アニメ

第43回トロント国際映画祭【ミッドナイト・マッドネス部門】観客賞受賞 世界がシビれた痛み知らずのスーパーヒーロー、ここに爆誕!! 『燃えよスーリヤ!!』 コミック風ビジュアル&とんでもねぇ予告も完成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【STORY】
スーリヤは生まれながらにして痛みを感じなかったため、いじめっ子たちの標的にされていた。
しかし、幼なじみの女の子スプリだけは彼を守ってくれていた。そんなスーリヤを見かねて祖父はたくさんのアクション映画のVHSを渡すと、スーリヤは空手マンと呼ばれる片足の格闘家マニが魅せる“百人組手”の映像に衝撃を受ける。
成長したスーリヤは、街の悪党たちを相手に特訓を積んだカンフーと痛み知らずの身体を武器に日々戦っていた。チ
ンピラたちに誘拐されそうになる女性を助けようとしたところ現れたのは幼い日に離れ離れになってしまったスプリだった。
彼女は空手マンに弟子入りし、道場を経営していた。運命に導かれるように憧れの空手マンに出会えたスーリヤだったが、彼から双子の弟ジミーが街を牛耳る悪党になってしまい、スプリが危険にさらされると聞く。
スーリヤは愛する幼馴染を守るため、悪の組織との全面戦争を決意するー。

【以下プレスリリース文掲載】
この度、『ロボット』、『バーフバリ』を生み出したインド発、痛み知らずのアクション・ヒーロー・エンターテインメント『Mard Ko Dard Nahi Hota』が『燃えよスーリヤ!!』の邦題にて12月27日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国公開することが決定致しました!(配給:ショウゲート)※主人公の名前スーリヤはインド神話における太陽神スーリヤから来ており、太陽を意味する。

2018年度、アカデミー賞作品賞に輝いた『グリーンブック』が観客賞を受賞した第43回トロント国際映画祭。時同じくしてユニークでパワフルな作品が集められ、夜中に上映される<ミッドナイト・マッドネス部門>にて『燃えよスーリヤ!!』が観客賞を受賞。熱狂的な映画ファンたちが騒ぎ立てたインド映画が、遂に日本に上陸する!!

主人公スーリヤは何の変哲もない青年。ただし、彼はどんな痛みも感じないという特別な体質の持ち主。幼い頃に祖父から渡されたカンフー映画に衝撃を受けて以降、街の悪党を倒すことを目標として独自にカンフーの特訓を積んできた。ある日、スーリヤは離ればなれになっていた幼馴染が街を牛耳る悪の組織に狙われていることを知り、カンフーと痛み知らずの身体を武器に悪の組織との全面戦争を決意する―。

監督は『めぐり逢わせのお弁当』の製作に携わり、本作で長編監督2本目となるヴァーサン・バーラー。主人公スーリヤを演じるのは本作で銀幕デビューとなるアビマニュ・ダサーニー。『ロボット』、『バーフバリ』を生み出したインド発、世界がシビれた全く新しいスーパーヒーローが日本のスクリーンを席巻する!!

石丸博也「痛くなーーーーーい!」、絶叫&ぶっとび予告に映画ファン激震間違いなしっ!!
解禁されるポスターは主人公スーリヤがブルース・リーをオマージュしたカンフースタイルのポーズをキメ、ヒロインのスプリ、スーリヤが憧れる空手マンのマニ、悪の組織のボスであるジミー、スーリヤにアクション映画で英才教育をたたき込む強烈な祖父ら個性溢れるキャラクターたちが漫画を意識したコマ割りの中で思い思いのポーズをとっている。「痛みを知らずに悪を討つ!」のコピーとともに悪の組織に立ち向かう意気込みが溢れだす構図となっている。
予告編では子供時代のスーリヤがいじめに会うも痛みを感じず、無理やり「イテッ」と言う様子が映し出される。じいちゃんに渡されたVHSを再生すると、胴着の男が片足で「百人組手」に挑むアクションが映し出され「かっけえええ!!」と絶叫。アクション映画に影響を受け、カンフーヒーローになる道を歩み始める。しかし・・・痛みを感じないスーリヤもヒロインである幼馴染のスプリ登場で胸に痛みが走る。
恋だ。愛する彼女を守るため、憧れの格闘家マニ、その弟子でもあるスプリと共に街を牛耳る悪の組織との壮絶な戦いが幕を開ける。繰り出すアクションはスローを多用したVFX満載のぶっ飛び映像となっている。
ナレーションを担当するのはカンフー界のヒーロー、ジャッキー・チェンの吹き替えを長年務める石丸博也さん!
果たして、スーリヤは戦いに勝ち、スプリを守ることができるのか―!?

■監督・脚本:ヴァーサン・バーラー
■製作:ローニー・スクリューワーラー
■出演:アビマニュ・ダサーニー、ラーディカ―・マダン、グルシャン・デーヴァイヤー、マヘーシュ・マーンジュレーカル ほか
■2018年/インド/カラー/アメリカンビスタ/ヒンディー語・英語/原題:Mard Ko Dard Nahi Hota/138分/翻訳:中沢志乃/ヒンディー語監修:藤井美佳
■配給:ショウゲート
■宣伝:スキップ
moeyo-surya.jp

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください