アニメ
ゲーム

ヴェルナー・ヘルツォーク監督の長編6作品を独占オンライン上映!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【以下プレスリリース文掲載】

 

ご自宅で映画を楽しめるオンライン映画館「アップリンク・クラウド」( https://www.uplink.co.jp/cloud/ )では、5月12日(火)14:00より、ヴェルナー・ヘルツォーク監督による下記の傑作長編6本の独占配信を開始いたします。
『アギーレ/神の怒り』(1972年/ドイツ/91分)
『シュトロツェクの不思議な旅』(1976年/ドイツ/104分)
『ノスフェラトゥ』(1978年/ドイツ/103分)
『ヴォイチェック』(1979年/ドイツ/81分)
『フィツカラルド』(1981~1982年/ドイツ/157分)
『コブラ・ヴェルデ 緑の蛇』(1987年/ドイツ/110分)

価格は、全6本パック3,600円(視聴期間:30日間)と、単品購入700円(視聴期間:72時間)です。

「アップリンク・クラウド」( https://www.uplink.co.jp/cloud/ )では、本企画の他にも “ 外出しなくても映画は観れる!” をコンセプトに、3カ月間2,980円でご覧いただける配信キャンペーンや、全国の映画館を支援できる『ホドロフスキーのサイコマジック』オンライン先行上映などを行なっています。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

アップリンク・クラウド「ヴェルナー・ヘルツォーク監督特集

【配信ページURL】
https://www.uplink.co.jp/cloud/features/2389/

【配信開始日】

5月12日(火)14:00より配信スタート

【価格】

◆全6作品パック:3,600円/30日間
◆単品購入:700円/72時間

【提供】
株式会社パンドラ

 -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
<配信作品紹介>

『アギーレ/神の怒り』
(1972年/ドイツ/91分)
16世紀、アマゾンの奥地に黄金郷を求めたスペイン探検隊の実話が原作。最後の峠を越えたところで厳しい自然に阻まれ、食料も底をつき探検隊は内部崩壊してゆく。『タイム』誌の<歴代映画100選>の1本にも選ばれた。

『シュトロツェクの不思議な旅』(1976年/ドイツ/104分)
シュトロツェクは刑務所出所後、エーファとシャイツ老と、成功を夢見てドイツから米国に渡るが…。シュトロツェクに『カスパー・ハウザーの謎』のブルーノ・S、エーファに『ドイツ・青ざめた母』のエーファ・マッテスを起用。

『ノスフェラトゥ』(1978年/ドイツ/103分)
クラウス・キンスキー演じる白塗りのドラキュラ伯爵の迫力と、アジャーニの妖しい美しさに息をのむ。『ヒトラー~最後の12日間~』の名優ブルーノ・ガンツが、アジャーニとカップルを演じているのも見もの。

『ヴォイチェック』(1979年/ドイツ/81分)
兵士ヴォイチェックの頭には、しょっちゅう、不思議な声が響いていた。その声に導かれるように彼は・・・。原作は19世紀に23歳で亡くなった天才ゲオルク・ビューヒナーによる未完の小説。

『フィツカラルド』(1981~1982年/ドイツ/157分)
19世紀末ブラジル。稀代のテナー、エンリコ・カルーソーに感激したフィツカラルドが、アマゾンの奥地にオペラハウスを建てようと始めた事とは…。船の山越えシーンが伝説になった途方もないスケールの作品。

『コブラ・ヴェルデ 緑の蛇』
(1987年/ドイツ/110分)
19世紀初頭のブラジル。フランシスコは農園主の娘に手を付けたため、アフリカに飛ばされた後、奴隷商人コブラ・ヴェルデとなるが、勲功をあげアフリカ総督になる。だが、栄華は続かず、首に懸賞をかけられる身に…。

※いずれも日本語字幕付き

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

 ヴェルナー・ヘルツォーク監督 プロフィール>
1942年ドイツ生まれ。『カスパー・ハウザーの謎』(1974年)でカンヌ国際映画祭審査員グランプリ、『フィツカラルド』(1982年)で同監督賞受賞。また、ハーモニー・コリン監督『ミスター・ロンリー』(2006年)などでは俳優としても活躍。『ローエングリン』(1990年バイロイト音楽祭にて公演)や『忠臣蔵』(三枝成彰作曲・島田雅彦脚本1997年)など多数のオペラも演出。ニコラス・ケイジ主演の『バッド・ルーテナント』(2009年)や、ニコール・キッドマン主演の『アラビアの女王 愛と宿命の日々』(2015年)などアメリカ映画の製作も手掛けてきた。その他、米国人環境保護主義者ティモシー・トレッドウェルの姿を映した『グリズリーマン』(2005年)や、Netflix製作の『イントゥ・ザ・インフェルノ:マグマの世界』(2016年)など数々のドキュメンタリーも監督している。2019年、ヨーロッパ映画賞で生涯功労賞を受賞。また、同年のカンヌ国際映画祭で、日本を舞台にした『Family Romance, LLC(原題)』がプレミア上映された。

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください