映画

『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』これであなたも名探偵!容疑者全員総まとめの人物相関図を大公開!ライアン・ジョンソン監督のコメント到着

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【以下プレスリリース文掲載】

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のライアン・ジョンソン監督が、アガサ・クリスティーに捧げて脚本を執筆したオリジナル作品『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』。脚本に惚れ込んだ『007』シリーズのダニエル・クレイグ、『アベンジャーズ』シリーズのクリス・エヴァンスを筆頭に、オスカー俳優クリストファー・プラマー、アナ・デ・アルマス、ジェイミー・リー・カーティス、トニ・コレット、ドン・ジョンソン、マイケル・シャノンら豪華キャストが結集。今年のトロント国際映画祭で初披露されるや会場を熱狂で包み、満を持して11/27(水)サンクスギビングに全米3,461館で封切られると、オープニング興行成績4,170万ドル(※11/27~12/1Box Office Mojo調べ)、見事、実写第1位を記録し大ヒットスタートを飾った。「楽しすぎて、脳みそが、痛い。」(HuffPost)、「今年No.1、抜群に面白い」(Mashable)、「アガサ・クリスティーの現代版、超最高!」(RollingStone)などの激暑レビューに加え、米レビューサイト、ロッテントマトではなんと批評家、オーディエンス共に、驚異の満足度96%を記録(11/24時点)。映画界からも『スター・ウォーズ』シリーズのマーク・ハミル、エドガー・ライト(ベイビー・ドライバー)、J・A・バヨナ(『ジュラシック・ワールそ 炎の王国』)、フィル・ロード(『スパイダーマン:スパイダーバース』)など一流の俳優や作り手たちから大絶賛を浴びる話題作です。

 

殺人事件の第一容疑者となったのは、それぞれが秘密を抱える“複雑な家族”たち!?

豪華キャスト演じる“ひと癖もふた癖もある”キャラクターたちを総まくりする相関図を大公開! 監督が大家族を描いた経緯を明かすコメントも!

 

NYの豪邸で世界的ミステリー作家ハーラン・スロンビー(クリストファー・プラマー)の85歳の誕生日パーティーが開かれた翌朝、遺体で発見される。名探偵ブノワ・ブラン(ダニエル・クレイグ)は、匿名の人物からこの事件の調査依頼を受けることになる。パーティーに参加していた資産家の家族や看護師、家政婦ら屋敷にいた全員が第一容疑者。調査が進むうちに名探偵が家族のもつれた謎を解き明かし、事件の真相に迫っていく―。

 

今回、豪華キャストが演じる、事件当夜豪邸に居合わせた家族や家政婦、看護師のキャラクターを相関図と共にまとめて紹介する。これがあれば、あなたも名探偵の仲間入りが出来る、必須アイテムの公開だ!

 

まず事件の被害者であり、誕生日の夜に謎の死を遂げるのは、豪邸の持ち主ハーラン・スロンビー。ミステリー作家として成功を収めており、莫大な資産を抱える大富豪だ。彼には長女リンダ(ジェイミー・リー・カーティス)、次男ウォルト(マイケル・シャノン)、亡き長男という3人の子供がいる。リンダには夫リチャード(ドン・ジョンソン)と、一族の異端児である息子ランサム(クリス・エヴァンス)がいる。ウォルトには妻のドナ(リキ・リンドホーム)と息子のジェイコブ(ジェイデン・マーテル)がおり、そして長男の妻ジョニ(トニ・コレット)とその娘のメグ(キャサリン・ラングフォード)も、誕生日を祝うため屋敷にいた。全員が事件の第一容疑者となったことをきっかけに、一見、何不自由ない裕福な家族の裏に隠された、もつれた人間関係が浮き彫りとなっていく。さらに家族だけではなく、普段よりハーランの側に仕える家政婦と看護師も第一容疑者としてマークされる。家政婦のフラン(エディ・パターソン)は、最初にハーランの書斎に入った第一発見者だ。そして専属看護師マルタ(アナ・デ・アルマス)は彼の側に常におり、彼を最もよく知る人物として疑われることになる。

 

ライアン・ジョンソン監督は、ミステリーを通して人間ドラマも味わって欲しいと考えた。「私はこの2つを両立させたかった。謎解きや風変わりな探偵、そしてミステリーの醍醐味である全ての謎が解けるラストシーンの楽しさを維持しつつ、スリラーのかたちを使ってこの家族で実際に起きている問題に観客を引き込みたかったんだ」と、人間味あふれるキャラクターによって共感性を生み出したかったと語る。キャラクターに入り込むにつれ、ジョンソンは自身の大家族を参考に、このミステリーに個人的な要素を織り交ぜずにはいられなくなったと言う。「私は家族ととても仲が良いんだ。こんなひどい家族ではないよ。でも大家族で育ったので、こういった複雑な関係や崩壊している部分はとてもよく理解できた。もちろんそれらが、ユーモアや物語の地盤となるのかもしれない。」と、大家族を軸に進んでいく物語とした経緯を明かした。また、キャスティングの要はこの映画ならではの探偵ブノワ・ブラン役を見つけることだと考え、何でも出来る役者を求めていたというライアンは、「ポアロにしろ、コロンボにしろ、ミス・マープルにしろ、映画の中の探偵にとって重要な共通要素は、完全にシリアスにはならない何かを持っていることだ。ブノワ・ブランを、面白くて欠点のある、純粋に愛せるキャラクターに描こうとした。そしてまさにダニエル・クレイグが素晴らしい人間味をブランにもたらしてくれた。」と語る。先日ジャームズ・ボンド引退を口にしたダニエル・クレイグが新たに選んだキャラクター、名探偵ブランの推理により暴かれていく家族の関係。いったい犯人はだれなのか? そして遺産はだれの手に?

 

ミステリー映画の新たな傑作『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』は、2020年1月31日(金)よりいよいよ日本公開となる!

タイトル:『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』 ※米公開:2019年11月27日

監督&脚本:ライアン・ジョンソン(『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』『LOOPER/ルーパー』)

出演:ダニエル・クレイグ(『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』 )、クリス・エヴァンス(『アベンジャーズ/エンドゲーム』)、アナ・デ・アルマス(『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』)、ジェイミー・リー・カーティス(『ハロウィン』)、ニ・コレット(『ヘレディタリー/継承』)、ドン・ジョンソン(『ジャンゴ 繋がれざる者』)、マイケル・シャノン(『シェイプ・オブ・ウォーター』)、キース・スタンフィールド(『ゲット・アウト』)、キャサリン・ラングフォード(NETFLIX「13の理由」)、ジェイデン・マーテル(『IT/イット”それ”が見えたら終わり』)、クリストファー・プラマー(『ゲティ家の身代金』)

提供:バップ、ロングライド

配給:ロングライド

公式サイト:longride.jp/knivesout-movie #映画ナイブズ・アウト

 

Photo Credit: Claire Folger

Motion Picture Artwork © 2019 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

 

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください