映画
アニメ
ゲーム

『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』ツイてないジュード・ロウの<本編映像解禁:第一弾!>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

<STORY>

大学生のカップル、ギャツビー(ティモシー・シャラメ)とアシュレー(エル・ファニング)は、ニューヨークでロマンチックな週末を過ごそうとしていた。きっかけは、アシュレーが学校の課題で、有名な映画監督ローランド・ポラード(リーヴ・シュレイバー)にマンハッタンでインタビューをする機会に恵まれたこと。生粋のニューヨーカーのギャツビーは、アリゾナ生まれのアシュレーに街を案内したくてたまらない。ギャツビーは自分好みのクラシックなスポットを巡るためのプランを詰め込むが、2人の計画は晴れた日の夕立のように瞬く間に狂い始め、思いもしなかった出来事がつぎつぎと起こるのだった……。

現代を代表するアイコニックな俳優たちが集結し、ニューヨークの街で運命のいたずらに翻弄される男女のキュートなロマンチック・コメディ!

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

この度、『ミッドナイト・イン・パリ』『マジック・イン・ムーンライト』などで知られるウディ・アレン監督の最新作『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』が、7月3日(金)新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほかにて全国公開いたします。

 

ティモシー・シャラメ、エル・ファニング、セレーナ・ゴメス、現代を代表するアイコニックな人気俳優たちが集結し、ニューヨークの街で運命のいたずらに翻弄される男女のキュートなロマンチック・コメディ『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』。ウディ・アレン監督がこよなく愛する古きよきアメリカの風情が残るニューヨークへのラブレターの集大成とも言える本作。キャストにはティモシー・シャラメ、エル・ファニング、セレーナ・ゴメスら若手人気スターを招き、ジュード・ロウ、ディエゴ・ルナ、リーヴ・シュレイバーら実力派俳優が脇を固めている。それぞれのニューヨークの表情を優雅な映像美で綴るのは、“光の魔術師”の異名をもつ巨匠撮影監督ヴィットリオ・ストラーロが務め、キャラクターの魅力を引き立てている。

 

ダンディなのに!!妻に浮気され、現場を目撃してしまう、ツイてないジュード・ロウの本編映像を解禁!

 

 

 

イギリスを代表するイケメン・ダンディ俳優であるジュード・ロウ。これまで『シャーロック・ホームズ』シリーズ(09、11)、『グランド・ブダペスト・ホテル』(13)、『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』(15)、『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』(18)、『キャプテン・マーベル』(19)など、数々の幅広い作品に出演してきた。また『リプリー』(99)でアカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞の助演男優賞にノミネートされ、英国アカデミー賞を受賞し世界から注目を集め、『コールド マウンテン』(03)でもゴールデン・グローブ賞、アカデミー賞の主演男優賞にノミネートされるなど、演技力の高さも評価される実力派俳優だ。現在公開中『ポップスター』では『コールド マウンテン』(03)、や『クローサー』(04)でも共演経験があるナタリー・ポートマンのマネージャー役として共演したことでも話題を呼び、今後の待機作にはロバート・ダウニー・Jr.共演の『シャーロック・ホームズ』の続編、また『ファンタスティック・ビースト』続編の公開が控えている。

 

2004年にピープル誌で「最もセクシーな男性」に選ばれ名実ともにセクシーな俳優として知られているジュード・ロウだが、本作では、エル・ファニング演じるアシュレーがインタビューする大物映画監督ローランド・ポラードと長年タッグを組み、常に監督の影に隠れてしまう存在であることに苦悩する脚本家のテッド・ダヴィドフ役を演じる。劇中では試写会で新作の出来に納得できず失踪してしまうポラード監督を探すため、アシュレーを連れて雨のニューヨークの街を探し回る途中で、妻の浮気現場に遭遇してしまうという、なんとも運の悪い役を演じている。

 

この度解禁された本編映像では、ジュード・ロウ演じる脚本家のテッド・ダヴィドフが、レベッカ・ホール演じる妻コニーの浮気現場に遭遇してしまうシーンが切り取られている。映画監督ローランド・ポラードに新作の試写へ招待されたアシュレーは新作の出来に満足できず失踪してしまう。彼を探すため、アシュレーとテッドはニューヨークの街の中を雨の中探し回るが、その最中に、妹とショッピングに出かけると言っていた妻コニーが、テッドの親友のマンションに入っていく姿を目撃してしまう。妻が出てくるまで車で張り、妻コニーが出てきた瞬間を狙って詰め寄り、道端で大きな声で問い詰める姿はなんともウディ・アレン作品らしいドタバタな展開。さらに「妻が親友と浮気とは泣けるね。僕のアフターシェーブも妻も共有だ」と言った皮肉な台詞もウディ・アレン監督作品名物ともいえるだろう。思わず、「失踪した監督は探しにいかなくていいの?」と突っ込みたくなる程必死なジュード・ロウの演技は必見だ!

ぜひ本編にご期待ください!

 

タイトル:『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』

監督・脚本:ウディ・アレン(『ミッドナイト・イン・パリ』 『ブルージャスミン』『マジック・イン・ムーンライト』)

出演:ティモシー・シャラメ(『君の名前で僕を呼んで』)、エル・ファニング(『マレフィセント』)、セレーナ・ゴメス(『デッド・ドント・ダイ』)、

ジュード・ロウ(『シャーロック・ホームズ』)、ディエゴ・ルナ(『ビール・ストリートの恋人たち』)、リーヴ・シュレイバー(『スポットライト 世紀のスクープ』)

2019年/アメリカ/英語/92分/ユニビジウム/カラー/5.1ch/ PG12/原題:A Rainy Day in New York /日本語字幕:古田由紀子 提供:バップ、シネマライズ、ロングライド 配給:ロングライド 公式サイト: https://longride.jp/rdiny / #レイニーデイインニューヨーク <お問合せ> 【配給・宣伝:ロングライド】(パブリシティ:友永、出澤、深澤、村中)TEL:03-6264-4113 FAX:03-6264-4114 pub@longride.jp

 

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください