ゲーム

やりたい放題の極み!映画『ロボット2.0』奇想天外の本予告映像&本ビジュアル解禁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

STORY
ある日、突然、インドの街からすべてのスマートフォンが消えた。そして携帯業者や通信大臣がスマホに殺されるという殺人事件が次々に発生。
バシー博士(ラジニカーント)は助手のニラー(エイミー・ジャクソン)とスマホの行方を追ううちに、無数のスマホが合体し巨大な怪鳥に変身していることが判明。
やがてその巨大怪鳥は人類を襲いだし、軍隊でも抑えきることのできないモンスターと化す。バシー博士は、かつて封印された、あの伝説のロボット「チッティ」を復活させ、人類を守ることを思い立つ。しかしそれはインド中を巻き込んだ、壮大なバトルの幕開けとなった!

【以下プレスリリース文掲載】

人間との恋に破れ、コントロール不能となったロボット「チッティ」が人類と敵対し暴れまくる姿を描いた前作『ロボット』。ラスト40分で描かれる予測不能&理解不能の怒涛のアクションが、日本人の心を鷲掴みにし大ヒットを記録しました。無数のチッティが組み体操の如く合体し、球体やドリルに変形し暴れまわるシーンは、一体何が起きているのか、何度観ても“ワケがわからない”。しかし、その勢いと斬新な攻撃方法に「意味が分からないがそれが良い」「本当にワケがわからないアクションが最高」と多くの人が興奮し魅了されました。
そんな伝説級の作品の続編となる『ロボット2.0』(原題:『2.0』)が10月25日(金)に日本上陸決定!待望の続編決定にファンの間ではすでにお祭り騒ぎに!

今回解禁された予告映像では、次々と空を飛んでいくスマホや、天井から巨大な顔が現れる怪奇現象が発生し、インド中がパニック状態に。どういうわけか暴れまくる大量のスマホたちに対抗できるのは、 “スーパーパワー”だけ…?世界の危機を救うため、ついに!最強おじさんロボット「チッティ」が、「バージョン2.0」として“スーパーパワー”を身に着け満を持して再起動!見た目もシルバーのジャケットから、黒色のボディ&赤髪リーゼントと、ワイルドな姿にイメージチェンジしたチッティ。さらに、性能も桁外れにパワーアップ。前作にも登場した大量の「チッティ軍団」の数も増え、日本でも話題となった組み体操のような技もより大きく、ド派手に進化し、そして意味わからん!本作で初披露される新技ともいえる檻の形の組み体操は、巨大な怪鳥も難なく捕獲できてしまう!人知を超えた動きを見せるチッティは、次はどんな予想もつかない大技を繰り出すのか…!?今まで誰も見たことない、おじさんロボットvs スマホロボたちの奇想天外なバトルが垣間見える予告映像となっている。

また、本ビジュアルは、インドのスーパースター・ラジニカーント演じるおじさんロボ「チッティ」と、『パッドマン 5億人の女性を救った男』で主演を務めたアクシャイ・クマール演じる、今回の大ボスである謎のスマホロボが睨み合う、迫力満点のデザインとなっている。本作は、製作費に90億円を投じ、『アベンジャーズ』シリーズや『インターステラ―』『インセプション』などを手掛けるVFX制作会社「ダブル・ネガティブ」を中心に、3000人以上もの桁外れの技術スタッフが集結。ハリウッドもびっくりなチッティのやりたい放題で暴れたい放題なアクションシーンを実現している!「激闘!おじさんロボ VS スマホロボ」のコピーライトの通り、インド中を巻き込んだ、我々の予想を遥かに上回る人知を超えた激闘が期待できそうだ…!!

ラジニカーントとアクシャイ・クマール、インドの2大スターが競演し、誰も予想できない世界観で、見たことのないバトルを繰り広げる―!

インド映画の歴史を変える、全てのスケールが桁外れな本作に、こうご期待。

監督・脚本:シャンカル『ロボット』
音楽:A.R.ラフマーン『スラムドッグ$ミリオネア』
VFX:レガシー・エフェクツ
衣裳デザイン:メアリー・E・ヴォクト

出演:ラジニカーント『ロボット』、アクシャイ・クマール『パッドマン 5億人の女性を救った男』、エイミー・ジャクソン
2018年/インド/147分/5.1ch/シネスコ/カラー
日本語字幕:吉田裕子
字幕監修:深尾淳一
配給:アンプラグド・KADOKAWA
公式HP:https://robot2-0.com/
©2018 Lyca Productions. All rights reserved.

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください