エディ・レッドメイン×フェリシティ・ジョーンズが再タッグ!『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』邦題&来年1月公開決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

<STORY>

1862年ロンドン。天気を予測することが出来ると唱えて荒唐無稽とバカにされ、実験の資金も集められずにいた気象学者のジェームズは、気球操縦士のアメリアに頼み込み、彼女の気球飛行に同乗することを許される。それはアメリアにとっても、夫を亡くした悲しみから立ち直るための決意の飛行だった。美しくも神秘的な雲に魅せられ、突然現れた蝶の群れに驚嘆する二人。だが、前人未到の高度7000メートルを超えた後、想像を絶する自然の脅威が待ち受けていた。

 

【以下プレスリリース文掲載】

2015年、アカデミー賞をはじめ各国の賞レースを席巻し、映画ファンを熱狂させた『博士と彼女のセオリー』。その主演コンビ、フェリシティ・ジョーンズとエディ・レッドメインが、『THE AERONAUTS(原題)』で再びタッグを組む!この度、邦題を『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』として、2020年1月17日(金)より全国緊急公開が決定!また、誰も見たことのない気球での旅を収めた映像美に、期待が高まる場面写真も解禁となった。

舞台は1862年、ヴィクトリア朝時代のロンドン。気象実験のため、気球で前人未到の高度世界記録に決死の覚悟で挑んだ2人の、知られざる実話を描く。主演のフェリシティ・ジョーンズは【自由な気球乗り】アメリア、エディ・レッドメインは【堅物の気象学者】ジェームズを演じる。正反対の性格で対立ばかりのアメリアとジェームズは、共に飛行していく中で次第に心を通わせ、共に困難に挑んでいく。しかし高度が上がるにつれ、予想だにしない出来事が2人を待ち受けていた―。

圧倒的迫力で魅せるカメラワーク、驚異の映像。今から約150年前の信じがたい実話を映画化した本作。いち早く上映されたトロント国際映画祭などを受け、世界のメディアでは「『ゼロ・グラビティ』に続く劇場体感型映画!」(Indie Wire)、「想像を絶する圧倒的臨場感」(The List)など絶賛評が多数寄せらせている。また、アクションシーンが多いフェリシティについて、「ここまでフェリシティが身体を張る女優とは。間違いなく彼女の代表作の一本」(The Playlist)など、キャストに対する好評価も続々と上がり、早くも注目を集めている。

 

監督のトム・ハーパーは、正に劇場体感型エンターテイメントと言える本作について「実際に気球に乗っているような感覚になってもらえるように作った。ぜひ大きなスクリーンで手に汗握る興奮の体験をして欲しい」と熱く語っている。

そして、実際のフランス人の気球操縦士のエピソードを元にしたという、上空4,000メートルでの蝶との幻想的な出会いのシーンなど、前人未到の気球での旅に期待が高まる場面写真も解禁となった。フェリシティとエディが実際に気球で飛んで撮影したという、雄大なロンドンの風景を見渡す写真や、高度1万メートルの雲の上の世界で、どこまでも広がる空を収めた写真からは、本作の息を呑む映像美とアドベンチャー感を垣間見ることが出来る。

好奇心と勇気が、想像を超える未来につながることを教えてくれる、臨場感を限界まで極めた劇場体験型エンターテイメント『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』は、2020年1月17日(金)、遂に日本上陸。

 

監督:トム・ハーパー 脚本:ジャック・ソーン『ワンダー 君は太陽』

音楽:スティーヴン・プライス『ゼロ・グラビティ』

出演:フェリシティ・ジョーンズ『ビリーブ 未来への大逆転』、エディ・レッドメイン『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』、

ヒメーシュ・パテル『イエスタディ』、トム・コートネイ『さざなみ』

配給:ギャガ © 2019 AMAZON CONTENT SERVICES LLC. 公式サイト(解禁時間よりオープンとなります):gaga.ne.jp/intothesky/ GAGA公式Twitter:https://twitter.com/gagamovie

 

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください