『人生、ただいま修行中』11/1(金)公開決定!予告&ビジュアル解禁/『ぼくの好きな先生』ニコラ・フィリベール監督最新作

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【以下プレスリリース文掲載】

『ぼくの好きな先生』『パリ・ルーヴル美術館の秘密』などで知られる現代ドキュメンタリーの名匠ニコラ・フィリベール監督の最新作『人生、ただいま修行中』を11月1日(金)より新宿武蔵野館他にて全国順次公開することが決定いたしました。

フランスで異例の200万人を動員した世界的ヒット作『ぼくの好きな先生』や『パリ・ルーヴル美術館の秘密』などで知られ、フレデリック・ワイズマンらと並ぶ現代ドキュメンタリー最高峰の一人ニコラ・フィリベール監督。『音のない世界で』では、聴覚障害のあるろう者たちの世界に、前出『ぼくの好きな先生』では、小さな村の小学校の13人の生徒たちとたったひとりの先生の日々に優しく寄りそってみせた。 小さくも多様な日常の中にあるかけがえのない瞬間を、優しさに溢れた眼差しで捉えてきた彼の、11年ぶりとなる待望の日本公開作『人生、ただいま修行中』は、2016年に監督が救急救命室に運ばれ一命をとりとめたことをきっかけに、医療関係者、特に看護師と共に映画を撮ることを決意し生まれた意欲作だ。

フランス、パリ郊外の看護学校で学ぶ、40人の150日間

誰もが初めてを経験し、失敗しながら生きていく

人生は学びと喜びに溢れていることを教えてくれる感動の奮闘ドキュメンタリー

この度、本作の予告編と日本版ビジュアルが解禁!

パリ郊外の看護学校で学ぶ、年齢、性別、出身も異なる多様な生徒たち40人の150日間。予告編冒頭では、手に汗握る採血や抜糸、ギブスを外すのも全てが初体験の生徒たちの姿が映される。そして、まだまだ頼りない看護師の卵たちが、やがて心臓病の病棟、末期がん患者の緩和ケアをするホスピス、婦人科・産婦人科、小児科など様々な実習の現場で、患者と自分に向き合いながら、悩み、苦しみながらも、大きな責任に立ち向かう心構えを少しずつ身につけ、成長していく。そんな彼らにニコラ監督のカメラは優しく寄り添い、鮮明に、時にコミカルにかけがえのない一瞬を捉えていく。「失敗は成功の母」であり、誰もが、初めてを経験し、失敗しながら生きていく。彼らの姿が「人生は学びと喜びに溢れている」ことを教えてくれる、あたたかな感動を呼び起こす予告編となっている。

あわせて解禁された日本版ビジュアルは、人形を使って蘇生の処置を学ぶ生徒や、注射器を真剣に見つめる生徒など、40人それぞれの授業風景の写真をメインに、「つまずいたり、悩んだり、笑ったり。」というコピーが、『人生、ただいま修行中』という邦題と共に、観客の私たちにも通じる、人生そのものへのエールを感じさせる内容になっている。

現代ドキュメンタリーの巨匠が、今を生きる私たちへ新たに贈る人生賛歌『人生、ただいま修行中』。本作の公開に向け、ニコラ監督の来日も決定!続報にもぜひご期待ください。

【ニコラ・フィリベール監督プロフィール】
1951年ナンシー生まれ。1978年「指導者の声」でデビュー。
その後、自然や人物を題材にした作品を次々に発表。1990年『パリ・ルーヴル美術館の秘密』、1992年『音のない世界で』国際的な名声を獲得。2002年『ぼくの好きな先生』はフランス国内で異例の200万人動員の大ヒットを記録し世界的な地位を確立する。
2008年には日本でも大々的にレトロスペクティヴが開催された。本作は2007年『かつて、ノルマンディーで』以来11年ぶりの日本公開作となる。現在68歳。

監督・撮影・編集:ニコラ・フィリベール
2018年/フランス/フランス語/105分/アメリカンビスタ/5.1ch/カラー/英題:Each and Every Moment/日本語字幕:丸山垂穂/字幕監修:西川瑞希
配給:ロングライド 協力:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本 公式サイト: longride.jp/tadaima/ ©️Archipel 35, France 3 Cinéma, Longride -2018

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください