映画『惡の華』「新たな青春映画の傑作」との呼び声! 波打ち際ではしゃぐ伊藤健太郎 玉城ティナ、飯豊まりえ 青春を濃縮したハイライトシーンを解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【ストーリ―】
あの夏、僕は仲村さんと出会い、リビドーに目覚めた。
山々に囲まれた閉塞感に満ちた地方都市。中学2年の春日高男は、ボードレールの詩集「惡の華」を心の拠り所に、息苦しい毎日をなんとかやり過ごしていた。ある放課後、春日は教室で憧れのクラスメイト・佐伯奈々子の体操着を見つける。衝動のままに春日は体操着を掴み、その場から逃げ出してしまう。
その一部始終を目撃したクラスの問題児・仲村佐和は、そのことを秘密にする代わりに、春日にある“契約”を持ちかける。こうして仲村と春日の悪夢のような主従関係が始まった・・・。 仲村に支配された春日は、仲村からの変態的な要求に翻弄されるうちに、アイデンティティが崩壊し、絶望を知る。
そして、「惡の華」への憧れと同じような魅力を仲村にも感じ始めた頃、2人は夏祭りの夜に大事件を起こしてしまう・・・

【以下プレスリリース文掲載】

この度、累計発行部数300万部を記録する押見修造の人気コミックを原作とした、映画『惡の華』が大ヒット公開中。

鬱屈とした青春と、行き場のない衝動を描き、思春期の暗黒面をえぐり出した本作で主役・春日高男を務めるのは、今最も勢いに乗る若手俳優の伊藤健太郎。春日の中に自分と通ずる何かを見つけ、執拗につきまとう仲村役には、「ViVi」の専属モデルを卒業後、女優として大躍進を続ける玉城ティナ。春日が片思いをするクラスのマドンナ・佐伯奈々子役には、雑誌「ニコラ」で注目を浴びた16歳の次世代モデル、秋田汐梨が数百人以上のオーディションを経て大抜擢されました。そして、今回初の映像化となる高校時代、お互い文学が好きなことをきっかけに春日と交流を深める常磐文役に、モデル、女優と大活躍中の飯豊まりえが扮するなど、最旬キャストの共演も見逃せません。

今回、原作者の逆指名によりメガホンをとったのは井口昇監督。瑞々しいタッチで青春を描き続ける岡田麿里脚本との化学反応が見事に生まれ、思春期に、今、苛まれているすべての少年少女と、かつて思春期に苛まれたすべてのかつての少年少女に捧げる映画が誕生しました。

11月にポーランドで開催される「ファイブフレイバーズアジアン映画祭」で上映されることも決定し、新たな青春映画の傑作!との呼び声も高い本作からハイライトとなる海のシーンのスチールが解禁となりました。

このシーンは、中学時代の暗い記憶から主人公・春日(伊藤健太郎)が解放され、これからも続いていく人生に小さな希望を見出す、『惡の華』にとってとても重要な1シーン。中学時代、自身に多大なる影響を与えた孤高の存在、仲村(玉城ティナ)に高校で出会った、常磐(飯豊まりえ)と共に会いに行くシーンをきりとったもの。彼らの過去が浄化され、そして未来へと一歩踏み出していく爽やかなシーンですが、監督は「これまで僕は波打ち際で男女が戯れる場面と、高校生が自転車で二人乗りする場面だけは絶対に撮るまいと決めていたんです」と話します。「誰が撮ってもよく撮れてしまうから。でも今回は原作にも登場するので、やるんだったら徹底的に丁寧に撮って最高のシーンにしようと思って臨んだら、皆さんから褒めていただいて。こんなことならもっと早くから撮っておけばよかったって、ちょっと後悔してます(笑)」。玉城さんは、「海のシーンは大事なシーンで、中学生のままで人生が終わるわけではなく、高校生になって、大学生になるかもしれないし、働くかもしれない、そういう将来とか未来への道みたいなものがあのシーンには詰まっているのかなと思っています。」とこの場面に込められた想いを語っています。

このシーンは日没までの2時間半で撮るしかない状況だったため、スタッフのセッティング中に伊藤さん・玉城さん・飯豊さん3名が自発的にセリフ合わせをし、テストを割愛して「勢いでやろう!」と本番へ。焦りから「何を言ってるかわかりません!」と言われるほど早口の井

口監督を、伊藤が「大丈夫っす!ちゃんとやります!」と頼もしい言葉で落ち着かせる一幕も。刻一刻と日没が迫り、海に入ってしまったらもうやり直せないという緊迫した状況で、本当の感情が弾けたことで感動的な瞬間となりました。無事にこのシーンを撮り終えたとき、感極まった監督は、海水でずぶ濡れの伊藤と抱き合ったというエピソードも。

原作:押見修造「惡の華」(講談社『別冊少年マガジン』所載)
監督:井口昇
脚本:岡田麿里
主題歌:リーガルリリー「ハナヒカリ」(Office Augusta / Bandwagon)
製作:『惡の華』製作委員会(ハピネット ひかりTV ファントム・フィルム 角川大映スタジオ 日活)
配給・宣伝:ファントム・フィルム
©押見修造/講談社 ©2019映画『惡の華』製作委員会
公式サイト:akunohana-movie.jp
twitter:@akunohana_movie

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください