アニメ

『スキャンダル』本編映像&応援コメント解禁ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

<STORY>

密やかな爆弾は、彼女の「告白」で着火した――

全米最大テレビ局の、あの衝撃のスキャンダルの全貌が暴かれる!これは、実話。

2016年、アメリカで視聴率NO.1を誇るニュース放送局「FOXニュース」の元人気キャスターのグレッチェン・カールソンが、テレビ界の帝王として君臨していた同社CEOのロジャー・エイルズを提訴。そのスキャンダラスな報道にメディア界が揺れた――。

騒然とする局内。看板番組を背負う売れっ子キャスターのメーガン・ケリーは、上り詰めるまでの自身のキャリアの過程を振り返り心中穏やかではなくなっていた。一方、メインキャスターの座を狙う貪欲な若手のケイラ・ポスピシルは、ロジャーと対面する機会を得ていた――。

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

2016年、アメリカニュース放送局で視聴率NO.1を誇る「FOXニュース」に激震が走った! クビを言い渡されたベテランキャスターのグレッチェン・カールソンが、TV業界の帝王と崇められる同社CEOのロジャー・エイルズを告発したのだ。騒然とする局内。看板番組を背負う売れっ子キャスターのメーガン・ケリーは、自身の成功までの過程を振り返り心中穏やかではなくなっていた。一方、メインキャスターの座を狙う貪欲な若手のケイラ・ポスピシルは、ロジャーに直談判するための機会を得て――。

 

実際に起きたスキャンダルを描いた本作、この事件を葬ってはならないと決意した『マネー・ショート 華麗なる大逆転』のアカデミー賞受賞脚本家がシナリオを書き上げ、映画化が実現!世界の映画賞を席巻し、話題を呼んでいます。

 

メーガンには、アカデミー賞に輝いた『モンスター』を超える演技と絶賛されるシャーリーズ・セロン。本作ではプロデューサーにも志願。グレッチェンには、アカデミー賞女優のニコール・キッドマン。ケイラには、アカデミー賞にノミネートされた最旬女優のマーゴット・ロビー。第77回ゴールデン・グローブ賞ではシャーリーズ・セロンが主演女優賞【ドラマ部門】、マーゴット・ロビーが助演女優賞にノミネート、さらに第92回アカデミー賞ではシャーリーズ・セロンが主演女優賞、マーゴット・ロビーが助演女優賞にノミネート、カズ・ヒロ(辻一弘)が率いるチームがメイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞しました!今のハリウッドを背負う3大女優が、それぞれ立場も年代も違う女たちの、華麗なる戦いと逆転劇を鮮やかに体現した、本年度必見の傑作が2月21日より遂に日本公開!!

 

この度、本編映像を解禁。ニコール・キッドマン演じるFOXニュースのベテランキャスターグレッチェン・カールソンが、CEOであるロジャー・エイルズのハラスメントを告発し提訴しようと弁護士に相談を持ち掛けるシーン。これまでロジャーからどんな発言があったか、その内容を詳細に残してきたメモを片手に説明する彼女に「FOXを訴えて勝つ者はいない」と断言する弁護士。それでも確固たる意志で引き下がる様子のないグレッチェンに対しさらに「彼が知ったらクビでは済まない。巨額の訴訟を起こすでしょう。」と追い打ちをかけるように、その覚悟を確認する。これまで多くの女性たちが泣き寝入りしていた問題に立ち向かおうとするグレッチェンの強い眼差しが導く運命とは―。

 

 

さらに、一足先に本作を鑑賞した著名人より、熱い応援コメントが多数到着!

 

作家の田嶋陽子さん、映画監督の白石和彌さん、キャスターの安藤優子さんや小川彩佳さんなど、この時代に本作を観る意義を提示してくれる熱いコメントが寄せられた。

 

■映画を観た後、悔しくて一睡もできなかった。

アメリカではこんな映画が作れてしまうなんて、こんな女性たちがいるなんて、、

日本はもっと頑張らないと。本作が行動のきっかけになって欲しいと思う。

田嶋陽子(作家)

 

■権力のハラスメント許すまじという気概が並々ならぬ覚悟で迫ってくる。

3人の女優が有無を言わせぬ眼力と美しさで超カッコいい。

それでいて極上のエンタメに仕上げる腕前。

今年一発目に喰らった目の醒めるような映画です。

白石和彌(映画監督)

 

■真実は永遠に闇に葬られたと思っていたあの“スキャンダル”、正義と野望、

ハリウッドを代表する女優3人が演じきった勇気に敬意を表したい。

安藤優子(ニュースキャスター)

 

■これは華やかな女たちの醜い争いの話ではない。

美しいシスターフッドの話でもない。やりきれない現実の話だ。

権力者のセクハラを受けた女性たちの、それぞれに孤独な闘いの物語である。

小島慶子(エッセイスト、タレント)

 

■気軽に鑑賞すると、ヤケドします。

セクハラを産むシステムの複雑さと人々の機微。

同じ職に身を置く私にとっては

もはやホラーな生々しさ・・・!

葛藤しつつ強かに生き抜く女性たち、

そして事件から僅か3年、実名で再現しきった

製作陣の心意気に、脱帽です。

小川彩佳(キャスター)

 

■大統領選挙に絶大な影響を持つフォックスニュース。

アメリカの分断を助長させたと言われてるがそのテレビ局のトップが女性キャスター

たちを分断。

ライバルで嫉妬深い女性たちが協力して「ワンチーム」でパワハラ上司を倒せるか。

何より3人の女優がリアル過ぎる!

日本でも「女子アナ」の話題が多いがアメリカの緊迫した現場から目を離せない。

セクハラ・パワハラが許されない時代にまさにニュースの「原稿」犯。

これ以上のスキャンダルは報道報道にして!

デーブ・スペクター(放送プロデューサー)

 

■いや、だってマジで言いにくいことじゃん!!と。

そして演技もヤバくて。勇気と救いの映画をありがとう!

YOU(タレント)

 

■3人の演技が素晴らしい力作!

現実の話であること、そして伊藤詩織さんも同じような話であることを忘れずに…。

ピーター・バラカン(ブロードキャスター)

 

■有名女優が特殊メイクで全然別の有名人になる!

C・セロンの狂気が、まだ生々しい事件それ自体を吹き飛ばすスキャンダラス。

菊地成孔(音楽家・文筆家)

 

■この3人が、セクハラ事件を描くために集まった。

フェミニストの自分は、それだけで泣いてしまいます。

山内マリコ(作家)

 

■セクハラ加害者は女性同士を競わせる。

だから、この映画の女性たちは、手を取り合う形では連帯はしない、というより、できない。

だから、一瞬視線を交わし合う、ふとした瞬間に彼女を思う。

エレベーターで横に並ぶヒロインたちは、我々にできる連帯の形は一つではない、と

教えてくれた。

柚木麻子(作家)

 

■メディアは口先では人権や平等の尊重を訴えるが、その業界は旧態依然たる男社会の悪弊を随所に残している。

男どもによる権力濫用が罷り通っているのだ。

これは、その体制を蹴り倒す女たちの聖戦の物語だ。

宮崎哲弥(評論家)

 

■自らの命をかけて、生を産みだす女は強い。

そろそろそれをわかれ。

所詮、お釈迦様の手の平の上。

室井佑月(作家)

 

■シャーリーズ・セロンは本物より本物らしい(!)メーガン・ケリーだ。

権力による性的搾取にノーと言えるか。究極のフェアネスが問われている。

三浦瑠麗(国際政治学者)

 

■男が牛耳るニュース放送局FOX NEWSで“女の客体化と戦う女たち”にフォーカスした映画ながらも、シャリーズ・セロン、二コール・キッドマン、マーゴット・ロビーを筆頭に、強く正しく美しく戦う女性の姿はまさに眼福。

クリス ウェブ 佳子( モデル・コラムニスト)

 

■監督:ジェイ・ローチ 『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』

■脚本:チャールズ・ランドルフ 『マネー・ショート 華麗なる大逆転』(アカデミー賞脚色賞受賞)

■出演:シャーリーズ・セロン 『モンスター』(アカデミー賞主演女優賞受賞)

ニコール・キッドマン 『めぐりあう時間たち』(アカデミー賞主演女優賞受賞)

マーゴット・ロビー 『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』(アカデミー賞主演女優賞ノミネート)

ジョン・リスゴー 『愛と追憶の日々』(アカデミー賞助演男優賞ノミネート)

原題:BOMBSHELL/2019/アメリカ・カナダ/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/109分/字幕翻訳:松浦美奈

■コピーライト: © Lions Gate Entertainment Inc.

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください