映画
アニメ

6月26日公開!劇場版『ブレイク ブレイド 第二章 訣別ノ路』初日舞台挨拶レポート!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

前作の熱も冷めやらぬ中公開された劇場版『ブレイク ブレイド 第二章 訣別ノ路』。今回は初日舞台挨拶の模様をお届けします!


登壇したのはシギュン・エルステル役の斎藤千和さん、ゼス役の神谷浩史さん、そしてエンディングテーマ曲を担当された飛蘭さんの3名。
上映前に会場を大いに盛り上げました!
(MC)それではゲストの皆さまにご登場頂きましょう。大きな拍手でお迎えください!
(場内拍手で溢れる中、ゲスト入場)

(MC)一気に会場の温度が上がりましたね!それではご紹介して参ります。まず初めに、シギュン・エルステル役の斎藤千和さんです。
(斎藤さん)はい、みなさんこんばんは!結構深い時間になってきましたけど大丈夫ですか?このあと見て頂ことになりますので、是非ともテンション上げてついてきて下さい。よろしくお願いします!
(MC)続きまして、ゼス役の神谷浩史さんです。
(神谷さん)みなさんこんばんは、ゼスの声をやらせて頂きました、神谷浩史です。今日は来て下さってありがとうございます。最後まで楽しんでいって下さい!
(MC)そしてエンディングテーマ曲を担当された飛蘭さんです。

(飛蘭さん)エンディングを歌わせて頂いている、飛蘭と申します。今日は最後まで楽しんで行って下さい。よろしくお願いします!
(MC)ありがとうございます。それではまず、斎藤さんと神谷さんに伺いたいと思います。本日から第二章が公開となりましたが、一章と比べて演じるうえで何か変わったところはありましたか?
(斎藤さん)そうですね、実は二章の収録は間を開けずにさせて頂いたのもあって、よりチームワークが良くなっていって、加速度的に芝居が楽しくなって、とてもパワーを塗り込められたと思ってます。
(MC)神谷さんは如何でしょうか?
神谷さん)一章と二章も、同じ作品なので、取り立てて違う所っていうのは無いんですけど、なんといってもこの第二章、ゼスの「ホズル・・・!」っていうところから始まりますから、今回、ゼス率いるワルキウレ部隊中心に話が進んで行ってると言っても過言ではない話なので、気合い入れてやらせて頂きました。
(MC)ありがとうございます。ではテーマ曲についても伺います。この「SERIOUS-AGE」の作曲と編曲をされた方というのは、専門学校時代のお友達なんですね?

(飛蘭さん)そうですね、専門学校でずっと同じ授業を受けていた「Elements Garden」の藤間仁さんに作曲してもらって、今回ブレイク ブレイド、そしてS「ERIOUS-AGE」のテーマが「出会い」になっているんですが、今回こうやって専門学校で一緒に勉強していたお友達とまた出会ってお仕事が出来るというのも、これも出会いの一つで、奇跡だなっておもって感動しています。
(MC)ありがとうございます。これから皆さまには第二章をご覧頂くわけなんですが、ここだけは見逃さないで見て欲しいというシーンがあれば教えて下さい。

(斎藤さん)今回はですね、ロボット戦がよりカッコよくなってます!本当にカッコイイです!私一応女の子なんでそんなにロボットって言われても「へー」っていう感じではあったんですけど(笑)これが本当にもう見てて、引き込まれて、カッコイイっていうのもそうなんですが、なんて綺麗なんだろうと思いながら見てました。戦争で人が命を賭けて戦っているので、こういう言い方はちょっとヘンかもしれないけど、もの凄くスタイリッシュな動きをします。とくにエルテーミスの動きから目が離せなくて、次どういう動きをするんだろうっていうのがとっても面白くて、本当に引き込まれるロボット戦でした。ぜひご覧になって頂きたいと思います。

(MC)斎藤さん、「私も乗りたーい!」って仰ってましたもんね?
(斎藤さん)監督にシギュンも乗せて下さい!って言ったんですけどスル―されました(笑)
(MC)神谷さんはいかがですか?
(神谷さん)そうですね、見どころ満載なんでございますけども、劇場用のポスター、チラシ、パンフレットにですね、ゼスを使って頂きまして、そこからも分かる通りですね、今回非常に活躍してるんじゃないか?というような流れになっております。非常に愛してるキャラクターなので、ゼス視点で物事を語ってしまって、みんなちょっとウザいなと思ってるかもしれませんが(場内笑)、でも主役のライガットとですね、学生時代の過去回想のシーンだったり、ロボットの格闘戦だったりと、本当に見どころ満載の第二章になっているので、本当に1秒1秒が、瞬間瞬間が見どころだと思います。あと、なんといっても飛蘭さんの歌もそうなんですが、エンディングテーマの後に流れる、あるシーンなんですけども、そのシーンは、唯一第二章でパッピーがかっこいいところですね(場内爆笑)。パッピー(保志さん)のファンの方には申し訳ないんですけども、第二章わりとライガット、へなちょこなんですよねー(場内爆笑)。カッコイイところは、私ゼスに任せて頂いて。最後の最後まで楽しんで頂ければと思います。
(MC)ありがとうございます。今回のテーマ曲「SERIOUS-AGE」ですけれども、どんな思いで歌われたんですか?
(飛蘭さん)そうですね、ブレイク ブレイドは「戦い」というところなので、「SERIOUS-AGE」も激しめな曲になっているんですけども、サビの最後で、いったん別れた二人がまた出会うという、とても切ない感じの歌詞になっていますので、そういうところを胸に置いて、つねにそこを心がけて、切なさの余韻が残るように歌いました。
(MC)ありがとうございます。それでは最後に皆さまに一言づつお願い致します。

(斎藤さん)改めて、本日は本当にありがとうございました。こんな風に私たちが観る前にいろんなものを語ったことは、ご蘭になって下さったら、全部そこに置いてきてます!二章はだいぶ前にアフレコしたんですけども、私たちが関わる時間はすごく短くて、だけど全部その短い時間の中に、自分がやれることを全部そこに置いてきて、一所懸命作品作りをしていますので、それを感じて頂けたらなと思います。キャラクターの魅力もどんどん増して、世界観もどんどん広がっていってるので、楽しんでご覧になて下さって、皆さんが受け取って下さるものがあれば、それがこの作品の答えだと思っていますので、一瞬たりとも見逃さず、楽しくご覧になって下さい!本当にありがとうございました!
(神谷さん)今日は劇場に足を運んで頂き誠にありがとうございました!これから本編をご覧になって頂くわけなんですけども、本編、歌、さらにその後に、第三章の予告が入っております。最後の最後まで目が離せないブレイク ブレイドの世界にですね、皆さんをお連れしますので、最後まで楽しんで下さい!あともう一個だけ!第二章のパンフレット、私ですねインタビューなんかも受けさせて頂いておりまして(場内笑)、ご鑑賞の記念にですね、ロビーの方で売っておりますので、よろしくお願いします。今日は本当にありがとうございました!
(飛蘭さん)すいません、二人のようにとても素晴らしいエピソードが私には無いんですけども(笑)今回ブレイク ブレイドという作品と、私がエンディングを歌わしてもらっている「SERIOUS-AGE」は歌詞がリンクできる部分がとても多いので、そういうところも感じて楽しんで頂ければ嬉しいなと思っています。今日は皆さんどうもありがとうございました!
(MC)ありがとうございました!


劇場版『ブレイク ブレイド 第二章 訣別ノ路』は絶賛上映中!
第二章 訣別ノ路」舞台挨拶ツアー決定!
7月2日(金)【シネマート心斎橋】、翌日3日(土)【広島サロンシネマ】と
羽原信義監督の出身地である福山の【福山ピカデリー劇場】にて実施!
この機会を是非お見逃しなく!!
※通常の上映時刻は舞台挨拶実施日の上映時刻と異なる場合がございますのでご注意ください。
 
【シネマート心斎橋】
●日時:7月2日(金) 19:00の回上映終了後 
●場所:シネマート心斎橋
●チケット販売:6月26日(土)午前9時50分より、シネマート心斎橋・劇場窓口にて販売開始 
劇場URL
【広島サロンシネマ】
●日時:7月3日(土) 11:45の回上映終了後 
●場所:広島サロンシネマ
●チケット販売:6月26日(土)午前11時より、広島サロンシネマ・劇場窓口にて販売開始
劇場URL
 
【福山ピカデリー劇場】
●日時:7月3日(土) 15:30の回上映終了後 
●場所:福山ピカデリー劇場2 
●チケット販売:6月26日(土)午前10時より、福山ピカデリー劇場2・劇場窓口にて販売開始
劇場URL
 
登壇者(予定)
羽原信義監督、大河原健プロデューサー
値段:¥1,000 (通常料金と変わりません)
※各劇場・共通注意事項
・当サイトとチケット購入希望の劇場サイトを必ず合わせてご確認下さい。
・チケットの購入は各劇場ともお一人様4枚までとさせて頂きます。
・ゲストおよび舞台挨拶は、予告なく変更になる場合がございます。
・劇場内でのカメラ(携帯カメラ含む)、ビデオなどによる撮影、録音等は固くお断りいたします。
・転売目的でのご購入は、固くお断り致します。

<ストーリー>

ゼス率いるワルキウレス部隊の襲撃に対し、クリシュナ軍は城内のゴウレム部隊を集結させる、この戦いがゼスの本位ではないと信じ、交渉のため単身出撃するライガット。戦場で果される、旧友との4年ぶりの再会、、、。だが、互いこそが兵を退けるべきだと譲らず、交渉は決裂。アテネス・クリシュナ両軍を巻き込む戦闘へと発展してしまう。辛うじて離脱したライガットはゼスの部下・リィと遭遇、一騎討ちを余儀なくされるのだが、、、。

スタッフ
原作:吉永裕ノ介(フレックスコミックス刊「FlexComix ブラッド」にて連載中)
総監督:アミノテツロ
監督:羽原信義
脚本:十川誠志
キャラクターデザイン:乘田拓茂
メカニックデザイン:柳瀬敬之
メカニックディレクター:松村拓哉
プロップデザイン:やまだたかひろ/枝松聖
美術監督:小濱俊裕(美峰)
色彩設定:関本美津子
撮影監督:船倉一晃
編集:伊藤潤一(ジェイ・フィルム)
音楽:平野義久
音響監督:鶴岡陽太
音響効果:倉橋裕宗(サウンドボックス)
録音:矢野さとし
アニメーション制作:Production I.G・XEBEC


キャスト
ライガット・アロー:保志総一朗
シギュン・エルステル:斎藤千和
ホズル(クリシュナ9世):中村悠一
ゼス:神谷浩史
クレオ・サーブラフ:花澤香菜
リィ:甲斐田裕子
エレクト:梅津秀行
アルガス:高橋研二
ナルヴィ・ストライズ:井上麻里奈
ナイル・ストライズ:白石稔
ロギン・ジー・ガルフ・エンサンス:河相智哉
バルド:菅原正志
トゥル:緒方賢一
サクラ:葛城七穂
レガッツ:浅野真澄
ロキス:土師孝也
アニメ公式サイト
原作コミック作品紹介ページ
(c)吉永裕ノ介・フレックスコミックス/「ブレイクブレイド」製作委員会
   

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください