映画
ゲーム

エマ・ワトソンら豪華キャストが語る!『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』【特別動画解禁】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

<STORY>

ジョーはマーチ家の個性豊かな四姉妹の次女。

情熱家で、自分を曲げられないため周りとぶつかりながら、小説家を目指して執筆に励む日々。控えめで美しい姉メグを慕い、姉には女優の才能があると信じるが、メグが望むのは幸せな結婚だ。

また心優しい妹ベスを我が子のように溺愛するも、彼女が立ち向かうのは、病という大きな壁。

そしてジョーとケンカの絶えない妹エイミーは、彼女の信じる形で、家族の幸せを追い求めていた。共に夢を追い、輝かしい少女時代を過ごした4人。そして大人になるにつれ向き合う現実は、時に厳しく、それぞれの物語を生み出していく。小説家になることが全てだったジョーが、幼馴染のローリーのプロポーズを断ることで、孤独の意味を知ったように――。

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

19世紀を代表する⼥性作家、ルイーザ・メイ・オルコットの世界的ベストセラー⼩説「若草物語」を『レディ・バード』のグレタ・ガーウィグ監督が繊細にそしてみずみずしく描き、本年度アカデミー賞で6部門のノミネートされた『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』。

 

 

家族、芸術、お金、愛、自由。100%ありのままの自分でいたいと言う希望をもちながら現実と衝突、しかし自分だけのユニークな物語を作ることを諦めない四姉妹それぞれの姿を切り取った特別映像と幸せな四姉妹の瞬間をとらえた画像1点を解禁いたします。

 

エマ・ワトソン、シアーシャ・ローナン、フローレンス・ピューら豪華キャストが語る若草物語への想いも必見!

 

 

映像は「若草物語は物心ついた時から私の一部だった」というグレタ・ガーウィグ監督の言葉から始まる。これまで世界中の国々、そして様々な時代で、ルイーザ・メイ・オルコットの「若草物語」は数え切れないほどの形で命を吹き込まれてきたが、その物語を新たに今映画化することへの彼女の想いが短いながらも詰まっている。

 

 

その後続くのはそれぞれ四つの異なる夢を持った四姉妹の人生への悩みや決意。

女優になりたいけれど結婚と子供を持つことも夢見る長女・メグ(エマ・ワトソン)を演じるエマ・ワトソンは「自分の人生を生きようとする姉妹の物語よ」と述べ、賢く野心的で、画家を目指す四女・エイミーは「三流の画家になるくらいならきっぱりとやめる」と、冷静に自信を分析、その役柄を演じたフローレンス・ピューも本作に対して、まるでエイミーの気持ちと自身の想いを重ね合わせるように「本作で描かれる女性たちの苦悩は、現代女性にも共通してる」という理解を示す。

 

 

結婚はせず、小説家を目指すという強い意志を持つ次女・ジョーを演じるシアーシャ・ローナンも「独立した女性を描く本作は今の時代にぴったりだわ」と語る。

そしてこの四姉妹が自由に生きていけるように優しく見守る母親を演じるローラ・ダーンも「テーマは自分らしさ」「実に現代的で重要なテーマよ」と静かにその想いを語る。

最後、四姉妹らを経済的に支援する資産家マーチ伯母を演じるメリル・ストリリープは「勇気と希望に満ちた本作は、今の世界が必要とする作品だわ」と断言、さすが銀幕のレジェンドらしい貫禄で閉めている。

 

本編からは「金持ちと結婚なさい」「主人公が女性なら最後は結婚させること」と言われ傷つきながらも負けずに進んでいくジョーの姿や、四姉妹で結成した演劇クラブの様子、雪の中はしゃぎながら歩く楽しそうな四姉妹、エマが憧れのパーティへ初参加するシーンなどの映像もふんだんに詰め込まれ、自分の人生を懸命に生きる少女たちの姿を捉えた貴重な特別映像集となっております。

 

 

本作で描かれるのは、世界中で愛され続ける大ベストセラー作家、ルイーザ・メイ・オルコットが自らの生き方を重ねて書き上げた、ジョー・マーチの物語。

主人公ジョー役を演じるのは25歳という若さで既にアカデミー賞の常連と呼ばれる天才女優シアーシャ・ローナン。2016年の『ブルックリン』、2018年の『レディ・バード』に続き、本作で2年ぶり3回目のアカデミー賞<主演女優賞>ノミネートを果たしました。

 

ジョーのソウルメイトであり彼女に愛を告白するローリー役には『君の名前で僕を呼んで』で世界中から注目と賞賛を集め、今もっとも注目されるイケメン実力派俳優ティモシー・シャラメ。

さらに長女のメグ役は『ハリー・ポッター』シリーズのエマ・ワトソン、三女のベス役はHBOの『シャープ・オブジェクツ』のエリザ・スカンレン、そして頑固で有名な、家族の末っ子エイミー役には本作で初めてのアカデミー賞<助演女優賞>ノミネーションともなる期待の新星フローレンス・ピューが演じます。

 

さらにベテランのローラ・ダーンがマーチ家の愛されてやまない愛情豊かな尊き母親を好演し、名女優のメリル・ストリープが四姉妹の裕福なマーチ伯母役で華を添えます。「若草物語」がこれまでの自分を形作る上で大切な作品であったという若き才能グレタ・ガーウィグの手により、時代を超えて愛されるジョーの物語が、まるで現代に生きる女性たちを新しい世界へといざなうように、あざやかに描き上げられます。

 

 

製作:エイミー・パスカル、デニーズ・ディ・ノヴィ、ロビン・スウィコード

音楽:アレクサンドル・デスプラ

出演:シアーシャ・ローナン、ティモシー・シャラメ、フローレンス・ピュー、エリザ・スカンレン、エマ・ワトソン、ローラ・ダーン、メリル・ストリープ

配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

◆全米公開:20191225

◆公式Twitterhttps://twitter.com/SPEeiga 

◆公式Facebookhttps://facebook.com/SPEeiga

◆公式サイト:storyofmylife.jp

 

612日(金) 全国順次ロードショー

 

 

 

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください