映画

映画『ケアニン~こころに咲く花~』予告編&公開日解禁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【以下プレスリリース文掲載】

 

<ストーリー>

ケアニンの仕事を追求すべく、小規模施設から大型の特別養護老人ホームに転職した介護福祉士の大森圭。しかし、「多くの利用者に対応するため」という目的の元に、効率やリスク管理を優先する運営方法に、大きな戸惑いを隠せないでいた。そんな中、認知症の老婦人・美重子が入所してくる。美重子を自宅で介護してきた夫の達郎は、施設を信用できず、担当の圭にも厳しくあたる。それでも、友人の美容師を施設に呼んで美容サロンを開催するなど、美重子や利用者のために奔走する圭。しかし、その行動も職場のチームワークを乱していると上司や理事長から叱責されてしまう。そんな折、圭は達郎のある「願い」を知ることになる―

 

劇場公開から3年、全国各地のホールにて1,200回を越えてもなお、国内外から上映会のオファーが鳴りやまない映画「ケアニン〜あなたでよかった〜」。そんな「ケアニン」シリーズの新作映画「ケアニン〜こころに咲く花〜」の公開日が2020年4月3日(金)に決定し、併せて予告編が解禁された。

 

 

今回の予告編では、大森圭(戸塚純貴)の転職先である大型の特別養護老人ホームの普段の様子から始まる。3年ぶりにスクリーンに帰ってくる大森圭は、たとえ働く場所が変わっても前作の小規模施設での経験を踏まえた上で、利用者やその家族たちとまっすぐに向き合う姿勢を貫いていた。本作のキャッチコピーにもなっている「認知症になっても、その愛だけは僕が消させない」という熱い信念を持って生きる、より成長した大森圭の姿に、きっと誰もが元気づけられるはずだ。

そのほか、脇を固める実力派の面々やシリーズではお馴染みとなった出演者たちも次々に登場。前作から引き続いて本作でも主題歌を担当する、香川裕光の「Wedding Day」が物語に華を添える。そして最後の、美重子の夫・達郎(綿引勝彦)の「母さん(妻・美重子)との約束を、最後に果たしてあげたい。」という気持ちのこもった一言には、予告編だけでも涙を誘われることだろう。 達郎が果たしたい最後の約束とは一体何なのか?本作にますます期待が高まる予告編となっている。

 

本作の舞台は大型の介護施設。主演の戸塚純貴演じる大森圭は慣れないルールの中、認知症の老婦人・美重子(島かおり)とその夫・達郎(綿引勝彦)の50年間の夫婦の深い愛情の中で、本当の介護の在り方に苦悩する。出演者には前作からの大森圭の先輩役の松本若菜や、二人が働いていた小規模介護施設の社長役の小市慢太郎も出演。さらにケアニンのスピンオフ作品である『ピア~まちをつなぐもの~』(19)の主演である細田善彦も友情出演で登場するなど、シリーズ作品としても楽しめる内容となっている。 尚、今回のタイトルについた”~こころに咲く花~”は、介護施設の利用者やその家族、現場の介護職や管理職など、介護に関わっている方々の心の中にそれぞれの花(希望、未来、思い出など)を咲かせて欲しい、という願いが込められている。 本作は、様々な介護施設に協力をいただき、介護現場への取材を重ね書き下ろしたオリジナルストーリー。

 

2020年4月3日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開。

映画『ケアニン~こころに咲く花~』公式サイト(http://www.care-movie.com/2/

 

 

戸塚純貴 島かおり 綿引勝彦 赤間麻里子 渡邉蒼 秋月三佳 中島ひろ子 浜田学 小野寺昭 吉川莉早 鰐淵恵美 島丈明 坂本直季 牧口元美 / 松本若菜 細田善彦 小市慢太郎

監督:鈴木浩介

企画・原作・プロデュース:山国秀幸

脚本:藤村磨実也・山国秀幸

プロデューサー:吉見ヒデキ

アソシエイトプロデューサー:彦惣康宏・小川明日香

製作:原尚樹 有馬一昭 長田安正 野村弘幸 清水厚志

製作:「ケアニン2」製作委員会 (ワンダーラボラトリー/ JR西日本コミュニケーションズ/イオンエンターテイメント/ユナイテッドエンタテインメント/アイ・ピー・アイ/エイチエムプラス/朝日放送テレビ) 制作:エイチエムプラス 配給:ユナイテッドエンタテインメント 共同配給:イオンエンターテイメント

(c)2020「ケアニン2」製作委員会

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください