映画
アニメ
ゲーム

Netflixオリジナルアニメシリーズ『攻殻機動隊 SAC_2045』迫力満点!疾走感溢れるカーチェイス!不動の人気“タチコマ”が駆け巡る本編映像解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【以下プレスリリース文掲載】

 

1989年に「ヤングマガジン増刊 海賊版」(講談社)にて士郎正宗が原作漫画を発表、連載開始以来、押井守監督による『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』(1995年)をはじめ、アニメーション、ハリウッド実写映画など様々な作品群を構成し、世界中に驚きと刺激を与え続けてきた「攻殻機動隊」シリーズ。最新作『攻殻機動隊 SAC_2045』は、「攻殻」史上初となるフル3DCGアニメーションとなり、『攻殻機動隊S.A.C.』シリーズを手掛けた神山健治と、『APPLESEED』シリーズを手掛けた荒牧伸志によるダブル監督、Production I.GとSOLA DIGITAL ARTSによる共同制作スタイルの作品でNetflixにおいてついに4月23日(木)より、全世界独占配信がスタートした!

みんなのアイドル“タチコマ”大活躍の本編映像解禁!
全世界独占配信がついにスタート!そんな中、先日、Twitter絵文字のニュースがトレンド上位にランクインするなど不動の人気を誇るタチコマ大活躍の本編映像が解禁!公安9課が保有していた多脚思考戦車で、現在は草薙素子率いる傭兵部隊において運用されているタチコマ。マニピュレータと擲弾発射器及び熱光学迷彩等を備え、人工ニューロチップを用いたAIを搭載し、自ら思考し自律的に行動するタチコマの勇姿を目に焼きつけろ!

全ての国家を震撼させる経済災害「全世界同時デフォルト」の発生と、AIの爆発的な進化により、計画的且つ持続可能な戦争“サスティナブル・ウォー”へと突入した世界の荒廃した街を草薙素子と共に駆け巡る!その疾走感は見応え十分でAI搭載のドローンや戦車からの攻撃もしなやかにかわし華麗に反撃を繰り広げる!愛くるしさと力強さを兼ね備えたタチコマが本作でも大活躍となっている!

世界中のカルチャーに多大な影響を与え続けてきた「攻殻機動隊」シリーズ。『攻殻機動隊 SAC_2045』ではどのような世界が表現されているのか!?Netflixオリジナルアニメシリーズとして攻殻機動隊の歴史に新たな1ページが刻まれた!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Netflixオリジナルアニメシリーズ
『攻殻機動隊 SAC_2045』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[作品概要]
Netflixオリジナルアニメシリーズ『攻殻機動隊 SAC_2045』
※作品名表記「攻殻機動隊」と「SAC」の間は半角アキ、「SAC」と「2045」の間はアンダーバーが入ります。

メインキャスト
草薙素子:田中敦子/荒巻大輔:阪 脩/バトー:大塚明夫/トグサ:山寺宏一
イシカワ:仲野 裕/サイトー:大川 透/パズ:小野塚貴志/ボーマ:山口太郎/タチコマ:玉川砂記子
江崎プリン:潘めぐみ/スタンダード:津田健次郎/ジョン・スミス:曽世海司/久利須・大友・帝都:喜山茂雄/シマムラタカシ:林原めぐみ

原作:士郎正宗「攻殻機動隊」(講談社 KCデラックス刊)
監督:神山健治 × 荒牧伸志
シリーズ構成:神山健治
キャラクターデザイン:イリヤ・クブシノブ
音楽:戸田信子 × 陣内一真
オープニングテーマ:「Fly with me」millennium parade × ghost in the shell: SAC_2045
エンディングテーマ:「sustain++;」Mili
音楽制作:フライングドッグ
制作:Production I.G × SOLA DIGITAL ARTS
製作:攻殻機動隊2045製作委員会

Netflixにて、4月23日(木)全世界独占配信(※中国本土を除く)
Ⓒ士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会

[INTORODUCTION]
近未来SFの金字塔「攻殻機動隊」、神山健治 × 荒牧伸志による2045年の未来像
全身義体のサイボーグ・草薙素子率いる公安9課が、今再び電脳犯罪に立ち向かう
情報ネットワークとサイボーグ(義体)技術の発達により人々の意思が“電脳”に繋がれた近未来において電脳犯罪に立ち向かう全身義体のサイボーグ・草薙素子率いる攻性の組織、攻殻機動隊。1989年に士郎正宗により発表された原作コミック『攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL』を起源とし、アニメーション、ハリウッド実写映画など様々な作品群が展開され、その先鋭的且つ圧倒的な世界観とビジュアル表現により、全世界のクリエイターに影響を与えてきた近未来SFの金字塔が新たな未来像を提示する。『攻殻機動隊S.A.C.』シリーズの神山健治と、『APPLESEED』シリーズの荒牧伸志が共同監督としてタッグを組み、田中敦子、大塚明夫、山寺宏一ほか『攻殻機動隊S.A.C.』シリーズのオリジナルキャストが集結。迫力のサイバーパンクアクションと、草薙素子たちの全く新しい物語が描かれる。制作はProduction I.G × SOLA DIGITAL ARTS。Netflixオリジナルアニメシリーズ『攻殻機動隊 SAC_2045』は、4月23日(木)全世界独占配信スタート。

[STORY]
持続可能な戦争(サスティナブル・ウォー)がもたらす新たな支配種“ポスト・ヒューマン”
再び組織される草薙素子率いる公安9課、通称“攻殻機動隊”
2045年。全ての国家を震撼させる経済災害「全世界同時デフォルト」の発生と、AIの爆発的な進化により、世界は計画的且つ持続可能な戦争“サスティナブル・ウォー”へと突入した。だが人々が、AIによる人類滅亡への危機を日常レベルで実感できるまでには衰退の進んでいない近未来――。
内戦・紛争を渡り歩き、廃墟が横たわるアメリカ大陸西海岸において、傭兵部隊として腕を奮っている全身義体のサイボーグ・草薙素子とバトーたち元・公安9課のメンバー。電脳犯罪やテロに対する攻性の組織に所属し、卓越した電脳・戦闘スキルを誇っていた彼女らにとって、この時代はまさにこの世の春である。そんな草薙率いる部隊の前に、“ポスト・ヒューマン”と呼ばれる驚異的な知能と身体能力を持つ存在が突如として現れる。彼らは如何にして生まれ、その目的とは。大国間の謀略渦巻くなか、いま再び“攻殻機動隊”が組織される――。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください