映画

【編集長の一言コメントあり】ゲオ新品ゲームソフト週間売上ランキングTOP10 2019年10月7日(月)~2019年10月13日(日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

株式会社ゲオホールディングス(本社:愛知県名古屋市中区、代表取締役社長執行役員:遠藤結蔵)は、2019年10月7日(月)~2019年10月13日(日)までのゲオショップ約1,200 店の中古ゲームソフト売上を集計、マスコミに向けて以下のように発表した。

バイヤーコメントは以下の通り

<バイヤーコメント>

Switch「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S」が1 位に返り咲きました。本作は、携帯モードに特化したNintendo Switch Lite とも相性が良いタイトルとなっています。また、「ドラゴンクエスト」
1 作目から 3 作目をリアルタイムでプレイしていた 30~40 代の購入が目立ちます。販売数は、さまざまな特典がセットになっているゴージャス版より通常版に寄っている傾向が見られます。
新規では3 位にSwitch「ディズニー ツムツム フェスティバル」がランクインしました。こちらは家族で楽しめるタイトルであるため、年末に向けて定番タイトルとなることを期待しています。

【畑編集長の一言コメント】

まぁ『ドラクエ11』ランクインは十分予想の範疇でしょう。
PS4版をクリアした身としては「二度とはじめから遊ぶ気になれない」という作品で完全スルーですよ・・・

マルティナと結婚できる?だったら最初から入れとけや!

だいたいRPGのような「クリアまでに膨大な時間を必要とするゲーム」の移植やアップデート版の発売って「売れたとしてもクリアまで行き着く人はそんなにいないんじゃないの?」と思ってるんですよ。

だって、最初に70時間かけてクリアして、それからもう一度遊びたいってなるのはよっぽどそのゲームが好きな人くらいしかないわけで、そういう人はすでにPS4もしくは3DSで既に何周かしていると思うの。「ナンバリングの『ドラクエ』ならとりあえず買う!」という人でも、クリア済みの人なら同じ内容だからモチベーションが下がって最終的には積んじゃうんじゃないんですかね?

ゲーマーだったなおさら「同じゲームを頭からプレイする時間があるなら別のゲームをする」という結論に行き着くんじゃないでしょうか?

なんか早すぎるような気がするんだよね・・・

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください