映画『パラサイト 半地下の家族』世界を魅了する若き巨匠ポン・ジュノ監督が描き続けてきたこととは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る





【以下プレスリリース文掲載】

今年のカンヌ国際映画祭で、審査員満場一致で【最高賞】パルムドールに輝いたポン・ジュノ監督最新作『パラサイト 半地下の家族』(20201月全国公開)。全員失業中の貧しい一家とIT企業を経営する裕福な社長一家という相反する2つの家族の出会いから想像を遥かに超える展開へと加速していく物語は、既に韓国動員1,000万人突破フランス動員160万人突破ほか、各国で動員記録を塗り替える爆発的な盛り上がりをみせている。その後もオスカー前哨戦ともいわれるトロントや、ニューヨークなど各国の映画祭で絶賛&受賞を重ね、92回アカデミー賞®での受賞も有力視されている

 

ボンテール(ポン・ジュノ+ディテール)という造語まで誕生!

細部にこだわった、唯一無二の圧倒的な映像表現

 

今年100年目の記念年を迎えた韓国映画界に、初めてのパルムドールをもたらしたポン・ジュノ監督『パラサイト 半地下の家族』。現代社会が抱える問題をも内包しつつ、ユーモア、サスペンス、アクション映画すべての要素を完璧に融合させながらツイストの効いた展開で描き切った。

物語の構成だけでも超一級のエンターテインメント作品として、申し分ないが、それに加えて「ボンテール(ポン・ジュノ+ディテール)」も余すことなく堪能できる!と評論家たちも声を揃える。「ボンテール」とは、役者の台詞や動き、小道具、背景など画面に映し出されているあらゆる要素に、メッセージを込める監督の繊細さとち密さを称賛するため、メディアや評論家が生み出した造語。本作でも、前半に出てきたアイテムが、後半に思いもよらない展開で登場する!?何度見ても新たな発見があるのが、魅力のひとつだ。

 

日本漫画大好き!傑作『オールド・ボーイ』誕生の立役者

原作をパク・チャヌクに勧めたのは、ポン・ジュノ監督!?

 

無類の日本漫画好きとしても知られるポン・ジュノ監督。もともと、漫画家を志していたこともあり、今も映画の撮影前には、緻密な絵コンテを描き、イメージを明確に表現することでも知られている。そんなポン・ジュノ監督にまつわるエピソードとして代表的なのが、名匠パク・チャヌク監督に、土屋ガロン,嶺岸信明著の漫画「ルーズ戦記 オールドボーイ」を読むよう、お薦めしたという話。のちにカンヌ国際映画祭グランプリ受賞を果たした傑作『オールド・ボーイ』を、ポン監督がアシストしていた。

そんなポン・ジュノ監督の過去作も、一筋縄ではいかない考え抜かれた設定のものばかり。目の離せない衝撃的なアクションやサスペンスがありながらも、現代社会に通じるテーマが必ず隠されている。一方、明るくキャラの濃い登場人物たちの姿に、思わずクスりと笑ってしまうユーモアも織り込まれており、日本人なら誰もが親しみを感じる漫画の趣も色濃く感じさせる。普段映画を観慣れない人でも、一度観たらその作風にどっぷりはまってしまうこと間違いなし!最新作日本公開の機会に、これまでのポン・ジュノ監督作品も併せてチェックしてみては。

 

 

【見逃せない ポン・ジュノ監督代表作!】

●『殺人の追憶』(03

先日、30年の時を経て真犯人が判明したことでも話題となった、実際の未解決連続殺人事件に着想を得たサスペンス。犯人を突き止めようとする刑事たちの前に、衝撃の結末がおとずれる。ポン・ジュノの名を世に知らしめた代表作。ソン・ガンホとの初タッグ作。

 

 

●『グエムル 漢江の怪物』(06

アメリカ軍が実際に有害な薬品を韓国・漢江に流した実際の事件がモチーフとなっており、薬品の流出により生まれた謎の怪物に拉致されてしまった少女を救うべく、ふがいない父親が奔走する。韓国では、当時歴代動員1位を記録するメガヒットを記録。

 

『母なる証明』(09

息子の容疑を晴らすため真相に迫ろうとする、母の狂気に近い盲愛を描いた。ウォンビンが息子を演じたことでも話題となった。国内外で20を超える賞を受賞、世界中の映画ファンに衝撃を与えた。

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください