アニメ

『子供はわかってあげない』上白石萌歌、10代最後を駆け抜ける!胸騒ぎの夏休みを予感させる <予告編映像&新ビジュアル>が公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【Story】

高校2年、水泳部女子の美波(みなみ)はある日、書道部男子のもじくんとの運命の出会いをきっかけに、幼い頃に別れた父親の居所を探しあてる。何やら怪しげな父にとまどいながらも、海辺の町で夏休みをいっしょに過ごすが。。。心地よい海風。爽やかに鳴る風鈴。…超能力!?そして、初めての恋に発狂しそう!

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

「マンガ大賞2015」や数々の漫画賞を受賞し、糸井重里、夏帆、西野七瀬ほか著名人たちが好きな作品として挙げる、
田島(たじま)列島(れっとう)の傑作コミック『子供はわかってあげない』が実写映画化、
6月26日(金)テアトル新宿・イオンシネマ他より全国ロードショーとなります。

『南極料理人』(09)『横道世之介』(13)などで知られる沖田修一監督がメガホンを取り、初の漫画原作で映画化。

主人公・美波役には「義母と娘のブルース」「いだてん〜東京オリムピック噺〜」で注目を集め、
瑞々しい魅力と確かな演技力で引っぱりだこの上白石萌歌。相手役のもじくんこと門司役には、
超新人ながら石井裕也監督作『町田くんの世界』(19)主演に大抜擢され話題を呼んだ細田佳央太。
そして人間模様を鮮やかに彩るキャストには、豊川悦司、千葉雄大、斉藤由貴、古舘寛治など、実力派の名優陣が大集結し、物語をカラフルに広げる。
既にSNSでは、多くの原作・映画ファンから期待の声が高まっている本作。
田島列島原作の傑作コミックと、ユーモア溢れるあたたかい人間ドラマを描いてきた沖田監督が、本作で一体どのような化学反応を起こすのか。
期待が高まる本作から、ついに予告編映像が解禁!
予告編映像で描かれるのは、“普通の”女子高生・美波に待ち受ける、
ちょっぴり“普通じゃない“、ひと夏の出会いのオンパレード!
個性豊かなキャラクターたちが織りなす、怒涛の展開には沖田監督らしさが感じられる一方で、監督の新境地ともいえる、ラストの美波の告白シーンは必見。
10代最後の上白石が魅せるナチュラルな表情が、少しずつ大人に向けて成長する美波と見事にマッチし、普通じゃないけど、さわやかな感動、そして胸騒ぎの夏休みを予感させる。
また、美波ともじくんの出会いのきっかけとなる劇中アニメ「魔法左官少女バッファローKOTEKO」で、主人公・KOTEKOの声を務めるのは、人気声優の富田美憂
さらに、浪川大輔櫻井孝宏鈴木達央速水奨など、超豪華声優陣の出演も決定!
アニメーション制作は颱風グラフィックスが担当し、沖田監督のこだわりもつまった、本格的な劇中アニメに仕上がっている。
 
併せて、美波のまっすぐな瞳と、「あの夏の出会いが私を変えた」というコピーが印象的な新ビジュアルも公開!
エモーショナルな雰囲気が漂う数々の写真からは、どこか懐かしくも新しい、かけがえのない“夏休み気分”を味わえる。

『子供はわかってあげない』

上白石萌歌 細田佳央太

千葉雄大 古舘寛治 / 斉藤由貴 / 豊川悦司

監督:沖田修一 脚本:ふじきみつ彦 沖田修一 音楽:牛尾憲輔 原作:田島列島『子供はわかってあげない』(講談社モーニングKC刊)

企画・製作幹事:アミューズ 配給:日活 制作プロダクション:オフィス・シロウズ 2020「子供はわかってあげない」製作委員会 田島列島/講談社

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください