『ポップスター』若手演技派女優ステイシー・マーティン場面写真解禁ニュースご紹介のお願い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

<STORY>

クラスメイトによる銃乱射事件で死の淵から生還したセレステ(ナタリー・ポートマン)。皮肉にも姉のエレノア(ステイシー・マーティン)と作った追悼曲が大ヒット。敏腕プロデューサー(ジュード・ロウ)に見初められ、一躍スターダムへ。18年後 ― トップスターの彼女はスキャンダルで活動を休止していた。再起をかけたカムバックツアーの初日、ある事件が起こる。しかし、それは、彼女の過去の模倣事件だった。

蘇るトラウマを抱え彼女はステージにむかうのだが・・・。

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

この度、アカデミー賞女優ナタリー・ポートマンが『ブラック・スワン』を彷彿させる演技と、製作総指揮も務め、今後のキャリアをかけて挑む渾身作『ポップスター』が、ギャガ配給にて4月3日(金)よりTOHOシネマズ日比谷他全国公開致します!

 

主人公セレステを演じるのは、子役時代に『レオン』(95)で大ブレイク、『ブラック・スワン』(11)でアカデミー賞主演女優賞を受賞したナタリー・ポートマン。ハリウッドのトップ女優として君臨するナタリーが今作で挑むのは、銃乱射事件の生存者として、追悼式で歌を歌ったことをきっかけに新進ポップスターへと上り詰めるも、度重なるスキャンダルで失墜―再起をかけたステージに臨むポップスターのセレステ。セレステの才能を買い、彼女をトップスターへと導く敏腕マネージャー役には、ベテラン演技派俳優のジュード・ロウ。また、幼少期のセレステと、ナタリー・ポートマン演じるセレステの娘の二役には、ラフィー・キャシディ。『トゥモローランド』(15)など話題作に多数出演し、キャリアを広げる17歳の彼女は、その繊細な演技でまったく異なる人物の二役を見事に演じあげた。そして、セレステの姉エレノアには、『ゲティ家の身代金』(18)や、『グッバイ・ゴダール!』(18)のステイシー・マーティン。劇中ナレーションではウィレム・デフォーも参加。さらに、主題歌・劇中歌の全般を担当するのは、世界的トップ・アーティストのSia。2017年9月から放送されたナタリー・ポートマン出演のクリスチャン・ディオールの香水ブランド「ミス・ディオール」のCMで、大ヒット曲「Chandelier」(シャンデリア)が起用されたことも記憶に新しい。

 

 

監督・脚本は『シークレット・オブ・モンスター』(16)で鮮烈なデビューを飾った若手気鋭のブラディ・コーベット。ナタリー・ポートマンと共にジュード・ロウ、Siaまでもが製作総指揮として名を連ねた意欲的な本作。Sia提供の楽曲を歌い上げるナタリー・ポートマン演じるポップスターの壮絶な物語に各映画祭、絶賛の嵐を巻き起こした衝撃作だ。

 

この度、ステイシー・マーティンの新場面写真が解禁となる。本作で、ポップスターのセレステ(ナタリー・ポートマン)の姉として、彼女を支えるエレノアを演じたステイシー・マーティン。『グッバイ・ゴダール!』(17)や『ゲティ家の身代金』(17)、『アマンダと僕』(18)などに出演し注目を集めるマーティンは『シークレット・オブ・モンスター』に続き、コーベット監督作品に出演。「彼の脚本はとても新鮮だった。重厚な内容だけれど、特有のユーモアがあって。一つの壮大な物語を読んでいるようで、ドキドキしたわ。」と作品へ参加した当初の印象を語る。エレノアは、セレステがスターになったきっかけの追悼曲を作曲し、歌手として活躍する妹をそばで支ていたが、アルコールとスキャンダルに溺れ精神的に不安定になっていくセレステからストレスをぶつけられる存在でもあった。そんな役どころをマーティンは「自分の人生にとって一番大切な人を失いかける事件を経験し、とても献身的な性格になったの。事件の現場にいなかった罪悪感は生涯消えず、セレステにすべてを捧げる。セレステは蝶のように自由に飛び回り、エリー(エレノア)は地に足がついている。自分の内部から人格を形成するのではなく、他者を中心に自身の人格を作っていくというキャラクターを演じるのは、とても興味深い経験だったわ。」と分析している。また、ポートマンとの共演について、マーティンは「ポートマンはとても知的で一流の役者で、同時に演技には自由度があったわ。例えば、セレステがショーに向かう直前のシーンで、私たちは皆少し緊張していたの。長いシーンで、たくさんの間を正確に取らないとリアルな感じが出なかったから。それなのに彼女は、ものの見事にすべての間を正確に取って演技し続けたの。あんなに高度なレベルで間を維持するのは難しい。彼女はセレステになりきっていたわ。」とその手腕を絶賛している。多くの人を魅了し脚光を浴びるスターの裏側に隠された影の存在を映す、ステイシー・マーティンの活躍に注目だ。

 

製作総指揮 ナタリー・ポートマン、ジュード・ロウ、シーア

脚本・監督:ブラディ・コーベット 『シークレット・オブ・モンスター』

出演:ナタリー・ポートマン 『ブラック・スワン』『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』、ジュード・ロウ 『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』、ステイシー・マーティン 『グッバイ・ゴダール!』、ラフィー・キャシディ 『トゥモローランド』

主題歌&劇中歌全般:シーア

振り付け:バンジャマン・ミルピエ 『ブラック・スワン』(2011)『ミルピエ パリ・オペラ座に挑んだ男』

作曲・編曲(スコア):スコット・ウォーカー『シークレット・オブ・モンスター』

音楽監督:マーガレット・イェン 『ゴジラ キング・オブ・モンスター』『ポケモン』『アリー/スター誕生』

配給:ギャガ Motion Picture ©2018 Vox Lux Film Holdings, LLC. All Rights Reserved

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください