11月12日開催 内田彩アーティストデビュー5周年記念イベントレポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【取材・文】編集長:畑史進 Twitter:https://twitter.com/cefca_vader?lang=ja

11月12日の19時。内田彩のアーティストデビュー5周年を記念したトーク、ミニライブが東京・池袋サンシャインシティの噴水広場で行われ開演前には多くのファンが駆けつけ、1〜3Fのテラスにまで人が押し寄せるほど、大きな期待が寄せられ、内田が登壇すると会場からは万雷の拍手と歓声が上がった。
MCから五年前のアーティストデビュー時の話を振られると「私服でリハーサルをやって恥ずかしかったのを覚えてます」とはにかみながら答え、その後もMCから「ハイタッチの時にも時間をかけて行ったことからお客さんを大事にしているという印象を受けた」という思い出を話されても「あまり覚えていないです…」と答える内田に観客から笑い声が漏れた。
その後はアーティスト活動が5年続いたことについて内田は「キャラクターを演じるとは別に自由に自分を発信できたことに意味を感じ、良かったのではないか」と話した。武道館公演など、5年を振り返るトーク中には会場から温かい笑い声が漏れて、内田のほんわかとした人間性を反映したような雰囲気のイベントとなっていた。
ミニライブの1曲目に披露する『アップルミント』を歌う前には「61曲ある中で最初の曲なので、特別な思い入れがあります」と話し、ファンのテンションを高めてから熱唱した。歌唱中には熱烈なコールで大変な盛り上がりを見せた。
その後は11月27日に4枚目のアルバムが発売、大宮ソニックホールでのライブが告知され、ホール内は大歓声に包まれる。アルバム『Ephemera』に収録されている『DECORATE』を初披露。歌唱後は「リハ時はどんな表情をして歌えばいいかわかりませんでしたが、楽しかったです」と話し、最後に声優になって10年、アーティストとして5年を振り返り『with you』を熱唱した。

イベントの最後に内田から「平日なのにお越しいただき、ありがとうございました」とこれまでの応援と感謝の意を伝えつつ、最後に公式LINEが発足したことをアナウンスし、ファンの期待を高めつつミニライブイベントを終了した。

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください