

ご視聴いただきありがとうございます。「無限大謎人間」というあだ名をつけられるようなムゲですが、謎な行動には理由があったりします。一度観ていただいた方は、ムゲや日之出たちの本音や表に出てない一面を知ってるので、二度目からは見え方がまた少し変わって面白いと思います。

後半、猫島に行ってからは夜のシーンが多いのですが、明るい視聴環境だと背景美術の細かな描き込みが少し見えにくくなります。

部屋の明かりを消して暗い空間で観ていただけますと、没入感も増して一層楽しんでいただけると思います。

そんな本作の大反響を受け、ムゲ役の志田未来、日之出役の花江夏樹、ムゲの親友・深瀬頼子役の寿美菜子、日之出の親友・伊佐美正道役の小野賢章という豪華キャストによるオーディオコメンタリーが、7月31日(金)までの期間限定で公開となった!

本映像では、映画本編の冒頭から終了まで、キャスト陣が二人ずつ交代で登場しそれぞれのシーンを解説。あらためて本編を鑑賞するキャスト陣のリアクションをそのままお届けするとともに、登場キャラクターのトリビアや初めて語ったお互いの演技の印象など、ここだけのスペシャルな内容が盛りだくさん!また、映像の途中では、正解者の中から志田、花江のサイン入り台本や映画オリジナルグッズが当たるプレゼントクイズも実施。これから映画を観る方はもちろん、リピーターも楽しめること間違いなしのオーディオコメンタリーは、ぜひNetflixで映画本編を再生しながら、豪華キャスト陣のにぎやかな“語り”と共に堪能してほしい!

また、あわせて映画本編のその後を描いた公式の新イラストも解禁!ムゲ、日之出、頼子、正道の4人が夏祭りに訪れた様子が描かれており、浴衣姿で日之出の手を取り笑顔を見せるムゲや、照れながらもまんざらでもなさそうな日之出の姿に、本編を観た後では思わずニヤリとしてしまう一枚となっている。

イラストについて、柴山監督は下記のように込められた思いを明かしている。

 

◆柴山智隆監督

イラストは、猫島から戻った後、雨で延期になったお祭りに4人が遊びに来たシーンです。ちょっと早く着いた頼子と伊佐美は少し出店を回ってから、ムゲと日之出を待っています。ムゲと日之出の仲は進んでるはずなのにやっぱり照れてる日之出が微笑ましいです。

『泣き猫』を一度ご覧になった方も、これからご覧になる方も、お祭りは始まったばかりなのでまだまだ何度でも遊びに来てください、というスタッフ・関係者一同からの感謝の気持ちを込めてます。

Netflixアニメ映画『泣きたい私は猫をかぶる』は全世界独占配信!

 

■『泣きたい私は猫をかぶる』オーディオコメンタリー 公式YouTube:https://youtu.be/t9wabbTXo68

①Netflixで『泣きたい私は猫をかぶる』を開く(https://www.netflix.com/title/81281872

②本YouTubeのコメンタリーの掛け声「3・2・1」に合わせて本編を同時再生!

③みんなで一緒に泣き猫を楽しみましょう♪

※収録はリモートで行いました。

※限定公開中/解禁後に全体公開となります。

※本映像はYouTubeのURLのみのご用意となります。こちらを記事内でご紹介いただけますと幸いです。

■プレゼントクイズ

再生中のYouTube画面に、クイズが3問出題されます。

「#泣き猫オーコメクイズ」をつけてツイッターで回答してみてね!

本編に答えが隠されているので、よく観て探してくださいね。

=================

正解者の中から11名に豪華賞品をプレゼント!

・キャスト(志田未来&花江夏樹)サイン入り台本 :1名

・泣き猫特製エコバッグ :10名

=================

応募〆切:7月31日まで

 

【クレジット】

Netflixアニメ映画「泣きたい私は猫をかぶる」

●出演:志田未来 花江夏樹

小木博明 山寺宏一

●監督:佐藤順一・柴山智隆 脚本:岡田麿里

●主題歌:「花に亡霊」ヨルシカ(ユニバーサルJ)

●企画:ツインエンジン

●制作:スタジオコロリド

●製作:「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会

●コピーライト:© 2020 「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会

※©と2020と「 の間には半角スペースが必要です

●公式サイト:nakineko-movie.com

●SNS

Twitter:@nakineko_movie

Instagram:@nakineko_movie

#泣きたい私は猫をかぶる #泣き猫

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください