映画
アニメ
ゲーム

『エジソンズ・ゲーム』ベネディクト・カンバーバッチ×マイケル・シャノン×タペンス・ミドルトン 抜群のチームワークでジョークも止まらない!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

《STORY》

19世紀、アメリカは電気の誕生による新時代を迎えようとしていた。白熱電球の事業化を成功させたトーマス・エジソンは天才発明家と崇められ、大統領からの仕事も平気で断る傲慢な男だった。裕福な実業家ジョージ・ウェスティングハウスは、大量の発電機が必要なエジソンの“直流”より、遠くまで電気を送れて安価な“交流”の方が優れていると考えていた。若手発明家のテスラも、効率的な“交流”の活用を提案するが、エジソンに一蹴されてしまう。ウェスティングハウスは“交流”式送電の実演会を成功させ、話題をさらう。そのニュースにエジソンは激怒、“交流”は危険で人を殺すと、ネガティブキャンペーンで世論を誘導していく。

こうして世紀の“電流戦争”が幕を開けた!訴訟や駆け引き、裏工作が横行する中、ウェスティングハウスはエジソンと決裂したテスラに近づく──果たしてこのビジネスバトルを制するのはどちらか──?

 

 

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

世紀の発明王トーマス・エジソンほどの天才にも、最強のライバルがいた。彼の名前はジョージ・ウェスティングハウス、〈頭脳でトップに立つクリエイター〉であるエジソンに対して、〈戦略で支配を広げるカリスマ実業家〉だ。この二人による壮絶なビジネスバトル〈電流戦争〉を描いた映画『エジソンズ・ゲーム』が本日6月19日(金)より公開!

 

当初、ワインスタイン騒動により公開延期を余儀なくされていた本作。そこからの復活劇に一役買って出たのは、巨匠マーティン・スコセッシ監督だ。当初のトロント映画祭で披露された本編は、ワインスタイン・カンパニーの強い圧力によってまとめられた、製作陣にとって不本意なバージョンだったという。アルフォンソ・ゴメス=レホン監督の師匠で本作の製作総指揮であるスコセッシ監督は、それを完成版と認めず製作陣による再編集を支援した。監督たちは、超多忙なスター俳優たちを集め、たった1日限りの再撮影を敢行。渾身の“ディレクターズ・カット”を完成させ、2年越しの全米公開となる奇跡の大逆転を成し遂げた。日本では製作陣により正式に監修、許諾されたディレクターズ・カット(インターナショナル版)が公開となる。

 

天才発明家エジソンを演じるのは、『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密』で、アカデミー賞にノミネートされたベネディクト・カンバーバッチ。世界的偉人のイメージを180度覆し、勝つためなら手段は選ばない、奇才のダークヒーローを怪演。対するライバルのウェスティングハウスには『シェイプ・オブ・ウォーター』のマイケル・シャノン。さらに、二人の対決の鍵を握る若き天才科学者テスラに『女王陛下のお気に入り』のニコラス・ホルト、エジソンを支える助手に『スパイダーマン』最新シリーズのトム・ホランドと、英国とハリウッドの美しき男たちが集結。

 

この度、ベネディクト・カンバーバッチ、マイケル・シャノン、タペンス・ミドルトンのスリーショットインタビューが解禁された。エジソンを演じた主演のカンバーバッチ、エジソンの宿敵のライバル・ウェスティングハウスを演じたシャノン、エジソンの妻・メアリーを演じたタペンス・ミドルトンの抜群のチームワークも垣間見ることができる。

「“電流戦争”について知っていたか?」という質問に、首を横に振る3名。「こんなにドラマがあったなんて。」と答えたシャノンが「突然誰かが電気の使い方を思いついて、じゃあみんなこれを使って、みたいな感じだと思っていた。」と冗談交じりに話すと、隣のミドルトンとカンバーバッチも思わず笑みがこぼれる。

 

「エジソンの発明で印象的なものは?」という質問には、「エジソンがどれだけの数の発明をしたか、恥ずかしながらまずそこにびっくりしたよ。」と吐露するカンバーバッチ。「でもどんな個々の発明や記録よりも、アメリカで一番の発明家という事実よりも、彼自身の生い立ちがすごい。恵まれない幼少期を過ごしながら、自宅学習をして、発明に対する欲求みたいなものを培って、新しい知識を母親や本から得て、若くして実業になって。鉄道業界でビジネスを始めて、そして通信機の改良に関する特許を取得し、メンローパークで実験の日々を送って。」と、若かりしエジソンの功績をスラスラと挙げて行くが、最後に「全部この映画には出てこないんだけど」とネタを明かし、シャノンとミドルトンも大爆笑。「だとしても、面白いけどね。」とミドルトンが、「だからこの映画は見るべきってことで。」とシャノンがフォローをし、抜群のチームワークを見せつける。

 

いよいよ本日より公開となる『エジソンズ・ゲーム』。3人の活躍を劇場でお見逃しなく!

 

 

監督:アルフォンソ・ゴメス=レホン『ぼくとアールと彼女のさよなら』「glee/グリー」シリーズ

出演:ベネディクト・カンバーバッチ、マイケル・シャノン、トム・ホランド、ニコラス・ホルト

原題:The Current War: Director’s Cut/2019年/アメリカ/108分/スコープ/5.1ch/字幕翻訳:松浦美奈/字幕監修:岩尾徹

後援:一般社団法人 電気学会 配給:KADOKAWA edisons-game.jp ©2019 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved.

 

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください