映画
アニメ
ゲーム

山本太郎氏より絶賛コメント動画到着!『21世紀の資本』3/20より新宿シネマカリテ他全国順次公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【以下プレスリリース文掲載】

この度、フランスの経済学者トマ・ピケティによるベストセラー「21世紀の資本」を映画化した社会派ドキュメンタリー『21世紀の資本』が3月20日(金)より新宿シネマカリテ他全国順次公開致します。この度、れいわ新選組代表の山本太郎さんによる特別映像が解禁となりました。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

300万部の大ベストセラー「21世紀の資本」がピケティ出演・監修で完全映画化!

 

2014年に日本でも発売され一大ブームを巻き起こした経済学書「21世紀の資本」。フランスの経済学者トマ・ピケティが出版し、史上最も重要な経済学書として世界中から称賛を浴びた。しかし、700ページという超大作のため、完読が難しいというのも有名な話である。そこで著者のピケティ自身が監修から出演までこなし、一般の人も五感だけで理解できるよう完全映画化!著名な経済学者とともに、本で実証した理論を難しい数式など一切使わずに映像で表現した。映画では、『ウォール街』『プライドと偏見』『レ・ミゼラブル』『ザ・シンプソンズ』などの映画やアニメ、ポップカルチャーなどをふんだんに使って、過去300年の世界各国の歴史を“資本”の観点から切り取っている。

 

 

この度、心から本作を宣伝したい!と、れいわ新選組代表の山本太郎氏から本作への熱いコメント映像が届いた。コメント映像では、山本氏が本作の見所を約2分で解説している。自身の政策でも減税を唱える山本氏は、感激した!と感想を述べ「どうして働いても豊かになれないのかというこの理由が2時間に凝縮されている」と絶賛。映画では、原作の著者である経済学者のトマ・ピケティが、資本家が資本をもとに稼ぐ方が、一般人が働いて給料が上昇していく割合よりも高いということを、300年分の世界中の膨大な税務データから導き出し、事実として提示している。山本氏は、「一部の金持ちにお金が集まり、一般の人々は搾取されていることが明解に描かれている」と述べた。また、本作を文部省推薦で学校教育にも取り入れるべきと提案し、中学生からでもわかる内容になっているので、中学生から本作を授業で観せるべきだと熱弁。最後に、このコロナ騒ぎの中ではあるが一人でも多くの人に必ず観てほしいと言い残した。

 

 

フランスの経済学者トマ・ピケティによるベストセラー「21世紀の資本」を映画化した社会派ドキュメンタリー『21世紀の資本』は3月20日(金)より新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷、アップリンク吉祥他全国順次公開。

 

 

監督:ジャスティン・ペンバートン

監修:トマ・ピケティ

製作:マシュー・メトカルフ

編集:サンディ・ボンパー

撮影:ダリル・ワード

音楽:ジャン=ブノワ・ダンケル

原作:トマ・ピケティ「21世紀の資本」(みすず書房)

出演:トマ・ピケティ ジョセフ・E・スティグリッツ 提供:竹書房 配給:アンプラグド 日本語字幕:山形浩生 2019年/フランス=ニュージーランド/英語・フランス語/ 103分/カラー/シネスコ/5.1ch

©2019 GFC (CAPITAL) Limited & Upside SAS. All rights reserved

 

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください