映画
アニメ
ゲーム

映画『いなくなれ、群青』黒羽麻璃央”美しすぎる黒羽”が生まれたシーンの裏側を暴露!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

<作品情報>‬
第8回「大学読書人大賞」受賞作にして、「読書メーター」読みたい本ランキング第1位を獲得した河野裕の青春ファンタジー小説『いなくなれ、群青』(新潮文庫nex)。シリーズ累計90万部の大人気シリーズが、美しい映像と世界観に彩られ青春ファンタジーの新たな金字塔として実写映画化。

謎だらけの階段島を舞台にした唯一無二の世界観と、心に深くくさびを打つような美しい文章で、広く熱く愛されている河野裕の小説「いなくなれ、群青」。そんな原作の空気感を大切に再現したのは、新鋭・柳明菜監督。「不幸じゃなければ、幸福だと言い張ることだってできる」と考える悲観的な主人公の七草には、今最も観たいと熱望される存在となった横浜流星。彼の幼馴染で「真っ直ぐで、正しく、凛々しい」真辺由宇を体現するのは、飯豊まりえ。映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」、TVアニメ「化物語」など数々の作品で知られる神前暁が音楽を手掛け、さらに新しい才能たちの挑戦に刺激を受けた小林武史が主題歌のプロデュースを担当、ピュアなSalyuの歌声による「僕らの出会った場所」が、思いがけない結末への驚きを感動の高まりへと誘います。

【以下プレスリリース文掲載】

第8回「大学読書人大賞」受賞作にして、「読書メーター」読みたい本ランキング第1位を獲得し、シリーズ累計100万部を突破した河野裕の青春ファンタジー小説「いなくなれ、群青」(新潮文庫nex)。この度実写映画化を果たし、映画『いなくなれ、群青』が全国公開中です。

この度公開を記念して9月7日(土)に渋谷HUMAXシネマにて黒羽麻璃央、柳明菜監督、菅原大樹プロデューサーを招いて、公開記念トークイベントが開催されました!

ついに公開を迎えて、今の気持ちを聞かれると、黒羽は第一声に「おめでとうございます!」と公開を祝福。続けて「ニュースとかで初日舞台挨拶の写真を見て、(舞台挨拶に)いたかったな~って地団太踏んでいました」と初日舞台挨拶に登壇できなかった悔しさを述べた。物語にちなみ“失くした物”について尋ねると、黒羽は「受話器持った方がいいですか?」と初日舞台挨拶で行われた演出になぞらえて、ジェスチャーをして笑いを誘った。そして「お気に入りの指輪を無くしました」と黒羽が答え、真剣に聞いている観客へ「えーっとか言ってくださいよ!」とはにかみながらツッコミを入れると、笑いと共に「えー!?」と声が上がり会場を盛り上げた。

黒羽演じる“ナド”について聞かれると黒羽は「原作を読んでいくなかで、不思議なキャラクターで僕ができるかな?横浜さん、飯豊さんがいるなかで存在感がなくならないかな?」と演じる前の不安を吐露し、「ナドは気張る役でもないけれど、存在感は出さなくてはいけない難しい役どころでした。皆さんにクエンスチョンマークを付けられるような存在として演じました」と掴みどころないキャラクターを演じる難しさを語った。

菅原プロデューサーが、舞台を見行った際に印象に残り、若いキャストが多い中、達観して色気の出せる黒羽を起用したというエピソードを披露すると、柳監督は「ナドが登場する屋上のシーンは、原作の中で象徴的なシーンで、原作通りの詩的なセリフのままナドを演じてもらい、黒羽さんには、原作のイメージを背負ってもらっていた」と黒羽の役の重要性を明かした。そして、ナドと七草が登場する屋上のシーンの話になると柳監督は「あのシーンはワンカットで撮っているんです」と切り出し、黒羽は「太陽の関係で早く撮らないといけないんだろうなとは思っていましたが…」と話すと、すかさず柳監督が「麻璃央さんにカット割るなんて失礼だから!(笑)」と冗談交じりに応えると、会場から大きな笑いが起こった。続けて“ナドが窓を飛び越えて屋上へ行く”シーンの誕生秘話も披露。柳監督は「ただナドが屋上で佇んでいるだけでは面白くない。どうしようと悩んでいた

時に、パッと横を見たら窓に肘を掛けている麻璃央さんがいたんです」とジェスチャーをしながら意気揚々と語ると、続けて「その姿が美しすぎて、そのまま“窓を飛び越えて、外に出てこれますか?”って聞いたら、(黒羽が)“行けます”とパ―ンって」とシーン誕生の裏側を語り、黒羽は「是非、二回目見る時はこのシーンに注目してください!」と明るく答え、会場は拍手と笑いに包まれた。

商業長編映画初監督となる柳明菜と、映画プロデュースは初めてとなる菅原大樹について聞かれると、黒羽は「初めてって、もっとブサイクになってしまうものだけれど、全然そうではなかった。一番最初にやろうと思った、そのエネルギーは強くて大事ですし、そのパワーを持った作品になったと思います」と熱く語ると、柳監督は「なんていい人なんだろう」と声を震わせて感動。黒羽は重ねて「いい人なんです(笑)」と応えて会場の笑いを誘った。

最後に黒羽は「監督もプロデューサーも初めてとは感じない作品で、初めてのパワー恐るべしというこの作品に力添えできてよかったです。5年前くらいに演技のワークショップで出会った横浜流星くんと大人になって再会して一緒に仕事をすることができ、この作品を作り上げることができて凄く嬉しかったです!」と本作への熱い想いを語った。

■出演:横浜流星 飯豊まりえ
矢作穂香 松岡広大 松本妃代 中村里帆
伊藤ゆみ 片山萌美 君沢ユウキ 岩井拳士朗/ 黒羽麻璃央

■原作:河野裕『いなくなれ、群青』(新潮文庫nex)
■監督:柳明菜
■脚本:高野水登
■音楽:神前暁
■主題歌:Salyu「僕らの出会った場所」/主題歌プロデューサー:小林武史
■製作 勝股英夫 清水武善 堀内大示 中野伸二 稲葉貢一 川城和実 鈴木孝明
■エグゼクティブプロディーサー 寺島ヨシキ
■企画/プロデュース 菅原大樹
■プロデューサー 浦野大輔
■企画協力 新潮社
■制作プロダクション ノアド
■配給:KADOKAWA/エイベックス・ピクチャーズ

■公式サイト:inakunare-gunjo.com
公式ツイッター https://twitter.com/InakunareG
公式インスタグラム https://www.instagram.com/inakunare_gunjo/

■コピーライト:(C)河野裕/新潮社 (C) 2019映画「いなくなれ、群青」製作委員会

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください