クリステン・スチュワート主演『ふたりのJ・T・リロイ』公開決定&ポスター解禁ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【STORY】
アメリカ文壇に彗星のごとく登場し、時代の寵児となった美少年作家J・T・リロイ。映画『サラ、いつわりの祈り』の原作者としても知られる彼は、ふたりの女性が創り上げた架空の人物だった!
2000年代に一大スキャンダルとして報じられたこの驚くべき事件について、初めてJ・Tの分身を担ったサヴァンナの視点から映画化。
彼女は、なぜローラに言われるがまま数年間もJ・Tを演じ続けたのか?

【以下プレスリリース文掲載】
この度、アメリカ文壇に彗星のごとく登場し、映画スターをはじめ多くのセレブにも愛され一大センセーションを巻き起こした美少年作家をクリステン・スチュワートが演じた映画「Jeremiah Terminator LeRoy」(原題)の邦題が『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』に決定し、2020年2月14日(金)よりシネマカリテ&YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開の運びとなりました。

併せてポスターも解禁致します。ぜひ本ニュースのご掲載をお願い申し上げます。

50ドルで雇われたティーンエイジャーが、突然文壇のカリスマに!

アメリカ文壇に彗星のごとく登場し、時代の寵児となった美少年作家J・T・リロイ。映画『サラ、いつわりの祈り』の原作者としても知られる彼は、ふたりの女性が創り上げた架空の人物だった! 2000年代に一大スキャンダルとして報じられたこの驚くべき事件について、初めてJ・Tの分身を担ったサヴァンナの視点から映画化。彼女は、なぜローラに言われるがまま数年間もJ・Tを演じ続けたのか?

『トワイライト』シリーズ、『チャーリーズ・エンジェル』のクリステン・スチュワートと、ローラ・ダーン、の二大女優が豪華共演で鮮烈な演技を披露!さらにダイアン・クルーガー、ジム・スタージェス、コート二―・ラヴらが脇を固める。監督はガス・ヴァン・サント製作総指揮の作品でデビューを飾った新鋭ジャスティン・ケリー。最初は小さな嘘だったが、何度も演じるうちに〈架空〉が〈リアル〉を超え、サヴァンナ自身もJ・Tと一体化していく。ローラの操り人形に過ぎなかったサヴァンナが、ひとりで歩き出す瞬間はスリリングにして実にドラマティックだ。“嘘のような本当の話”が今、ここに紐解かれる!

監督・脚本・製作総指揮:ジャスティン・ケリー
原作・脚本・製作総指揮:サヴァンナ・クヌープ
出演:クリステン・スチュワート、ローラ・ダーン、ジム・スタージェス、ダイアン・クルーガー、コートニー・ラヴ アメリカ/カラー/108分/スコープ/5.1ch
原題:Jeremiah Terminator LeRoy
字幕翻訳:石田泰子/PG12
© 2018 Mars Town Film Limited jtleroy-movie.jp
配給:ポニーキャニオン

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください