映画
アニメ
ゲーム

バットシグナルが渋谷の夜空に!『バットマン80周年記念 バットシグナル点灯セレモニー』ゲスト:ジム・リー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る



【以下プレスリリース文掲載】

ワーナー・ブラザース テレビジョン & ホームエンターテイメントは、DCの人気ヒーロー「バットマン」80周年を記念し、9月21日のバットマンの日に合わせて、渋谷・MAGNET by SHIBUYA109の屋上で<バットシグナル>点灯セレモニーを実施いたしました。
アニバーサリーイヤーである2019年は世界中で様々なプロジェクトが始動中です。
バットマン80周年を記念して、日本は東京・渋谷を中心に大型プロモーションを展開!
本日9/21”バットマンの日”にはオーストラリアのメルボルンから、渋谷、そして世界各都市に“バットシグナル”が巡ります。
世界最高のコミックアーティスト ジム・リー(DCエンターテイメント 共同発行人/アーティスト)が来日し、渋谷MAGNET by SHIBUYA109の屋上で実施された点灯セレモニーに登場!

本日、渋谷 MAGNET by SHIBUYA109 の屋上にて、バットマン 80 周年記念バットシグナル点灯セレモニーが開催され、特別ゲストとして、アメコミ界の伝説と言われる世界最高のコミック・アーティスト、ジム・リーが登壇した。
イベント開始後、ステージ上に登場したジム・リーは、会場に集まっていた DCキャラになり切ったコスプレイヤー達を目の当たりにし「AWESOME!(最高!)」と思わず喜びの言葉を漏らした。

本日 9 月 21 日’’バットマンの日’’に全世界 13 都市でバットマンシグナル点灯セレモニーが実施され、今回東京・渋谷のスイッチを握るジム・リーは「9 歳の頃からバットマンをテレビで観ていて、バットマンやロビンに夢中になっていた。当時の気持ちが甦った気分だよ。」と、80 年続くバットマンの歴史を自身の想い出とともに振り返った。
MC が「せっかく伝説のコミック・アーティストに来ていただいているので、実際に描いているところ見たいですよね?」と会場に問いかけると、DC アンバサダーたちは「フゥー!!」と興奮気味に歓声を上げ、ジム・リーによるライブドローイングが実施された。
短時間で描かれたとは思えないバットマンのイラストを披露すると、会場から大きな拍手が送られた。

そして、今回のメインイベントであるバットシグナル点灯の時間を迎えカウントダウンがスタート。「10、9、8・・・3、2、1、バットマン!」と会場中が叫ぶと同時に、ジム・リーが点灯スイッチを ON に。20 時になると、渋谷の街にバットシグナルが投射された。このあと、バットシグナル点灯セレモニーは全世界で引き続き行われ、その様子はバットマン 80 周年HP のインタラクティブ・マップ(https://www.dccomics.com/batman80)で確認することができる。

最後に「今回、日本・渋谷で点灯セレモニーに関われたことは本当に光栄だよ。バットマンがここまで続いてきたのはファンのサポートのおかげさ。次の 80 年もよろしく
ね。」と締めくくった。
東京渋谷を舞台に MAGNET by SHIBUYA 109 や SOUND MUSEUM VISION を始め、バットマンが渋谷の街とコラボレーション中。謎解きデジタルスタンプラリーや先行商品、コラボフード&ドリンクも販売。2019 年末に向け、DC ポップアップストアが複数オープンするなどまさに渋谷の街がバットマン一色に!

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください