ゲーム

『ソニック・ザ・ムービー』日本語吹替特報を公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

「ソニック」シリーズは、1991年に株式会社セガ・エンタープライゼス(現・株式会社セガゲームス)から発売された『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』以来、様々なゲーム機向けに展開された大ヒットシリーズ。目にも止まらぬスピードでゲームステージを駆け抜ける革新的なゲーム性と、音速で走る青いハリネズミ「ソニック」のクールなキャラクターが日本を始め、世界のゲームファンの心をつかみ、愛され続けています。そして、全世界でシリーズ累計約9.2億本※を記録した日本発の大人気キャラクターがハリウッドで完全実写映画化!それが、『ソニック・ザ・ムービー』(配給:東和ピクチャーズ)。2020年3月27日(金)に全国ロードショーです。

 

Sonic (Ben Schwartz) in SONIC THE HEDGEHOG from Paramount Pictures and Sega. Photo Credit: Courtesy Paramount Pictures and Sega of America.

 

『ワイルド・スピード』シリーズのニール・H・モリッツと、『デッドプール』のティム・ミラーがプロデュース、アカデミー賞短編アニメーション部門ノミネートのジェフ・ファウラーが実写初監督に大抜擢され、才能溢れるキャスト・スタッフが勢ぞろい!なぜ彼はいつもパワー全開で、自信にみなぎり、勇気に満ちあふれているのか?この春、【仲間が欲しい!】と願っていたソニックの知られざる誕生の秘密が明かされる!

この度、日本語吹替版30秒特報を解禁いたします!

 

 

故郷を離れ遠い地球にやってきたソニックが、ひょんなことから出会った保安官トム(ジェームズ・マースデン)と相棒となり、ソニックのスーパーパワーを狙うドクター・ロボトニック(ジム・キャリー)の野望を阻止するために大冒険を繰り広げる本作。このほど解禁された日本語吹替版30秒特報も、ソニック自慢の超高速アクションで世界中を駆け巡りながら、追ってきた大型車を吹っ飛ばしクールな表情を浮かべたり、トムの愛犬と張り合いつつ一瞬にして打ち解けるチャーミングな一面も垣間見られ、「ヘヘっ!」「よせって!降参、降参~!」とティーンエイジャーらしい少し調子乗りで憎めない魅力も全開!激しいピンチの連続にもトップギアで立ち向かっていく、スーパー・スピード・アドベンチャーに期待高まる疾走感満載な仕上がりです!

そして気になる、本国アメリカではベン・シュワルツ(『スター・ウォーズ』シリーズ BB-8役など)が声優を務めているソニックを、果たして日本では誰が演じているのかも近日中に発表予定。令和初の年またぎ、『ソニック・ザ・ムービー』の続報から目が離せない!

 

■監督:ジェフ・ファウラー

■製作:ニール・H・モリッツ(『ワイルド・スピード』シリーズ)、ティム・ミラー『デッドプール』

■出演:ベン・シュワルツ、ジェームズ・マースデン、ジム・キャリー、ティカ・サンプター

■全米公開:2020年2月14日

■原題:Sonic the Hedgehog

■配給:東和ピクチャーズ

■公式サイト:sonic-movie.jp

■コピーライト:©2019 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください