映画
ゲーム

最近話題のASMR音声作品「ねこぐらし」に人気声優が続々登場 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【以下プレスリリース文掲載】

 

最近、ASMR音声作品が話題を呼んでいる。ASMRとは、Autonomous Sensory Meridian Responseの略で人が聴覚や視覚への刺激によって感じる、心地良い、脳がゾワっとするといった反応・感覚のことをいう。

臨場感のある音を届ける為にバイノーラルマイクで録音し、リラックス効果、安眠効果、ストレス解消にもつながることが人気の理由となっている。またYouTubeでは「動画と臨場感ある音」の組み合わせで若い子を中心に大人気コンテンツとなっており、特に咀嚼音、耳かきの音、タッピング音、料理をする音などがASMRでは人気が高い。

こういったジャンルに慣れた若い子たちは「動画と臨場感のある音」の他に「音声のみ」でも楽しめる人たちが増え、「ASMRと朗読劇」が組み合わさったような音声作品の人気が急上昇している。また音声作品として販売している同人サークルが増えてきたことが、今までのASMRの聴き方と違う方向に進んでいる。

中でも2020年6月、「ねこぐらし」というASMR音声作品が販売され、人気声優が次々と参加していることからtwitterやまとめサイトで話題になっている。

7週連続配信することを宣言している「ねこぐらし」は6月15日よりDLsiteにて販売をスタート。わずか2作品で異例の10,000DLを突破するし、総合チャート1位、2位を独占し、物凄い勢いで指示を拡大している。

この「ねこぐらし」が指示されている最大の理由は、リスナー(購入者)が主役になっていること。ストーリーがしっかり練られており、人気声優二人によるASMR要素もふんだんに盛り込まれていることはもちろん、耳元で人気声優と、まるで会話をしているような臨場感を得られることが「ねこぐらし」の人気を支えている。

「ねこぐらし」という作品のストーリーは、死後、天国にも行けたが前世に未練がある生物の魂が集まる、あの世とこの世の狭間の世界。旅館・猫鳴館が舞台となっている。多くの猫娘が巫女になるために、恋愛ゲームを行う物語となっている。上坂すみれはミケ猫役、竹達彩奈はシロ猫役で作品を盛り上げている。また、ぶーたが手掛けるイラストも作品に親近感を持たせている。残り5作品も来週から順次配信となっているので、ストーリーの続きを楽しんでもらいつつ、毎週月曜日にどんな声優が参加するのか、どんなイラストが飛び出てくるのかを楽しみにしてもらいたい。

 

 

ASMR音声作品 : 「ねこぐらし」(毎週月曜日配信)

製作 : CANDY VOICE

イラスト : ぶーた

価格 : 1,980円(税込)

第一弾 : 上坂すみれ

第二弾 : 竹達彩奈 DLsite : https://www.dlsite.com/home/work/=/product_id/RJ291224.html

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください