映画
ゲーム

映画『デッド・ドント・ダイ』ジャームッシュのラブコールにより初タッグ!! セレーナ・ゴメスの本編映像&新画像到着! スタージル・シンプソンの描き下ろし曲 「デッド・ドント・ダイ」がお気に入り?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

<STORY>

アメリカの田舎町センターヴィルに、何やら恐ろしくゾッとする影が・・・。3人だけの警察署で働くロバートソン署長(ビル・マーレイ)とピーターソン巡査(アダム・ドライバー)は、ダイナーでの変死事件を皮切りに、思わぬ事態に巻き込まれていく。次々と墓場から蘇えり、町に溢れる死者たち。どうやら生前の活動に引き寄せられているようだ。日本刀を携えて救世主のごとく現れた葬儀屋のゼルダ(ティルダ・スウィントン)も加わり、時間を追うごとに増殖していくゾンビたちに立ち向かう。

彼らを待ち受けるのは、希望か、それとも絶望か・・・!?

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

この度、ジム・ジャームッシュ監督最新作『デッド・ドント・ダイ』が、4月3日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほかにて全国公開いたします。本作は、2016年、バス運転手の何気ない日常を切り取って日本でも大ヒットした『パターソン』より前から監督が構想を温めていたという、3年ぶりの最新作。世界中の映画ファンからリスペクトを受ける鬼才ジム・ジャームッシュがついにソンビ映画を手掛けたことで話題沸騰!昨年の第72回カンヌ国際映画祭のオープニング作品として初披露されるや、「大爆笑!」(The Hollywood News)、「この世のものとは思えない、凄いキャスト」(Awards Daily)、「ビル・マーレイとアダム・ドライバー、最高の二人」(Nightmare On Film Street)、「ゾンビジャンルへの楽しい試み」(The Hollywood Reporter) などメディアから熱いレビューが続々と寄せられ、熱狂を呼びました!『ゴーストバスターズ』シリーズ、『ゾンビランド』シリーズなどホラーコメディは十八番(!?)ジャームッシュ監督とは4度目のタッグとなる名優ビル・マーレイと、前作『パターソン』でも主演を務め、『スター・ウォーズ』最新3部作でのカイロ・レン役、『マリッジ・ストーリー』で今年のアカデミー賞主演男優賞にノミネートされるなど、今ハリウッドで最も熱い俳優、アダム・ドライバーとのW主演!さらに、ティルダ・スウィントン、クロエ・セヴィニー、スティーヴ・ブシェミ、トム・ウェイツなど個性派揃いの常連組から、セレーナ・ゴメス、ダニー・グローヴァー、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズなど、新たに加わったベテランや若手スターまで、これまでのジャームッシュ監督作品の中でもひときわ豪華に、史上最強のファミリーが集結しました!すでに海外版予告の字幕版が解禁されている本作には、SNS上で「これはwwwジム・ジャームッシュやりたい放題かよ」、「楽しみしかなくて発狂しそう」、「1億パーセント面白いと確信している」など、期待あふれる声が殺到中!世界を興奮に包んだ、最高に愛すべきゾンビ・コメディーが、いよいよ日本にやってきます!

 

今回、本作で初めてジャームッシュ・ファミリーの仲間入りを果たしたセレーナ・ゴメスの本編映像が解禁となります。

 

 

本作で、世界的ポップスターで女優のセレーナ・ゴメスが演じるのは、自動車旅行の途中でたまたまこの田舎町を訪れ、ゾンビ騒動に巻き込まれてしまった都会っ子のゾーイ役。ディズニー・チャンネルのドラマで7歳でデビューしモデルやシンガー、慈善活動家としても活躍。1億5200万人を超えるインスタグラムのフォロワーを持ち、アカウントを消去するまでは長らく「最もフォロワー数の多い女性」として君臨していた。2016年の体調不調から見事に復帰すると、これまでのイメージを一転する作品への出演を果たしたセレーナ。そしてそのオファーの理由は、意外にもジャームッシュ監督はセレーナファンで、ヒット曲『バッド・ライアー』を「間違いなく見事で、草分け的なポップミュージック」と絶賛!彼の愛娘もセレーナのことを応援しているファンだそう。このキャスティングには父娘そろって喜んだかも…????ジャームッシュ監督は、彼女が演じるキャラクターについて、「偶然センターヴィルにたどり着く、若くてきれいな旅行者をイメージしていた」と明かす。彼は今回、劇中に多様な世代の人を出したいと思っていたとかで、セレーナと旅行仲間は、彼女たちと同年代のグループを代表し、怖いもの知らずの自由を象徴する役割を担っているのだとか。

 

解禁された本編映像は、ちょうど彼女らが町に到着したばかりの1シーン。雑貨店を営むホラーオタクの青年ボビー(ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ)の店へ、ガソリンの補給と買い出しに訪れた一幕が切り取られている。そんな中で最も注目なのが、セレーナが何気なく手に取るあるCD。実は本作、映画の全編に流れるテーマソングとして、ジャームッシュから直々に依頼を受けたグラミー賞アーティスト、スタージル・シンプソンが書き下ろし曲を提供しており、映像内でセレーナ演じるゾーイがこの曲について「大好きよ」と絶賛しているのだ。映画と同タイトルの「デッド・ドント・ダイ」という曲で、劇中の世界では、CDが12ドルで売られている。

 

流麗なメロディと歌声で観る者の耳を不思議と癒やし、開いた口がふさがらないほど想像を超えたエンディングへと誘うそのカントリーナンバーとなっているこの曲。このうえなくチャーミングなジャームッシュ流アポカリプスに軽やかな無常観を吹き込んでいるのだが、米国では本編に登場するのと全く同じジャケットで現実世界でも同曲のCDが発売されており、手に取ればゾンビ映画の世界へ足を踏み入れた気分になれるかも!?

 

監督・脚本:ジム・ジャームッシュ (『パターソン』 『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』)

出演:ビル・マーレイ、アダム・ドライバー、ティルダ・スウィントン、クロエ・セヴィニー、スティーヴ・ブシェミ、ダニー・グローヴァー、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、イギー・ポップ、セレーナ・ゴメス、 トム・ウェイツ

2019年/スウェーデン、アメリカ/英語/104分/アメリカンビスタ/カラー/5.1ch/原題:THE DEAD DON’T DIE/日本語字幕:石田泰子 提供:バップ、ロングライド 配給:ロングライド 公式サイト: longride.jp/the-dead-dont-die/ #デッドドントダイ ©️2019 Image Eleven Productions, Inc. All Rights Reserved.

 

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください