アニメ
ゲーム

『ジョーカー』“ジョーカー大好き”劇団ひとりが一足早く鑑賞!アメコミ通も同意の特別映像到着

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る







【以下プレスリリース文掲載】

孤独だが心優しかった男が<悪のカリスマ>に変貌していく衝撃のドラマを、アカデミー賞常連の実力派スタッフ・キャストで描くサスペンス・エンターテイメント『ジョーカー』が 10 月 4 日(金)に日米同日公開となる。

公開に先駆け、第 76 回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門に正式出品され、今年一番の拍手喝采とブラボーの嵐と共に 8 分間のスタンディング・オベーションが話題をさらった本作。「今年最も驚くべき映画。アカデミー賞は確実だ」(ヴェネツィア国際映画祭:アルバート・バルベーラ氏)、「ホアキン・フェニックスにはアカデミー賞の価値がある」(Total Film)と早くもアカデミー賞有力候補との絶賛の呼び声を受け、日本でもこの秋最も注目される本作の試写会にいち早くその衝撃を確かめたいとするマスコミら鑑賞者が駆け付けた。その中には、海外ドラマやアメコミ映画の大ファンである劇団ひとりや、映画ライター、アメコミ映画系のコラムを多数執筆し東京コミコンのスーパーバイザーも務めるアメコミ映画ライターの杉山すぴ豊氏の姿も。鑑賞直後、中でも“ジョーカーが大好き”だという劇団ひとりの「僕は歴代のジョーカーで一番好き、やっぱカッコいい!」との興奮冷めやらぬ感想に、杉山氏も激しく同意。この度、いち早く本作を鑑賞した上述のマスコミのコメントとともに、劇団ひとりの感想の一部と新着映像を収めた特別映像が到着した。

本作の主人公アーサーが夢見る“コメディアン”として活躍し、後に映画化された「陰日向に咲く」で小説家として高い評価を受け、自著「青天の霹靂」の映画化に際しては監督を、現在放送中の連続ドラマ「べしゃり暮らし」でも演出を手掛けるなど、クリエイターとしてマルチな才能を発揮している劇団ひとり。「ジョーカーは、超かっこいい!ちょっとぶっ飛んでいてファンキーな感じが、見た目も含めてスタイリッシュ!!仕草とかもカッコいいですよね」とジョーカーというキャラクターの魅力を熱く語る劇団ひとり。さらに、「なぜこうなったのか、理由が明らかになっていく。こんなメチャクチャな奴になんで感情移入してんだろう」と、孤独だがピュアで心優しい男=アーサーが<悪のカリスマ>ジョーカーに変貌していく衝撃の展開に、思わず感情移入してしまった自分に驚いたと明かす。「愛おしく思える瞬間が何箇所かありました。もちろん、悪い奴になってしまうことは確かなので、“アーサーがジョーカーになってしまってもしょうがないよね”とは言えません。でも、おかしいかもしれませんけど、アーサーに共感してしまうところもあって…」と悪を肯定してはいけないと思いながらも、想像をはるかに超える衝撃に心を打たれたようだ。

ジョーカー=アーサーを演じたホアキン・フェニックスは「アーサーは、苦悩もありますが、喜びもあり、幸せを感じ、人との繋がりや、温かさ、愛を求めている人物だ」と語り、脚本と監督を兼任したトッド・フィリップスも「彼のゴールはあくまで“人々を笑わせたい”、“世界に喜びをもたらしたい”ということだったんだ」と明かしている。そんな本作のジョーカーについて、劇団ひとりも「ジョーカーの弱い部分がフィーチャーされていて、それによってよりジョーカーの存在がリアルに感じられた。ジョーカーも我々と同じ人間なんだな、と感じました。ジョーカーを知らない人は、“え!?ジョーカーって本当にいる人?”って思ってしまうくらいリアルでした」とこれまでのイメージとは全く違った過去に触れ、「『キング・オブ・コメディ』という名作を生んだロバート・デ・ニーロが大物コメディアンとして出ている。(この作品で)ジョーカーはコメディアンで、憧れてるのがロバート・デ・ニーロ演じる大物コメディアン。それがうまくリンクしていて、見事でしたね」とアーサーの運命を大きく左右することになる人気司会者・マーレイを演じるオスカー俳優ロバート・デ・ニーロが過去に『キング・オブ・コメディ』(1982) で演じたコメディアン志望の青年役へのオマージュも想起させたと、映画ファン目線での作品の楽しみ方も明かした。

日本でも、メディア向けの試写会で上映されるやいなや絶賛の声が早くも続出している本作。「どんな時も笑顔で」という母の言葉を胸にコメディアンを夢見る、孤独だが心優しいアーサー。ドン底から抜け出そうとした彼はなぜ<悪のカリスマ>ジョーカーに変貌したのか?10 月 4 日(金)、世界は、世紀の瞬間を目撃する。

【世界各国で絶賛の声続々!】
★ホアキン・フェニックスにはアカデミー賞の価値がある 星5の最大評価―Total Film
★「ジョーカー」はなんと大胆で爆発的な映画なのだろう 星5の最大評価―Guardian
★もう別のバージョンなど必要としなくなるだろう 星5の最大評価―London Evening Standard
★大胆かつ衝撃的でこの上なく美しい 星5の最大評価―Empire
★映画が終わる頃には言葉を失っていた 星5の最大評価―Nerd Reactor

☆ぜひ3回観てほしい!1回目は一人でこの衝撃を受け止め、2回目は映画好きの友達と語りつくし、3回目はアメコミ好きの仲間と大いに盛り上がることができる!観るたびに面白さが変わる”危険な”エンタテインメントです!
―杉山すぴ豊(アメコミ映画ライター)

☆これ、ゴッサムシティの話じゃない! 現代の暗部を最悪の形で描いた世界よ。悪のアイコン・ジョーカーが生まれた背景にあるのは、まさに今の分断された社会にあることを思いしらされる。ホアキンにしかできない悲哀と狂気に満ちた演技で、掟破りの傑作に!
―よしひろまさみち(映画ライター)

☆俳優が自分の限界を軽々と超え、神レベルの境地にたどり着くとは、こういうことなのか……。「渾身」という表現さえ甘く感じるホアキンの演技が、人間の心に悪がめざめるプロセスを強引なまでに体感させる。ヒューマンドラマとして心の奥をえぐるように入り込んできたのも、想定外の感覚だった!
―斉藤博昭(映画ライター)




監督・製作・共同脚本:トッド・フィリップス(『ハングオーバー!』シリーズ)

共同脚本:スコット・シルバー(『ザ・ファイター』アカデミー脚本賞受賞)

キャスト:ホアキン・フェニックス(『グラディエーター』アカデミー助演男優賞ノミネート)、ロバート・デ・ニーロ(『ゴッドファーザー PART Ⅱ』アカデミー主演男優賞受賞)、ザジー・ビーツ(『デッドプール 2』)ほか

配給:ワーナー・ブラザース映画

© 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved” “TM & © DC Comics”

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください