映画

『レディ・マエストロ』音楽映画特集 『蜜蜂と遠雷』、『パリに見出されたピアニスト』 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【STORY】
1926年、ニューヨーク。オランダからの移民アントニアは、指揮者になるためならどんな困難にも挑むと決めていた。「女性は指揮者になれない」と言われながらも、音楽への情熱だけは誰にも負けなかったアントニアは、ナイトクラブでピアノを弾いて稼いだ学費で、音楽学校に通い始める。だが、ある“事件”から退学を余儀なくされ、引き留める恋人を置いて、アムステルダムからベルリンへ。遂に女性に指揮を教えてくれる師と巡り合う。憑かれたようにレッスンに没頭するアントニアだったが、出生の秘密、恋人の裏切り、女性指揮者への激しいバッシングなど、次々とアクシデントが襲い掛かるー。

【以下プレスリリース文掲載】

女性指揮者のパイオニア、アントニア・ブリコの半生を描いた映画『レディ・マエストロ』が9月20日(金)よりBunkamuraル・シネマほか全国公開致します。

この秋、音楽を主題にした音楽映画が続々と公開されます。どの作品の主人公達も音楽に魅了され、すべてを音楽に捧げている。“芸術の秋”にぴったりな数々の名曲にのせて送られる熱い音楽映画3作品をご紹介。

映画『レディ・マエストロ』(9/20公開)

1926年、ニューヨーク。『女性は指揮者になれない」と言われた時代に、オランダからの移民アントニアは誰にも負けない音楽への情熱で指揮者になる夢を諦めない。出生の秘密、恋人の裏切り、女性指揮者への激しいバッシングなど、彼女を襲う様々な困難を乗り越えていく。女性指揮者のパイオニア、アントニア・ブリコの半生を数々の名曲と共に奏で、勇気と感動と驚きに満ちた実話。

映画『パリに見出されたピアニスト』(9/27公開)

パリの駅に置かれたピアノで警察の目を盗み演奏するのが楽しみの不良少年マチュー。ある日警察に捕まったマチューは、名門音楽学校で清掃の無償奉仕をを条件に釈放される。音楽学校でディレクターを務めるピエールはマチューの才能を見抜き、ピアノ教師のエリザベスも巻き込みながらマチューをピアニストにする夢を抱く。初めは反抗的な態度をとっていたマチューも次第に真剣に音楽へ向き合い、人生が大きく変わっていく―。

映画『蜜蜂と遠雷』(10/4公開)

ピアノコンクールに挑む4人のピアニストを描いた恩田陸の小説「蜜蜂と遠雷」を実写映画化。ピアノが弾けなくなった元天才ピアノ少女の亜夜役を松岡茉優、妻子持ちで年齢制限ギリギリの明石役を松坂桃李、名門音楽院に在籍し完璧な技術を持つマサル役を森崎ウィン、突如現れた謎の天才少年の塵役を新人の鈴鹿央士が演じている。それぞれの想いをかけた熱い戦いが始まる。はたして音楽の神様に愛されるのは誰か?

監督・脚本:マリア・ベーテルス
出演:クリスタン・デ・ブラーン、ベンジャミン・ウェインライト、スコット・ターナー・スコフィールド
2018年/オランダ映画/英語・オランダ語/カラー/シネスコ/5.1ch/139分/DCP/G/
英題:The Conductor
日本語字幕:古田由紀子
提供:ニューセレクト
配給:アルバトロス・フィルム
©Shooting Star Filmcompany – 2018

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください