アニメ
ゲーム

『永遠に僕のもの』中村明日美子を始め、カリスマ的人気の漫画家&クリエイターから<イラスト>続々到着!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る







【以下プレスリリース文掲載】

この度、2018年アルゼンチンでメガヒットを記録した、ペドロ・アルモドバルプロデュース作『永遠に僕のもの』が、8月16日(金)より渋谷シネクイント、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかで全国順次ロードショーとなる。アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯の少年・カルリートスを演じるのは、SNSを中心に「とんでもなく美しすぎ」と話題を集めていた、本作が映画デビュー作のロレンソ・フェロ。さらに監督にもエッジーな映像センスが高く評価され注目を集めるルイス・オルテガなど、世界を圧倒させるアルゼンチンの才能が集結!

第71回カンヌ国際映画祭 ある視点部門への正式出品、さらには第91回アカデミー賞外国語映画賞アルゼンチン代表作品に選出され、海外のメディアからは「傑作!強い衝動に満ちた、真の犯罪ドラマ」(Screen international)、「アルモドバルの官能的なセンスに溢れていて最高」(NPR)、「匂い立つようなフェロモンに溢れた、強烈にクールな映画」(Cinemalogue)などと評されており、世界中で衝撃を与えている。

ブロンドの巻き毛に透き通る瞳、艶やかに濡れた瞳、磁器のように滑らかな白い肌―。神様が愛をこめて創ったとしか思えない美しすぎる17歳の少年、カルリートス。彼は欲しい物は何でも手に入れ、目障りな者は誰でも殺す。息をするように、ダンスを踊るように、ナチュラルに優雅に。やがて新しい学校で会った、荒々しい魅力を放つラモンと意気投合したカルリートスは、二人で様々な犯罪に手を染めていく。だが、カルリートスは、どんなに悪事を重ねても満たされない想いに気づき始める―。

ポスタービジュアルや予告編映像が公開されるや否や、主人公カルリートスのあまりに美しいビジュアルと殺人鬼というギャップ、友情と愛情の間で揺れる相棒ラモンとのただならぬ関係性に「性癖に刺さる」「なんて耽美…」「まるでJUNE」「萩尾望都の世界から飛び出してきたみたい」と、SNSを中心に公開前から期待の声が高まっている本作。この度、一足早く本作を鑑賞した、BL誌を中心に活躍する、その耽美かつ繊細なタッチで熱狂的な人気を博す計7名の漫画家から、映画をイメージしたイラストが到着した。














イラストを描き下したのは、アニメ映画版のヒットも話題を呼んだ「同級生」シリーズの中村明日美子、「蟷螂の檻」の彩景でりこ、「YOUNG BAD EDUCATION」シリーズのダヨオ、「天国 in the HELL」の虫歯、「朝とミーチャ」シリーズのビリー・バリバリー、「そんなにキレイじゃなくていい」のうり、「夜のなかで君をさがす」の京一ら、高い人気を誇る豪華な面々。“マリリン・モンロー”のような人を発情させるほどの美貌で、多くの人を魅了させるカルリートスや、その相棒のラモンらを、それぞれのタッチで魅力たっぷりに描かれている。

人気漫画家らも虜にするカルリートスの悪魔的な美しさ、ぜひスクリーンで堪能してみてはいかがだろうか。また、中村明日美子のイラストをはじめ、貴重な原画を渋谷シネクイントに展示予定!詳細は公式サイトに掲出。お楽しみに!『永遠に僕のもの』は、8月16日(金)より全国ロードショー!


監督:ルイス・オルテガ
プロデュース:ペドロ・アルモドバル、アグスティン・アルモドバル、ハビエル・ブリア『人生スイッチ』
出演:ロレンソ・フェロ、チノ・ダリン、ダニエル・ファネゴ、セシリア・ロス『オール・アバウト・マイ・マザー』
配給:ギャガ
公式サイト:https://gaga.ne.jp/eiennibokunomono
公式Twitter:https://twitter.com/ElAngel_jp
コピーライト: ©2018 CAPITAL INTELECTUAL S.A / UNDERGROUND PRODUCCIONES / EL DESEO 原題:EL ANGEL/ 2018年/アルゼンチン、スペイン/カラー/ビスタ/5.1ch/115分/字幕翻訳:原田りえ/映倫:R15

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください