映画

『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』予告編&場面写真解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

<STORY>

1862年ロンドン。天気を予測することが出来ると唱えて荒唐無稽とバカにされ、実験の資金も集められずにいた気象学者のジェームズは、気球操縦士のアメリアに頼み込み、彼女の気球飛行に同乗することを許される。それはアメリアにとっても、夫を亡くした悲しみから立ち直るための決意の飛行だった。美しくも神秘的な雲に魅せられ、突然現れた蝶の群れに驚嘆する二人。だが、前人未到の高度7000メートルを超えた後、想像を絶する自然の脅威が待ち受けていた。

 

【以下プレスリリース文掲載】

19世紀当時、現在では当たり前となった「気象予報」は、荒唐無稽だと言われていた。そんな中でただ一人、気象学者のジェームズ(エディ・レッドメイン)は、天気を解明することが災害への備えや農業への応用につながり、大勢の人間の命を救えると信じ、前人未到の高みを目指していた。しかし、固い決意も虚しく、周囲の学者たちには嘲笑され打ちひしがれていた彼に、訪れた一つの<転機>。それは、優秀な気球操縦士でありながら、飛行時の事故で夫を亡くし失意に暮れていた、アメリア(フェリシティ・ジョーンズ)との運命的な出会いだった――。

予告映像には、様々な想いを抱きながらも共に大空へ旅立つことを決意したアメリアとジェームズに待ち受ける、未知なる衝撃体験が満載!嵐や寒さ、低酸素状態など、想像を絶する困難に、二人が決死に立ち向かうスリル抜群のシーンに加え、雲の上にどこまでも広がる青空や、鳥よりも高高度を飛ぶ蝶の群れとの出会いを映した幻想的なシーンも!この出会いは、実在した気球操縦士のエピソードを元にしたといい、正に<劇場体感型アドベンチャー>と言える、圧巻の映像となっている。音楽を手掛けたのは、『ゼロ・グラビティ』で2014年にアカデミー作曲賞を受賞し、『ベイビー・ドライバー』も手掛けたスティーヴン・プライス。劇中に流れる美しくも力強い楽曲の数々は、壮大な未知の世界観に見事にマッチし、圧倒的な臨場感を放つこと請け合いだ。

 

 

 

併せて、劇中のアメリアとジェームズの姿を収めた場面写真も一挙同時解禁となった。大空を飛ぶ希望を感じながらも、夫を失った記憶から憂いも帯びた複雑な表情を見せるアメリアや、これから初飛行に出る不安を感じながら、凛々しい表情を見せるジェームズ。加えて、舞台となる19世紀ロンドンの雰囲気満点の、ドレスアップした二人の姿も!空の上での繰り広げられるスペクタクルやドラマはもちろん、地上での演技派二人の掛け合いやダンスシーンにも期待が高まる場面写真となっている。

 

主演のフェリシティは、演じるアメリア役について、「彼女は、実にエネルギッシュな人よ。完全に自由な魂の持ち主だから、私は脚本を読んでアメリアを大好きになってしまって、演じていてとても楽しかったわ」とコメント。一方、ジェームズ役のエディも、「この脚本は、僕が今までに読んだどんな脚本とも全く違っていたんだ。直感的に、それが心を動かすものだと思った」と脚本を絶賛。互いに厚い信頼を寄せる“黄金コンビ”が、本作ではどんな化学反応を見せるのか。日本公開決定を受け、『博士と彼女のセオリー』以来の夢のタッグ実現に、SNSでもすでに多くの映画ファンから期待の声が寄せられている。

 

好奇心と勇気が想像を超える未来を連れてくることを教えてくれる、臨場感を限界まで極めた体感型アドベンチャー『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』は、2020年1月17日(金)に公開!

 

 

<作品情報>

監督:トム・ハーパー 脚本:ジャック・ソーン『ワンダー 君は太陽』

音楽:スティーヴン・プライス『ゼロ・グラビティ』

出演:フェリシティ・ジョーンズ『ビリーブ 未来への大逆転』、エディ・レッドメイン『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』、

ヒメーシュ・パテル『イエスタディ』、トム・コートネイ『さざなみ』

配給:ギャガ

© 2019 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.
公式サイト:gaga.ne.jp/intothesky/

GAGA公式Twitter:https://twitter.com/gagamovie

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください