映画
アニメ
ゲーム

『世界から希望が消えたなら。』:メイキング動画解禁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る



【STORY】
ベストセラー作家であり、自ら出版社を経営している御祖真(みおやまこと)。
妻や3人の子供にも恵まれ充実した日々を過ごしていた彼には、誰にも言えない“秘密”があった。
そんなある日、帰宅途中に胸の苦しみを感じた真は、外の空気を吸うために庭園を散歩する。そこでは結婚式が行われていた。
娘の将来の花嫁姿を思い浮かべた矢先、激しい心臓発作に襲われその場に倒れてしまう。意識を失いかけた真の手には、トルストイ著『復活』が握られていた。
緊急搬送された病院で医師から告げられたのは、無常にも“死の宣告”だった。



【以下プレスリリース文掲載】
2019年10月18日(金)より『世界から希望が消えたなら。』が公開となります!

幸せな日々を過ごしていた矢先、病が突如として襲い掛かる。この世界に自分がいなくなったら?無常にも医師から死の宣告を告げられた男が、いま、決意と使命を胸に立ち上がる。誰も体験したことがない奇跡と感動のストーリーが誕生した。

主演を務めるのは本作が映画初主演となる竹内久顕(たけうち ひさあき)。ベストセラー作家であり出版社の経営者でもある御祖真(みおや まこと)を熱演!余命宣告を受けながらも自分に与えられた使命を全うしようとする難役に挑戦した。そして、千眼美子(本名:清水富美加)が御祖真の秘書・藤坂沙織(ふじさか さおり)役、さとう珠緒が真の妻・御祖磯子(みおや いそこ)役を務める。千眼は今作が女優復帰後実写作品3作目。今年2月に公開した映画『僕の彼女は魔法使い』では復帰後初の主演を好演し、作品も初登場第3位を飾るなど、復帰してなお女優としての輝きに更なる磨きがかかる。そしてさとう珠緒も、御祖真の人生に影響を与える重要な役回りを豊かな表現力で熱演!監督は、社会現象を巻き起こした反町隆史・松嶋菜々子主演の「GTO」などヒット作を数多く手がけた赤羽博が務める。

<千眼美子の建もの探訪!主演・竹内&監督のインタビューも併せて解禁>

スペインのマドリード国際映画祭にて外国語映画部門の最優秀監督賞を受賞した本作『世界から希望が消えたなら。』。その他にも、アメリカ・サンディエゴ国際映画祭にて公式選出作品に決まったことも記憶に新しい。
既に世界6カ国の映画祭で22の賞を受賞し好評を得ている本作が、いよいよ10月18日(金)に劇場公開となる。また日本のみならず、アメリカ・カナダでも同日公開が決定している。世界中が期待を膨らませる中、この度メイキング動画が解禁となった!主人公・御み祖おや真まことの秘書・藤坂沙織役を務める千眼美子が、真をはじめ御祖一家が暮らす自宅セットをナビゲート!

千眼の明るい自己紹介からスタートする本動画。自宅セットの紹介では、広い玄関から、吹き抜けになった開放感あるリビングへとカメラを誘いざなう。階段を上り最初の一部屋をノックすると、出てきたのは真の娘・玉美役を演じた木下渓。女の子らしくかわいく装飾された玉美の部屋を紹介してくれる。
木下を交え、千眼が続けて向かう場所は主人公・御祖真の書斎。階段を降り、リビングの扉をノックして開けると…「はーい!まだ廊下です。まだ廊下なんだなぁ!」と千眼のかわいらしいジョークが飛び出す。いよいよ目的の書斎を開けると、真役を演じた竹内たけうち久ひさ顕あきが出迎える。

壁一面をびっしりと埋め尽くす膨大な量の本に驚かされる千眼と木下。そんな二人に「単なる書斎ではない」と語る竹内。
この書斎での真は、「ただ執筆しているのではなく、神様と一緒に本を書いている」と説明する。「神聖なる空間なんですね!」と感心する千眼に、竹内から「千眼さん入れます?」と冗談が。千眼も「(この神聖な場所で)大きい声を出してはいけないかもしれませんね!」と、仲睦まじいやり取りで、御祖邸の探訪は締め括られている。 解禁となる動画の最後には、竹内と、本作でメガホンを取った赤羽監督のインタビューも収められている。竹内は「奇跡が起きる映画。多くの方々に観ていただいて、何か心に感じるものや、心の中に火が灯る何かが伝わればいいかなと思っています」と語る。また、赤羽監督は「いろんな壁の越え方があると思うけれど、この映画を観れば、どの方法で壁を越えればいいのかわかるはずです」と、観る方々へ熱いコメントを残した。

なお、メイキング・インタビュー映像の全編は、10月12日(土)より映画公式HPにて掲載予定。ぜひご視聴ください!

『世界から希望が消えたなら。』
公開日:10月18日(金)
日米同時公開 製作総指揮・原案/大川隆法 竹内久顕 千眼美子 さとう珠緒 芦川よしみ 石橋保 木下渓 小倉一郎 大浦龍宇一 河相我聞 田村亮
監督/赤羽博 音楽/水澤有一 脚本/大川咲也加 製作/幸福の科学出版
製作協力/ARI Production ニュースター・プロダクション
制作プロダクション/ジャンゴフィルム 配給/日活 配給協力/東京テアトル sekai-kibou.jp ©2019 IRH Press

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください