映画

『エンド・オブ・ステイツ』:場面写真、一挙解禁! ジェラルド・バトラーが明かす、おススメポイントとは。「とても正気とは思えない激しい戦闘シーン」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【ストーリー】
アメリカが堕ちる― 大統領暗殺計画の裏に蠢くのは、世界を破滅に導く巨大な陰謀

かつて世界を未曾有のテロ事件から救ったシークレット・サービス、マイク・バニング(ジェラルド・バトラー)。英雄として名を馳せ、今もトランブル大統領(モーガン・フリーマン)から絶大な信頼を得ているが、歴戦の負傷は彼の体を蝕んでいた。引退が頭をよぎるようになっていたある日、休暇中のトランブル大統領(モーガン・フリーマン)に空から大量のドローン爆弾が襲いかかる。激しい攻撃の中意識を失い、目を覚ますとマイクは大統領暗殺を企てた容疑者として拘束され、FBIの執拗な尋問を受けていた。何者かが仕組んだ陰謀。なんとか隙を突いて逃げ出した彼は、真実を明らかにするため走り出す。傷だらけの英雄、最後の戦いが今始まる―

【以下プレスリリース文掲載】

異常気候変動を描いた『ジオストーム』(18)、迫力満点な潜水艦を題材にした『ハンターキラー 潜航せよ』(19)など、今やハリウッド屈指のアクションスターとなったジェラルド・バトラー。彼を代表するアクション映画『エンド・オブ〜』シリーズの最新作となる『エンド・オブ・ステイツ』が11月15日(金)より全国公開いたします。

全米で封切られると、見事全米初登場NO.1を達成、2週連続No.1の大ヒットを記録し、また米・映画レビューサイトRotten Tomatoes(AUDIENCE SCORE)で驚異の95%(2019.8.27時点)とファンからはシリーズ最高傑作との呼び声が高い。『エンド・オブ・ホワイトハウス』(13)、『エンド・オブ・キングダム』(16)で、世界を未曾有のテロ事件から救った最強のシークレット・サービス/マイク・バニングの雄姿が、本作でも描かれます。

今回解禁となる場面写真では、かつてたった一人で世界を未曾有のテロ事件から救ったシークレット・サービス最強のエージェント/マイク・バニングが、容疑者として囚人服に身を包んでいる衝撃の展開や、醍醐味であるアクションシーン満載なカットとなっており、ファンの心をワクワクさせるはず。また副大統領から合衆国大統領に躍進したトランブル(モーガン・フリーマン)の姿も確認出来、シリーズお馴染みの顔も登場。さらにマイクから“爆弾じじい”と呼ばれる謎多き父親/クレイ・バニング(ニック・ノルティ)、容疑者マイク・バニングを問い詰めるトンプソン捜査官(ジェイダ・ピンケット=スミス)などが映し出されている。ちなみにトンプソン捜査官を演じるジェイダは、大スター、ウィル・スミスのヨメである。

ジェラルド・バトラーは「とても正気とは思えない激しい戦闘シーンがあって、そのすぐ後には現実的なドラマがある。しかもシリーズで最もユーモアに溢れた映画といえるだろうね」と語り、本作の見どころを解説してくれた。

世界の命運がたったひとりの男に託される!幾度となく鳴り響く爆音の中、迫力のガンアクションにご期待ください。

監督:リック・ローマン・ウォー (『オーバードライヴ』『ブラッド・スローン』)
脚本:ロバート・マイク・ケイメン (『トランスポーター』『96時間』シリーズ )
出演:ジェラルド・バトラー、モーガン・フリーマン、ジェイダ・ピンケット=スミス (『マトリックス』シリーズ)、ニック・ノルティ (『48時間』シリーズ)

2019年/アメリカ/121分/カラー/シネマスコープ/5.1ch/原題:ANGEL HAS FALLEN/英語/字幕翻訳:北村広子/配給:クロックワークス/レーティング:PG12/協力:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント、アスミック・エース (C)2019 Fallen Productions, Inc.

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください