映画
アニメ

ティモシー・シャラメがまさかのこじらせ男子!?『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』ギャツビーの名言(迷?)集&<本編映像解禁:第二弾!>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

<STORY>

大学生のカップル、ギャツビー(ティモシー・シャラメ)とアシュレー(エル・ファニング)は、ニューヨークでロマンチックな週末を過ごそうとしていた。きっかけは、アシュレーが学校の課題で、有名な映画監督ローランド・ポラード(リーヴ・シュレイバー)にマンハッタンでインタビューをする機会に恵まれたこと。生粋のニューヨーカーのギャツビーは、アリゾナ生まれのアシュレーに街を案内したくてたまらない。ギャツビーは自分好みのクラシックなスポットを巡るためのプランを詰め込むが、2人の計画は晴れた日の夕立のように瞬く間に狂い始め、思いもしなかった出来事がつぎつぎと起こるのだった……。

現代を代表するアイコニックな俳優たちが集結し、ニューヨークの街で運命のいたずらに翻弄される男女のキュートなロマンチック・コメディ!

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

この度、『ミッドナイト・イン・パリ』『マジック・イン・ムーンライト』などで知られるウディ・アレン監督の最新作『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』が、7月3日(金)新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほかにて全国公開いたします。ティモシー・シャラメ、エル・ファニング、セレーナ・ゴメス、現代を代表するアイコニックな人気俳優たちが集結し、ニューヨークの街運命のいたずらに翻弄される男女のキュートなロマンチック・コメディ『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』。ウディ・アレン監督がこよなく愛する古きよきアメリカの風情が残るニューヨークへのラブレターの集大成とも言える本作。ジュード・ロウ、ディエゴ・ルナ、リーヴ・シュレイバーら豪華実力派俳優も脇を固めている。それぞれのニューヨークの表情を優雅な映像美で綴るのは、“光の魔術師”の異名をもつ巨匠撮影監督ヴィットリオ・ストラーロが務め、キャラクターの魅力を引き立てている。

 

ウディ・アレン節の効いたギャツビーの名言(迷言?)集

カーライルのバーでくだを巻く<本編映像解禁:第二弾!>

 

動画はこちらhttps://www.youtube.com/watch?v=r3M3_hd6i_&feature=youtu.be

 

裕福な生まれながら文化人気取りの母親を持ち、両親からの課題な期待を背負って育ったティモシー・シャラメ演じるギャツビー。親に反発するように、ギャンブルにお金をつぎこみ、お金にも執着するそぶりをみせない。彼がラルフローレンの定番ジャケットに身を包み、懐古主義でポーカーに勤しむ姿は、ファッションも性格も『アニー・ホール』のウディ・アレンをどこか彷彿とさせる。そんなギャツビーがアイデンティティに苦悩し、ウディ・アレンお得意の早口でまくしたてるような台詞がみられるのは、本作の見どころのひとつ。久しぶりのニューヨークを散歩しながら「ニューヨークは他のどの街とも違う。不安と敵対心と被害妄想をかきたてる。世界中どこにもない痛快な街だ」とさながら評論家じみた発言をしたり、セレーナ・ゴメス演じるチャンとのメトロポリタン美術館デートでは、将来の夢をたずねられると、「もがいてる。自分が何になりたいのか分からない」と何者でもなく葛藤している姿をみせる。久しぶりの母親との再会では「“ふさわしさ”を求める人生。ふさわしい友達、ふさわしい学校、ふさわしい女性。ママが判断を下す。違う、僕のことを見て欲しいだけだ」とちょっぴりマザコン気質で承認欲求にもがく様子も。ウディ・アレン監督あるあるの名言(迷言?)を、今をときめく俳優ティモシー・シャラメが猫背ぎみで呟く姿はとても貴重なので、ぜひ本編で楽しんでいただきたい。

 

あわせて、解禁された映像では、ギャツビーお気に入りのカーライルのバーでこじらせモードに入っているシーン。約束を後回しにされたアシュレー(エル・ファニング)からの連絡がなく心配していたところ、ホテルのテレビで、アシュレーがプレイボーイで知られる人気俳優フランシスコ・ヴェガ(ディエゴ・ルナ)の“新しい恋人”というスクープを目にしてしまう!ヤケになりバーで「リアルな“今”を演じられないロクでもない役者だ」「気取ったジェスチャーと宣伝臭のするリベラル発言。地球温暖化に抗議して焼身自殺すりゃいい」とヴェガをディスり、続けて「あんな男が好みか」と思わず、心の声まで漏れてしまう…。すると、近くの席に座っていた美女と思わず目が合い、なんだかいい雰囲気に・・・・!

続く展開が気になる本編映像となっている。

 

 

タイトル:『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』

監督・脚本:ウディ・アレン(『ミッドナイト・イン・パリ』 『ブルージャスミン』『マジック・イン・ムーンライト』)

出演:ティモシー・シャラメ(『君の名前で僕を呼んで』)、エル・ファニング(『マレフィセント』)、セレーナ・ゴメス(『デッド・ドント・ダイ』)、

ジュード・ロウ(『シャーロック・ホームズ』)、ディエゴ・ルナ(『ビール・ストリートの恋人たち』)、リーヴ・シュレイバー(『スポットライト 世紀のスクープ』)

2019年/アメリカ/英語/92分/ユニビジウム/カラー/5.1ch/ PG12/

原題:A Rainy Day in New York /日本語字幕:古田由紀子 提供:バップ、シネマライズ、ロングライド 配給:ロングライド 公式サイト: https://longride.jp/rdiny / #レイニーデイインニューヨーク

 

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください