映画

『世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ』予告編 解禁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

予告編

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

この度エミール・クストリッツァ監督の最新作『世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ』が、
3月27日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかにて公開する運びとなりました。
つきましては、南米ウルグアイの第40代大統領ホセ・ムヒカの波乱万丈の人生と功績、
愛くるしい人となりが映し出された予告編が完成致しました。
2度もノーベル平和賞にノミネートされた彼が語る大切な言葉は、私たちに大きな共感と深い感動を与えてくれます。
ぜひご紹介よろしくお願い申し上げます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「ムヒカさん、今の世界はどうですか?」

収入の大半を貧しい人々に寄付し、質素でありながらも心豊かな暮らしを実践する
ホセ・ムヒカの人生に、名匠エミール・クストリッツァが迫る

収入の大半を貧しい人々のために寄付し、職務の合間にはトラクターに乗って農業に勤しむ。

まん丸な体と優しい瞳。風変わりだけど自然体で大統領という重責を担った、南米ウルグアイの第40代大統領ホセ・ムヒカ。
国民のより良い生活のために自己犠牲をいとわず、予想外の政策を打ち出す彼の姿に憧れる映画監督がいた。
それは故郷ユーゴスラビアの混沌とした時代と庶民をパワフルに描き、世界三大映画祭で絶賛された名匠エミール・クストリッツァ。
民族や宗教対立が郷を引き裂く悲劇に巻き込まれたクストリッツアは、トラクターに乗る大統領の存在を知り、
「世界でただ1人腐敗していない政治家だ」と直感。2014年からムヒカの撮影を開始し、
大統領としての任期満了する感動の瞬間までをカメラに収めた。
極貧家庭に育ち、左翼ゲリラとして権力と戦い、13年に及ぶ苛烈な拘留生活を経て、大統領として国民に愛されたムヒカ。
波乱万丈の人生が終盤にさしかかった彼が語る言葉に、今こそ耳を傾けたい。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

監督:エミール・クストリッツァ『アンダーグラウンド』『オン・ザ・ミルキー・ロード』
出演:ホセ・ムヒカ、ルシア・トポランスキー
2018年/アルゼンチン・ウルグアイ・セルビア映画/スペイン語/ビスタ/5.1ch/74分/
原題:El Pepe, Una Vida Suprema(c) CAPITAL INTELECTUAL S.A, RASTA INTERNATIONAL, MOE
配給:アルバトロス・フィルム
公式サイト:pepe-movie.com
公開表記:3月27日(金) ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか公開

本編・予告編コピーライト(c) CAPITAL INTELECTUAL S.A, RASTA INTERNATIONAL, MOE
場面写真コピーライト:(C)CAPITAL INTELECTUAL S.A

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください