アニメ
ゲーム

『アナ雪2』のモデル「サーミ」描く映画『サーミの血』アップリンク渋谷にて1週間限定再公開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【以下プレスリリース文掲載】

 

日本での動員1,000万人突破と現在大ヒット上映中の映画『アナと雪の女王2』。
クリストフや、架空の民族「ノーサルドラ」のモデルになったと言われるのが、北欧の先住民「サーミ」です。
アップリンクは、2017年に日本公開した映画『サーミの血』を2月7日(金)よりアップリンク渋谷にて1週間限定公開いたします。
映画の主な舞台となる1930年代、スウェーデンのサーミは他の人種より劣った民族として差別されていました。
監督のアマンダ・シェーネルはサーミの血を引いており、また、主演のレーネ=セシリア・スパルロクは、今もノルウェーでトナカイを飼い暮らしているサーミであり、劇中の民族衣装、小道具、トナカイの扱いなどはすべて正確に再現されています。
『アナと雪の女王』第1作は、「クリストフがサーミのトナカイ飼いに似た衣装を着ているのにサーミ民族に見えない」など、ノルウェーが舞台となっているのにサーミの文化を軽視しているとSNSなどで批判を受けました。
そこでディズニーは今回の続編にあたり、サーミの代表と契約を締結し、専門家のアドバイスを求め、さらに北サーミ語の吹き替え版を作成し、ノルウェー語版と同時に公開するなど、敬意をもってサーミの文化を表現することを約束したそうです。
エンドクレジットにもスペシャルサンクスとしてサーミの人々への感謝の言葉が記されています。
『アナと雪の女王2』でサーミ人の文化に興味を持たれた方は、ぜひ『サーミの血』をスクリーンでご覧ください。
映画『サーミの血』
1930年代、スウェーデン北部のラップランドで暮らす先住民族、サーミ人は差別的な扱いを受けていた。
サーミ語を禁じられた寄宿学校に通う少女エレ・マリャは成績も良く進学を望んだが、教師は「あなたたちの脳は文明に適応できない」と告げる。
そんなある日、エレはスウェーデン人のふりをして忍び込んだ夏祭りで都会的な少年ニクラスと出会い恋に落ちる。
トナカイを飼いテントで暮らす生活から何とか抜け出したいと思っていたエレは、彼を頼って街に出た―― 。
■監督・脚本:アマンダ・シェーネル
■音楽:クリスチャン・エイドネス・アナスン
■出演:レーネ=セシリア・スパルロク、ミーア=エリーカ・スパルロク、
マイ=ドリス・リンピ、ユリウス・フレイシャンデル、オッレ・サッリ、ハンナ・アルストロム
■後援:スウェーデン大使館、ノルウェー王国大使館
配給・宣伝:アップリンク
(2016年/スウェーデン、ノルウェー、デンマーク/108分/南サーミ語、スウェーデン語/原題:Sameblod/DCP/シネマスコープ)
2020年2月7日(金)~2月13日(木)アップリンク渋谷にて1週間限定公開
 
【アップリンク渋谷公式ページ】https://shibuya.uplink.co.jp/movie/2020/55662

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください