生ける屍大暴走! 映画『サイコマニア』BD&DVD化 2020年2月12日(水)発売!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【以下プレスリリース文掲載】

 

この度、日本では劇場未公開ながら『イージー★ライダー』と『ウィッカーマン』の合体ともいわれ、ゾンビ・バイカー映画史上最もカッコいい怪作『サイコマニア』が2020年2月12日(水)に国内初ブルーレイ/DVD化となることが決定致しました。

「リビング・デッド」と名乗る暴走族のリーダーは彼女を乗せ大暴走する。彼は黒魔術にハマる母親とも仲がよかった。その母親から生き返りの魔術の話を聞いたリーダーは、悪魔=ガマガエルに魂を売り、自らバイクで事故死した。彼は仲間の手によって愛車ごと埋葬される。彼は永遠の眠りにつくはずだった。だがとたんに凄まじいバイクの爆音とともにリーダーは墓から飛び出し本物の「リビング・デッド」=不死身の生ける屍と化した。その素晴らしさに感化された仲間たちは次々と自殺する。不死の身体を手に入れることで死の恐怖から解放された「生ける屍」たちは、街中で好き放題の悪戯を行う・・・。

いまやカルト・クラシックとして世界的に絶大な支持を集める1972年イギリス製作のバイカー映画。1966年、ロジャー・コーマン監督、ピーター・フォンダ主演のアメリカ映画『ワイルド・エンジェル』の大ヒットにより、バイカー映画(暴走族映画)が大量生産されて以降、ジャンルが下火になるにつれ、ブラックムービーやホラー映画など他のジャンルとの融合作品が増えていったが、本作はそんなバイカー映画とオカルト映画が融合した一篇。米国産のチョッパー系とは異なり、いかにもイギリスなロッカーズスタイルの暴走族<生ける屍>が大暴走、さらに1969年のチャールズ・マンソンとファミリーの惨殺事件の影響か、英米で流行った黒魔術の要素をふんだんに盛り込み、オカルト満載の大混乱が展開される。監督はホラー映画の名門、ハマー・フィルムで数々の作品を手掛けたベテラン、ドン・シャープ。音楽はケン・ローチの『ケス』(1969)を手掛けたジョン・キャメロン。全編に不穏なサイケデリック・グルーヴィ・サウンドが配置されている。73年に発売された7”シングルのサウンドトラック(「魔女狩り」「生ける屍」の2曲入り)の名義はThe Frogと名乗るバンドだった。

そして出演者であり『イヴの総て』(1950)でアカデミー助演男優賞を受賞した名優ジョージ・サンダースは本作完成後スペインのマドリッドで本作を試写、そのままホテルの部屋に戻りまもなく自殺、これが遺作となった。本作は他に類をみない独特な世界観で評価され、<あまりにひどく、ひどすぎて素晴らしい>といわれる唯一無二な作品。強いて類似を挙げるとすれば、これまた突然変異的な怪作であり『マッドマックス』(1979)の原型となった、暴走族がサタンに祈りを捧げるオーストラリアの『マッドストーン』(1974)、黒魔術で暴走族が狼男に変身する『爆走!狼男』(1971/アメリカ)くらいしか見当たらない。イギリスのブルーレイ商品には「アメリカは『ワイルド・エンジェル』と『イージー★ライダー』を世に放ったが、イギリスには『サイコマニア』がある」と言葉が並べられ、イギリスが誇れる唯一無二な作品であるとの自負心が垣間みれる。なお、暴走族がよみがえるために「ゾンビ・バイカー映画」ともいわれるが、いわゆる一般的な<ゾンビ>的ビジュアルは一切登場しない。

本作は日本では劇場未公開でVHSが発売されたのみ。今回は初のブルーレイ/DVD化となる。

 

 

※余談ですが、サタンによる怪しい儀式で暴走族の様子がおかしくなり、狼男に変身してしまうオカルト×暴走族映画の金字塔『爆走!狼男』(1971年/アメリカ/原題:WEREWOLVES ON WHEELS)はソフト化はおろか、日本には一切紹介されておりません。

 

 

映画史は、これほどまでに弁解する意志がまったく見られないほど

堂々とした作品には出会ったことがない。

Alexander On Film

 

タイトに練られたプロットと、信じがたい驚きのエンディング。

低予算ながら素晴らしく構築されたショッカー映画だ。

Variety

 

奇妙で不気味、狂ったスタント、生意気な演技、

すべてが独自の魅力にあふれた唯一無二なホラー映画。

Shock Till You Drop

 

サイコマニア

2020年2月12日(水)発売

BD|KIXF-659|¥4,800+税|本編約90分|1080p Hi-def|英語(DTS/2.0ch)|日本語字幕

DVD|KIBF-1691|¥3,800+税|本編約90分|16:9|英語(DD/2.0ch)|日本語字幕

発売・販売:キングレコード

1972年|イギリス映画|原題:PSYCHOMANIA(米国題:DEATH WHEELERS)

© 1991, Benmar Productions Ltd. 1996 TV Matters BV Assigned 2005 Ignite B.V.

  • 監督:ドン・シャープ 「怪人フー・マンチュー」
  • 製作:アンドリュー・ドナリー「ドミニク」
  • 脚本:アーノルド・ダッソー、ジュリアン・ヘールヴィ「地球は壊滅する」
  • 撮影:テッド・ムーア「007/ドクター・ノオ」「オルカ」
  • 音楽:ジョン・キャメロン「ケス」「サンバーン」
  • 収録曲「RIDING FREE」:作曲デヴィッド・ホイッテカー「野にかける白い馬のように」、作詞ジョン・ウォース(レス・ヴァンダイク)「ひとりぼっちのギャング」、歌唱ハーヴェイ・アンドリューズ
  • 出演:ジョージ・サンダース 「イヴの総て」「さらばベルリンの灯」

ベリル・リード「世界殺人公社」

ニッキー・ヘンソン「モスキート爆撃隊」「シリアナ」

メアリー・ラーキン「マッケンジー脱出作戦」

ロイ・ホルダー「オセロ」

ロバート・ハーディ「ハリー・ポッターと秘密の部屋」

アン・ミッシェル「拷問の魔人館」

※本商品は海外から支給されたマスターを使用します。一部映像及び音声にお見苦しい箇所がある場合がございます。

※商品仕様は変更となる場合がございます。0

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください