映画

2月28日公開『霧の中の少女』公開決定&ポスタービジュアル解禁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【以下プレスリリース文掲載】

 

イタリアの作家ドナート・カリシの同名ベストセラー小説をカリシ自身が映画化し、トニ・セルヴィッロとジャン・レノの初共演が実現したミステリー映画『THE GIRL IN THE FOG(原題)』の邦題が『霧の中の少女』に決定し、2月28日(金)より、kinocinema横浜みなとみらい他にて全国順次公開する運びとなりました。

 

カリスマ警部を翻弄する少女失踪事件の謎

霧のかなたに隠された驚愕の真実に、あなたは辿り着けるか—。

その世にも奇妙な事件は、妖しい霧が立ち込めるクリスマス・シーズンの田舎町アヴェショーで起こった。地元の純真な少女アンナ・ルーが、教会に行くため自宅を出てまもなく忽然と消えてしまったのだ。捜査の指揮を執るため都会からやってきたヴォーゲル警部は、この目撃情報も物証も一切ない事件を何者かによる誘拐だと断定し、メディアの好奇心をあおってセンセーションを巻き起こす独特の捜査手法を実践していく。やがてヴォーゲルは捜査線上に浮かび上がったマルティーニ教授を容疑者と見なして追いつめるが、正体不明の連続誘拐魔“霧の男”に関する情報がもたらされ、ヴォーゲルの“完璧なる捜査”は根底から覆されていくのだった……。

 

『グレート・ビューティー/追憶のローマ』や『イル・ディーヴォ -魔王と呼ばれた男-』、『LORO(ローロ) 欲望のイタリア』における名匠パオロ・ソレンティーノとのコラボレーションで絶賛を博し、日本でも多くのファンを獲得したトニ・セルヴィッロ。この“イタリアの至宝”とも呼ばれる世界的な名優に「脚本の質の高さに心を奪われた」と言わしめた『霧の中の少女』は、アルプス近郊の山間の町で発生した少女失踪事件の意外な成り行きを描いたミステリー・スリラーだ。セルヴィッロを驚嘆させた脚本と、その原作小説の作者であるミステリー作家ドナート・カリシの監督デビュー作。さらに『グラン・ブルー』『レオン』など幾多のヒット作でおなじみのジャン・レノとセルヴィッロとの初共演が実現したことも特筆すべきである。

 

 

ドナート・カリシの同名ベストセラー小説をカリシ自身が映画化。

 

ごく普通の人間の“心の闇”に切り込む、深遠なるミステリー。

 

本作の最大の見どころは、イタリアのミステリー作家としてベストセラーを世に送り出しているドナート・カリシ監督が創出したストーリーとキャラクターの妙にある。少女失踪事件の解明に挑む主人公ヴォーゲルは、巧妙にメディアを操って藪の中の犯罪者をあぶり出す型破りな捜査官。常にカリスマ的な威厳に満ちあふれたこの男は、狙った獲物=容疑者は絶対に逃がさない。ところが今回の事件はヴォーゲルを嘲笑うかのように異様な展開を見せ、その行く手には観る者の想像をも超えた驚愕の真実が待ち受けている。はたして霧のかなたに消えた純真な少女は、どこへ連れ去れたのか。神出鬼没の連続誘拐魔“霧の男”は、本当に存在するのか。すべての答えが明らかになる衝撃的なラスト・シーンまで、一瞬たりとも目が離せない。

 

大学の卒業論文で連続殺人犯をテーマに選び、犯罪学と行動科学を研究したというカリシ監督は、ミステリー作家として成功を収める前から、このジャンルのスペシャリストとしての知識を蓄えてきた。「数多くのどんでん返しと謎、独特の感情、サスペンス」こそがスリラーに必要不可欠な要素だと語るストーリーテラーが、この監督デビュー作で遺憾なく手腕を発揮。念入りな伏線やミスリードを張り巡らせて観る者を翻弄しながら、ごく普通に社会に溶け込んで生活している人間の心の闇に切り込み、“平凡な悪”という主題を探求したドラマも見応え十分である。ちなみにカリシ監督は、ダスティン・ホフマンとトニ・セルヴィッロを主演に迎えた第2作『Into the Labyrinth』(原題 L’uomo del labirinto)をすでに完成させており、今後さらなる活躍が期待されている。

 

 

監督/原作:ドナート・カリシ

出演:トニ・セルヴィッロ、アレッシオ・ボーニ、ジャン・レノ

2017年/イタリア/イタリア語/カラー/SCOPE/5.1ch/128分/

原題:THE GIRL IN THE FOG/

日本語字幕:岡本太郎 配給:キノフィルムズ・木下グループ girl-fog.jp

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください