伊マフィア史上最大のミステリー、完全映画化。 巨匠マルコ・ベロッキオ 81 歳の最高傑作公開決定! 『シチリアーノ 裏切りの美学』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【以下プレスリリース文掲載】

 

2019 カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、イタリアのアカデミー賞と呼ばれるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で最多6部門受賞をはたした、巨匠マルコ・ベロッキオ最新作にして最高傑作「IL TRADITORE(英語題:THE TRAITOR)」の邦題が、『シチリアーノ 裏切りの美学』に決定し、2020年8月28日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、Bunkamura ル・シネマ他全国公開することが決定しましたのでお知らせいたします。

真のプライド。そのために男は命を賭けたーー。

1980 年代初頭、シチリアではマフィアの全面戦争が激化していた。パレルモ派の大物ブシェッタは抗争の仲裁に失敗しブラジルに逃れるが、残された家族や仲間達はコルレオーネ派の報復によって次々と抹殺されていった。ブラジルで逮捕されイタリアに引き渡されたブシェッタは、マフィア撲滅に執念を燃やすファルコーネ判事から捜査への協力を求められる。麻薬と殺人に明け暮れ堕落した犯罪組織コーザ・ノストラに失望していたブシェッタは、固い信頼関係で結ばれたファルコーネに組織の罪を告白する決意をするが、それはコーザ・ノストラの ”血の掟” に背く行為だった……。仁義なき抗争の果てに、名誉ある男の美学を貫こうとブシェッタが下した決断とは−−。

コーザ・ノストラに忠誠を誓った男は、なぜ“血の掟”を破り、政府に寝返ったのか? 国家を揺るがす大騒動となった、イタリアマフィア史上最大のミステリーを、イタリア映画界最後の巨匠マルコ・ベロッキオが完全映画化。「赤い旅団」によるアルド・モーロ元首相の誘拐殺人事件を映画化した『夜よ、こんにちは』(03)や、イタリアの独裁者ムッソリーニの最初の妻の人生を描いた『愛の勝利を ムッソリーニを愛した女』(09)など社会派の巨匠として知られるマルコ・ベロッキオの最高傑作。

 

 

監督:マルコ・ベロッキオ『夜よ、こんにちは』『甘き人生』

出演:ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ『フォンターナ広場 イタリアの陰謀』、ルイジ・ロ・カーショ『輝ける青春』『夜よ、こんにちは』

音楽:ニコラ・ピオバーニ『ライフ・イズ・ビューティフル』

2019 年|伊・仏・伯・独合作|イタリア語・ポルトガル語・英語|145 分|ビスタ|デジタル 5.1ch|原題:IL TRADITORE

後援:イタリア大使館、イタリア文化会館 配給:アルバトロス・フィルム、クロックワークス R15

©IBC MOVIE/KAVAC FILM/GULLANE ENTRETENIMIENTO/MATCH FACTORY PRODUCTIONS/ADVITAM

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください