映画
アニメ
ゲーム

『ひとよ』佐藤健が忘れられない一夜(ひとよ)は、佐々木蔵之介への飛び蹴り!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る





あらすじ
あまりに切ない“母なる事件”から15年。希望を夢見た者たちのゆく末は━

どしゃぶりの雨降る夜に、タクシー会社を営む稲村家の母・こはる(田中裕子)は、愛した夫を殺めた。それが、最愛の子どもたち三兄妹の幸せと信じて。そして、こはるは、15年後の再会を子どもたちに誓い、家を去った—。たった一晩で、その後の家族の運命をかえてしまった夜から、時は流れ、現在。次男・雄二(佐藤 健)、長男・大樹(鈴木亮平)、長女・園子(松岡茉優)の三兄妹は、事件の日から抱えたこころの傷を隠したまま、大人になった。抗うことのできなかった別れ道から、時間が止まってしまった家族。そんな一家に、母・こはるは帰ってくる。15年前、母の切なる決断とのこされた子どもたち。皆が願った将来とはちがってしまった今、再会を果たした彼らがたどりつく先はー

【以下プレスリリース文掲載】

『凶悪』を世に送り出して以降、毎年のように作品・監督・俳優賞を中心に国内賞レースを席巻し、いま俳優たちが最も出演を熱望する映画監督のひとり、白石和彌監督の最新作『ひとよ』が11月8日(金)全国公開いたします。

どしゃ降りの雨降る夜、ある家族に起きたひとつの事件。それは、母親とその子どもたち三兄妹の運命を激変させた。その夜から、心の傷を抱えたまま別々の人生を歩んだ家族は、15年後に再会。葛藤と戸惑いの中で、一度崩壊した家族の絆を取り戻そうともがき続けた先に訪れる結末とは――。

主演に、15年前の事件に縛られ家族と距離をおき、東京でフリーライターとして働く次男・雄二を演じる、佐藤健。町の電気屋に勤務し、三兄妹で唯一自身の家庭を持つが夫婦関係に思い悩む長男・大樹に鈴木亮平、事件によって美容師になる夢を諦め、スナックで働きながら生計を立てる末っ子の妹・園子に松岡茉優、そして、15年ぶりに三兄妹のもとへと帰ってくる母親・こはるを田中裕子が演じます。

このたび、9月25日(水)に本作のジャパンプレミア試写会を実施する運びとなりました。主演の佐藤健ほか、鈴木亮平、松岡茉優、音尾琢真、佐々木蔵之介ら各世代を代表する実力派俳優と、本作を手がけた白石和彌監督が登壇。終始笑顔の舞台挨拶となりました。

会場の熱気が高まる中、MCの呼びかけで主演の佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、音尾琢真、佐々木蔵之介、白石和彌監督が登壇!華やかな衣装に身を包んだキャスト陣の登壇に、会場が割れんばかりの拍手と黄色い歓声に包まれる中、イベントはスタートした。

白石和彌監督



鈴木亮平さん



佐藤健さん



佐々木蔵之介さん



音尾琢真さん



松岡茉優さん



本作は、昨年国内賞レースを席巻した『孤狼の血』をはじめとした作品を手掛け、いま俳優たちが最も出演を熱望する白石監督の最新作。本作で「家族」というテーマを初めて真正面から描いた白石監督は、企画の相談を受けた当時のことについて聞かれると、「これまでは『凶悪』や『日本で一番悪い奴ら』など、割と疑似家族を描いていたが、どこかで血のつながった家族の話を描なければ、作家としてステップアップできないと思っていました。そんな時に、制作会社のROBOTの長谷川プロデューサーに声をかけてもらいました。そこで脚本の髙橋泉さんも含め皆で話したら、それぞれ家族に抱えている思いや傷があったので、『ここでしっかり家族を描こう!』という話になりました」ときっかけを振り返った。

次男・雄二、長男・大樹役、長女・園子の三兄妹を演じた佐藤、鈴木、松岡は、いずれも白石組に初参加となった。MCから「三兄妹の皆さんはどうですか?」と声をかけられると、松岡が「だんご(3兄弟)!?」と反応。佐藤や鈴木がすかさずツッコミを入れるという流石の“兄妹の絆”を見せると、会場は大きな笑いに包まれた。白石組への初参加について、監督作への出演を熱望していたという佐藤は、「本作のお話が来る前から、もし白石組に参加したらこういう役作りをしていこう、と一人で想像していたくらいです。念願叶いました」と告白した。今回、白石監督も佐藤へ熱烈ラブコールを送っていたといい、監督のベタ褒めに佐藤が照れる場面も。また、「具体な役をイメージしたわけではないが、今より体の線を太くして体内を汚そうと考えていました」と佐藤が語ると、松岡が「汚いですよ~、今回の佐藤さん(笑)。」と、これまで演じてきた主人公然としたキャラクターとは一味違う、今回の佐藤の演技を会場にアピールし、兄妹の掛け合いで再び会場を沸かせていた。続いて、吃音でコミュニケーションに苦手意識を持つという難役に挑戦した鈴木は、「『日本で一番悪い奴ら』や『凶悪』を観たときに、それがずっと残っていて、事務所の方にも『いつか白石組に参加してみたい』伝えていました。普段は活発な役だが、本作の大樹みたいに内向的な役をやらせてみようと思ってくれたのが嬉しいです」と、改めて感謝の気持ちを語っていた。そこに再び松岡がすかさず、「今まで観たことないくらい一番頼りない鈴木亮平です!『西郷どん』はどこいった!?(笑)」と乗っかり、観客は大爆笑。そんな松岡の今回の役柄について、本人から聞かれた佐藤は、間を置かず「今まで通

りの松岡茉優!」と返し、息のあった三兄妹の掛け合いを見せていた。一方、白石監督は「試写で本作を観た方から、『松岡茉優はすさまじい』って言われます」とフォローすると、松岡は照れ笑いを浮かべていた。続けて、佐藤と鈴木のこれまでの役柄とのギャップのある配役について、松岡が逆質問。白石監督は、「これまでの作品を観ていて、お二人とも素晴らしい役者さんですし、単純に一緒に仕事をしてみたいと思いました」と語ると、松岡は「そんな三兄妹の新しい形を観られるというのも、本作のポイントです」としっかりアピールした。

続いて、三兄妹の母・こはるを演じた田中裕子との共演について聞かれると、佐藤は「芝居の中で目が合ったときに、理屈じゃなく鳥肌が立ちました。田中さんが皆さんから大女優と言われる理由を、言葉じゃなく体で感じられたのが本当に貴重な経験でした」と、語った。田中と以前から共演したかったという鈴木は「錚々たる先輩方からも、『いつか田中さんとやるといいよ』と言われていました。今回は特殊な親子なので、撮影の合間なども、常に僕らと打ち解けるわけではなく、ちょっとしたぎこちなさを感じられる距離感を保ってくれたのが非常に助かりました。すごい役者さんというのは、自分だけじゃなくて一緒に居る状態から演技をしやすい状態を作ってくれるんだなと思いました」と、田中の役者魂に感激した様子。松岡は、15年ぶりに帰ってきたこはると園子が一緒に布団に入るシーンを振り返り、「田中さんがものすごくぎゅっと抱きしめてくださいました。思い切って深呼吸してみたら、私のお母さんとは違うんですが、『お母さんとの匂いだ』となぜかすごく実感しました。それってお芝居じゃない気もして、お芝居とそうじゃない部分の境界線が分からないくらいの気持ちになりました。田中さんとのシーンは、そういう気持ちになることが多かった気がします」と、語った。

また、白石監督作と言えば欠かせないキャストが音尾。なんと本作で通算9作目の白石監督作への出演について音尾は、「9作目ですよ。先ほど改めて言われてよろけましたけども…」とタジタジ。佐藤がそこへ「次1回でも声をかけられなかったら、と怖くならないですか?」と質問すると、音尾が「そう!もうここまでいくと、その時の最新作が次回作オーディションみたいな気持ちになるんですよ。いつかバッサリ僕が切られてしまうんではないか…」と心配そうにコメント。そこに松岡が「旅立ち、ですね。だからそうならないように、毎年お歳暮を贈られているんですか?」と乗っかり、妄想は次第にヒートアップ!会場は笑いに包まれるも、仕切り直して、改めて本作の現場の様子について聞かれた音尾は、「変わらない部分もありつつ、今回も進化した演出法をしていると感じました。僕自身の役柄でいうと、たいてい白石監督作だと、殴ったり蹴ったりの役が多かったが、今回はNO暴力でいいやつでした(笑)」と振り返った。

また、稲丸タクシーの新人ドライバー・堂下役を演じ、佐藤らと同じく白石組へ初参加となった佐々木は、「50歳の新人タクシードライバーでギャンブル・酒もやらない良い人…。もう絶対闇しかないじゃないですか(笑)」と、笑いを交えつつコメント。また、「衣装合わせのとあるタイミングで、『これこそ白石組だな!』っていうシーンがあった。ネタバレになるので言えないですけど」意味深な表情を見せ、これから作品を観る観客の期待感を高めていた。そんな今回の撮影は監督も非常に楽しんだようで、「夢のような時間でした。これからの監督としてのキャリアでも、豊かな時間だったと思います。これだけのキャストにやっていただけたら、ある意味演出する側の監督としてはとても楽ですよね」と、満足げに語っていた。

そして、本作がある「一夜」(ひとよ)の事件に翻弄され、人生が変わってしまった稲村家の面々を描くことにちなみ、最後の質問として、それぞれの思い出深い「特別な一夜」を語るコーナーへ。音尾が同じ高校の後輩だという白石監督は、「お互い監督と俳優になったある日、どうしても会いたいと連絡が来まして。飲んで語り合った夜は忘れられないですね。ですから、旅立ちとかないですよ、音尾くん!」と、先ほどの話にかけて語り、二人の固い絆を見せていた。そんな音尾は、撮影の時に白石監督と飲みに行った夜について、「監督は映画好きだから映画の話をすごいするんですが、『今年は富士山に登りたい』と言っていました。僕がスケジュールを空けるしかないと思って、登山靴などを全部準備して、日にちも決めて…でも登る前日に白石監督が風邪を引いて延期になりました(笑)」とエピソードを披露。白石監督とリベンジを誓い合っていた。佐々木は、「家業を継ぐのを諦めて、この仕事をやると決めた日が特別な一夜です。親が思ったように子供は育たないんだなと、正にこの映画のことですね」と感慨深げ。

一方、松岡は「佐々木さんは、子役からやってる私には田中さんと同じく神様みたいな存在。劇中で泥酔した園子がタクシーで堂下に送ってもらうシーンがあるんですが、まさか佐々木さんの頭を引っ張ったり叩いたりする日が来るとは…。緊張するやら興奮するやら、忘れられない一夜でした」と語っていた。鈴木は、「佐々木さんと同じく、この俳優の仕事をやろうと決めた夜です。上京して大学で演劇サークルに入って、初舞台初日の本番が終わった時、お客さんの見送りに出たとき、最初に出たお客さんが泣いていて…『俺、これを一生やって行こう』と思いました。その時の役は坂本龍馬役でした」と振り返ると、音尾が「西郷さんに飽き足らず坂本龍馬もですか!?(笑)」とつっこみ、会場は笑いの渦に包まれていた。佐藤は、「本作の現場で忘れられない夜がありました。蔵之介さんに全力飛び蹴りをした夜です。台本にもあるシーンですが、あれは忘れられない。佐々木さんに事前に謝って、全力でいかせてもらいました」と感慨深げに語り、会場からは驚きと期待の声が上がった。

これから作品を観る観客に向けて白石監督は感謝の言葉を交えつつ、「家族の形って色々あると思いますが、本作を作って、僕自身の家族についても色々考えました。本作を観て、ぜひそれぞれのご家族の方に想いを馳せて頂ければいいなと思います」とコメント。最後に佐藤が「僕も本作の撮影をしていて、『そういえばしばらく家族と連絡とってなかったな』と考えました。家族はそれぞれ皆さんの唯一無二の存在ですので、ぜひご家族に想いを馳せる時間にしてもらえればと思います」と締めくくり、大歓声の中イベントは幕を閉じた。

監督:白石和彌
脚本:髙橋泉
原作:桑原裕子「ひとよ」
出演:佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、音尾琢真、筒井真理子、浅利陽介、韓英恵、MEGUMI、大悟(千鳥)、佐々木蔵之介・田中裕子
製作幹事・配給:日活
企画・制作プロダクション:ROBOT (
c)2019「ひとよ」製作委員会 www.hitoyo-movie.jp

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください