映画
アニメ
ゲーム

映画『ホテル・ムンバイ』衝撃!緊張!圧倒的臨場感!! リアリティを追求した驚きの演出方法とは? 本編映像解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

<STORY>
2008年11月26日。インドの五つ星ホテルがテロリストに占拠される。人質は、500人の宿泊客と従業員。特殊部隊の到着は数日後。宿泊客を逃がすため、ホテルに残った従業員たち。部屋に取り残された赤ん坊を救うため、銃弾の中を行く父と母。これは「誇り」と「愛」を懸けた、3日間の脱出劇。極限の状況下で、人はこんなにも人を想えるのか―。

【以下プレスリリース文掲載】

2008年、インド・ムンバイで起きた無差別同時多発テロ。5つ星ホテルに閉じ込められた人質たちの奇跡の脱出劇を描いた感動の実話『ホテル・ムンバイ』が9月27日(金)より公開予定です。主演は『スラムドッグ$ミリオネア』で主演デビューし、『LION/ライオン~25年目のただいま~』でアカデミー賞にノミネートされたデヴ・パテル。インドの5つ星ホテルで、自らの命を危険にさらしてまで宿泊客の守ろうとする給仕役を熱演しているほか、『君の名前で僕を呼んで』、『ビリーブ 未来への大逆転』のアーミー・ハマーが、アメリカ人旅行客デヴィッド役として出演。“名もなき英雄たち”に命を吹き込んでいる。
ホテルに3日間閉じ込められた500人以上の人質の多くが生還を果たしたその裏側には、プロとしての誇りをかけて、宿泊客を救おうとしたホテルマン達の知られざる真実の物語が存在したー。『ボーダーライン』の製作陣が放つ、リアルに迫りくる映像、決して折れない登場人物たちの強き信念に、観る者は、恐れ、怒り、哀しみ、そして最後にはこの上ない希望に包まれる奇跡の感動作となっている。

テロリストの襲撃直後、1秒後には何が起こるか分からない衝撃&緊迫のシーンが切り取られた本映像。誰もが混乱し、パニックになる中で必至に宿泊客を守ろうとするデヴ・パテル演じるホテルマンのアルジュン、娘のために行動を起こすアーミー・ハマー演じるデヴィットらが映し出される中、ホテルロビーには血まみれの人々が映し出される…。静けさの中、携帯電話の着信音だけが響き渡る緊迫感は息が詰まるほどだ。

この緊張感を作りあげたのは、マラス監督の驚きの演出方法に秘密がある。犯人グループを演じた俳優たちと、ホテルの従業員や宿泊客を演じた俳優たちを引き離し、彼らの間の緊迫感を高めるのはもちろん、リアリティを追及するために、現場には巨大なスピーカーが設置され、突然、大きな銃声が流されたのだ。マラス監督オリジナルとも言える撮影方法を振り返り、パテルは「地獄だよ、それは。僕らはいつも不意打ちを食わされた。それによってどんなに緊張感がもたらされたか想像がつくだろう。僕は、『俳優としてではなく、偽りのない恐怖心で演技に臨むんだ』といつも自分に言い聞かせていたよ。」と語っている。

実は、本作にはプロデューサーとしても参加しているパテル。彼にとってこの襲撃事件は心揺さぶられる出来事だったとか。というのも、彼のデビュー作『スラムドッグ$ミリオネア』のダンスシーンのフィナーレはムンバイの駅で撮影され、その数か月後にその場所が襲撃されることになったのだ。パテルは「もし、この事件に関する映画がつくられるとしたら、是非、関わりた

いと思ったよ。だから、台本が作られている途中で僕に出演の話が来た時、僕の演じる役をどう表現したいかとか、どんなことに気を使わなければならないかとか、的確にやらなければならないとかを、積極的に意思表示したんだ。」と明かしている。

Hotel Mumbai

Hotel Mumbai

監督:アンソニー・マラス

出演:デヴ・パテル『LION/ライオン~25年目のただいま~』、アーミー・ハマー『君の名前で僕を呼んで』、ナザニン・ボニアディ『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』、

アヌパム・カー『世界に一つのプレイブック』、ジェイソン・アイザックス『ハリー・ポッター』シリーズ

配給:ギャガ R-15指定 原題:HOTEL MUMBAI/2018年/オーストラリア、アメリカ、インド合作/英語/123分/カラー/シネスコ/字幕翻訳:中沢志乃

© 2018 HOTEL MUMBAI PTY LTD, SCREEN AUSTRALIA, SOUTH AUSTRALIAN FILM CORPORATION, ADELAIDE FILM FESTIVAL AND SCREENWEST INC

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください