『ティーンスピリット』 エル・ファニングの魅力爆発! US版ロング予告公開!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

世界的大ヒットを収めた『ラ・ラ・ランド』のスタッフが再結集!数々の有名監督の作品に引っ張りだこ、今年のカンヌ国際映画祭では審査員を史上最年少で務めるなど、いま映画界で最も信頼の厚い女優と呼び声高いエル・ファニングが主演を務める青春音楽映画『ティーンスピリット』が1月10日(金)に公開する。

イギリスの田舎町、ワイト島。ポーランド移民の母子家庭で育ち、内気で友達も少ない主人公のヴァイオレット(エル・ファニング)にとって、唯一心を解き放つことができるのが「音楽」だった。ある日、ヴァイオレットは数々の有名アーティストを排出する人気オーディション番組”ティーンスピリット”の予選が地元で行われることを知る。今こそ歌手になる夢に挑戦する時だと、自らの歌声ひとつでオーディションに挑む決意をした彼女の未来とは──?

音楽の才能と情熱を秘めた若者たちが予選から熱く競い合い、栄冠を目指すオーディション…そこには過酷なプロセスや、合格/落選という悲喜こもごもなど、夢に向かって突き進む彼らの数々のドラマが存在し、本作はそんなリアルな「舞台裏」を描いた作品だ。そしてこの度、過酷なオーディションに挑むヴァイオレットの葛藤や成長を映し出したUS版ロング予告を公開!

 

今回の予告編では、バイト先のパブで歌うヴァイオレットと偶然出会い、のちに彼女の師となる元オペラ歌手のヴラド(ズラッコ・ブリッチ)やレコード会社の幹部で、オーディション審査員のジュールズ(レベッカ・ホール)といった、キーパーソンたちの台詞が収められている。「歌が好きな人はいくらでもいる。あなたは別物。でもパフォーマーとしては未熟」とジュールズから語られる通り、ヴァイオレットはオーディションの中で大勢のライバルと戦っていくのと同時に、自分と向き合い、そして確固たる意志と自信を身につけていかなくてはならない。そんな彼女に基礎を教えながら、「君ならできる。心から歌え」と親身に声をかける師・ヴラドの存在、「あなたは幼虫。私たちは繭。手を組めば─蝶が生まれるかも」と甘い言葉で、オーディションが終了する前にレコード契約を持ちかけてくるジュールズ。大人の思惑も絡み始めたリアルなオーディション番組の舞台裏で彼女はどう成長していくのか─?

『イングリッシュ・ペイシェント』(96)などを手がけた巨匠、アンソニー・ミンゲラ監督を父に持ち、自身は俳優としても活躍するマックス・ミンゲラ監督は、「この映画はヴァイオレットがどのようにして確固たる意志と自信を身につけていくか、その過程を中心に見つめるが、それは彼女が自由に歌う自信をつけていく過程であると同時に、人に認められなければならないという考えから解放される過程でもある。ヴァイオレットと同じように夢と現実の間の隔たりに苦しんでいる人がいるのなら、この映画が自分の声を信じるインスピレーションになる事を願う」とコメントを寄せている。

オーディションを彩る音楽は『ラ・ラ・ランド』のスタッフチームが担当。ケイティ・ペリーやアリアナ・グランデ、カーリー・レイ・ジェプセンといったヒット・チャートを賑わす人気アーティストの楽曲が使われているほか、ロビンの「ダンシング・オン・マイ・オウン」やエリー・ゴールディングの「ライツ」、シグリッドの「ドント・キル・マイ・ヴァイブ」といったヒットソングをエル・ファニングが吹き替えなしで力強く歌い上げています。スタイリッシュな映像に心をときめかせるような音楽、そしてストーリーのケミストリー。この冬、青春映画+音楽ムービーの魅力が凝縮された『ティーンスピリット』にさらなる期待が高まる!

 

『ティーンスピリット』
監督/脚本:マックス・ミンゲラ
製作:ジェイミー・ベル、フレッド・バーガー(『ラ・ラ・ランド』)
音楽プロデューサー:マリウス・デ・ヴリーズ(『ラ・ラ・ランド』)
音楽監修:スティーヴン・キジッキ(『ラ・ラ・ランド』)
出演:エル・ファニング、レベッカ・ホール
© 2018 VIOLET DREAMS LIMITED.
公式サイト:teenspirit.jp
公式Twitter:@TeenSpiritJP
公式Instagram:@violet_teenspirit

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください