映画

映画『真実』全世界待望の特報映像ついに解禁! 超豪華キャストが描き出す、家族の嘘と真実とは…!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【STORY】
全ての始まりは、国民的大女優が出した【真実】という名の自伝本。出版祝いに集まった家族たちは、綴られなかった母と娘の<真実>をやがて知ることになる――。国民的大女優ファビエンヌ(カトリーヌ・ドヌーヴ)が自伝本【真実】を出版。アメリカで脚本家として活躍する娘のリュミール(ジュリエット・ビノシュ)、テレビ俳優の娘婿ハンク(イーサン・ホーク)、ふたりの娘のシャルロット、ファビエンヌの現在のパートナーと元夫、そして長年の秘書……お祝いと称して、集まった家族の気がかりはただ1つ。「一体彼女はなにを綴ったのか?」そしてこの自伝は、次第に母と娘の間に隠された、愛憎渦巻く「真実」をも露わにしていき――。

【以下プレスリリース文掲載】

昨年のカンヌ国際映画祭で日本映画21年ぶりの快挙となる最高賞“パルムドール”を受賞し、『万引き家族』が興行収入46億を超える大ヒットとなった是枝裕和監督。今や世界中で新作が待ち望まれる是枝監督の、長編14作目となる最新作にして初の国際共同製作映画、『真実』が、ギャガ配給にて10月11日(金)TOHOシネマズ 日比谷他全国公開となります。 この度、是枝監督が世界トップレベルの俳優陣と共に、母と娘の愛憎渦巻くドラマを描く映画『真実』の特報映像を解禁いたします。

国民的大女優ファビエンヌが【真実】というタイトルの自伝本を発表したことから、次第に母と娘の間に隠された、愛憎渦巻く「真実」が炙り出されていく本作。この度解禁された特報映像では、晩秋のパリ、カトリーヌ・ドヌーヴ演じる大女優ファビエンヌが暮らす、美しい緑が広がる大きな家の庭でのシーンから始まります。大きな荷物を抱えて歩くジュリエット・ビノシュ演じるファビエンヌの娘と、イーサン・ホーク演じる彼女の夫。そして彼らに挟まれて「おばあちゃんのお家って…お城みたい」と子どもらしい目線で呟くのは、本作の為に是枝監督がフランスで自ら見出した孫娘のクレマンティーヌ・グルニエちゃん。一見、どこにでもいる幸せそうな若い家族。ファビエンヌも自身の自伝本「真実」の出版祝いのため、久々の娘家族との再会に喜ぶ様子を見せるが…

「この本のどこに“真実”が?」一転、物語はファビエンヌの自伝本「真実」の内容を巡り、母と娘の<嘘>と<真実>が徐々に明らかになっていきます。娘に過去の家族との記憶を問い詰められても、その問いをかわすように「あれは事故よ」と語る母に対し、「ママを許さない 絶対に」と冷たく言い放つ娘。自伝本に綴られなかった<ある秘密>が、母と娘の心の影を次第に露わにしていく…。最後に映し出されるのは「ママ、あなたの人生 嘘だらけね」という本作のキャッチコピー。彼女たちの<真実>とはいったい何なのか。

国民的大女優としての貫禄もありながら、どこか少女のようなキュートさやユーモアも感じさせ、尚且つ一人の女性として見せる孤独な表情は、まるで唯一無二のフランス映画史の至宝カトリーヌ・ドヌーヴの人生そのものを映し出したかのようにも見えます。世界を代表する

豪華キャストたちが、これまで「子供を取り違えられた家族」「異母姉妹」「血の繋がらない一家」など様々な家族の形を描いてきた是枝監督の演出で、新しい家族の形を描き出します!

『万引き家族』でカンヌ国際映画祭最高賞“パルムドール”を受賞し、今回は初めて国際共同製作に挑戦する是枝監督。

本年度のヴェネチア国際映画祭コンペティション部門正式出品&オープニング作品にも決定、さらにトロント国際映画祭スペシャル・プレゼンテーション部門出品も決定!世界中からますます注目を集める本作に是非ご期待ください!

監督・脚本・編集:是枝裕和
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ『シェルブールの雨傘』/ジュリエット・ビノシュ『ポンヌフの恋人』/イーサン・ホーク『6才のボクが、大人になるまで。』/リュディヴィーヌ・サニエ『8人の女たち』 撮影:エリック・ゴーティエ『クリスマス・ストーリー』『夏時間の庭』『モーターサイクル・ダイアリーズ』
配給:ギャガ
©2019 3B-分福-MI MOVIES-FRANCE 3 CINEMA
公式サイト:gaga.ne.jp/shinjitsu/

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください