映画
ゲーム

『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』ティモシー・シャラメの洗練されたニューヨーカースタイル 新場面写真5点解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

<STORY>

大学生のカップル、ギャツビー(ティモシー・シャラメ)とアシュレー(エル・ファニング)は、ニューヨークでロマンチックな週末を過ごそうとしていた。きっかけは、アシュレーが学校の課題で、有名な映画監督ローランド・ポラード(リーヴ・シュレイバー)にマンハッタンでインタビューをする機会に恵まれたこと。生粋のニューヨーカーのギャツビーは、アリゾナ生まれのアシュレーに街を案内したくてたまらない。ギャツビーは自分好みのクラシックなスポットを巡るためのプランを詰め込むが、2人の計画は晴れた日の夕立のように瞬く間に狂い始め、思いもしなかった出来事がつぎつぎと起こるのだった……。

現代を代表するアイコニックな俳優たちが集結し、ニューヨークの街で運命のいたずらに翻弄される男女のキュートなロマンチック・コメディ!

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

この度、『ミッドナイト・イン・パリ』『マジック・イン・ムーンライト』などで知られるウディ・アレン監督の最新作『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』を、7/3(金)、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほかにて全国公開いたします。

 

ティモシー・シャラメ、エル・ファニング、セレーナ・ゴメス、現代を代表するアイコニックな人気俳優たちが集結し、ニューヨークの街で運命のいたずらに翻弄される男女のキュートなロマンチック・コメディ『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』。本作のメガホンを取ったのは、これまでに『マンハッタン』(77)、『アニー・ホール』(79)、『カフェ・ソサエティ』(16)、『女と男の観覧車』(17)などニューヨークを舞台に数々の作品を発表してきた巨匠ウディ・アレン監督。古きよきアメリカの風情が残るニューヨークへのラブレターの集大成とも言える本作。キャストには『君の名前で僕を呼んで』(17)で、数々の賞を総ナメにして話題を呼び、その美しいルックスと確かな演技力で新世代を牽引するティモシー・シャラメ、『マレフィセント』(14、19)シリーズのような大作から、インディペンデント映画まで引っ張りだこのイット・ガール、エル・ファニング、世界的歌姫で、『デッド・ドント・ダイ』(19)など女優としても大活躍のセレーナ・ゴメスら若手人気俳優から、『シャーロック・ホームズ』シリーズ(09、11)のジュード・ロウ、『ビール・ストリートの恋人たち』(18)のディエゴ・ルナ、『スポットライト 世紀のスクープ』(15)のリーヴ・シュレイバーなど実力派俳優が脇を固めている。SNS上では、「ウディアレンのモダンジャズの世界に、ティモシーシャラメが出てくるのが楽しみで仕方ない」「ティモシー・シャラメ×エル・ファニングに周りを固めるキャストも強い」「映画館でピアノを弾き歌うティモシー・シャラメを拝めるだなんて…」と本作ならではのティモシーの姿に、早くも期待の声があがっている!

 

洗練されたクラシックなニューヨーカーの雰囲気が漂うティモシー・シャラメ 新場面写真5点解禁!

 

 

ルカ・グァダニーノ監督『君の名前で僕を呼んで』(17)で、彫刻の様な美しさと繊細な演技でその名を世界中に馳せ、一躍スターダムへと駆け上がったティモシー・シャラメ。『レディ・バード』(17)では、主人公を翻弄するプレイボーイな好青年を演じ、『HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ』(17)では、あどけなさを残したダニエル役で、ドラック・ディーラーの道へと足を踏み外していく危うさをみせ、『ビューティフル・ボーイ』(18)では薬物依存症に苦悩する主人公を体当たりで演じるなど、作品ごとに全く違った表情を魅せる若干24歳の天才。今後もウェス・アンダーソン監督『The French Dispatch(原題)』、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督『DUNE(原題)』、ルカ・グァダニーノ監督『君の名前で僕を呼んで』続編のカムバックや、ジェームズ・マンゴールド監督が手掛けるボブ・ディランの伝記映画の主演が決まるなど、続々と巨匠たちのコラボを果たし、今最も勢いのある実力派の若手俳優である。

 

本作『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』では、小さなヤードレー大学に通い、モラトリアム真っ只中で、懐古主義の主人公ギャツビーを演じるティモシー。この度、解禁された新場面写真5点では、ラルフローレンの茶色の定番ジャケットをさらりと着こなし、今時では少し珍しい、シガレットホルダーでタバコを嗜む姿(新場面写真1)や、中年グループ相手にも臆せず、ポーカーに勤しむシーン(新場面写真2、3)、ウディ・アレン監督も常連客として足を運んでいるホテル、“カーライル”にあるベメルマンズ・バーでピアノを弾く姿(新場面写真4)、こなれた様子でスマホ片手に、ひとりグラスで呑んでいる場面(新場面写真5)が切り取られている。懐かしの、古き良きニューヨーカーの姿は、ウディ監督だからこそ描けるニューヨークへの愛が込められている。ぜひ、続報にご期待ください!

 

タイトル:『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』

監督・脚本:ウディ・アレン(『ミッドナイト・イン・パリ』 『ブルージャスミン』『マジック・イン・ムーンライト』)

出演:ティモシー・シャラメ(『君の名前で僕を呼んで』)、エル・ファニング(『マレフィセント』)、セレーナ・ゴメス(『デッド・ドント・ダイ』)、

ジュード・ロウ(『シャーロック・ホームズ』)、ディエゴ・ルナ(『ビール・ストリートの恋人たち』)、リーヴ・シュレイバー(『スポットライト 世紀のスクープ』)

2019年/アメリカ/英語/92分/ユニビジウム/カラー/5.1ch/ PG12/原題:A Rainy Day in New York /日本語字幕:古田由紀子

提供:バップ、シネマライズ、ロングライド

配給:ロングライド

公式サイト: https://longride.jp/rdiny / #レイニーデイインニューヨーク

 

 

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください