映画

角川春樹が最後のメガホンを取る!映画「みをつくし料理帖」製作決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【物語】
時は、享和二年。大坂。8歳の澪(松本穂香)と野江(奈緒)は、暮らし向きが違えども仲の良い幼馴染だった。「何があってもずっと一緒や」と約束を交わす二人だったが、その約束の夜から大坂に大洪水が襲う。――それから時は流れ、江戸の神田にある蕎麦処「つる家」に、女料理人として働く澪の姿があった。

あの大洪水で両親を亡くし、野江とも離れ離れになってしまった澪は、「つる家」の店主・種市に助けられたのだった。種市に天性の料理の才を見出され、女でありながら料理人として働いていた。しかし江戸の味に馴染めず試行錯誤の日々を過ごしいたのだが、やがて「つる屋」の看板料理を見出していく。たちまち江戸でも評判になっていく店にある日、吉原の扇屋で料理番をしている又次(中村獅童)という強面の男がやってきた。

吉原で頂点を極めるあさひ太夫のために澪の看板料理を作ってくれと頼むのだった。そして、この日を境に運命の歯車が動き出す。果たして、澪と野江は再会を果たせるのか? 幾度となく訪れる艱難辛苦を乗り越えながら、料理に真摯に向き合い、運命を切り開いていく女料理人の成長と、不変の友情を描いた爽快な物語。

【以下プレスリリース文掲載】

この度、時代を創った男“角川春樹”が、遂に生涯最後のメガホンをとり、ベストセラーとして知られる「みをつくし料理帖」の劇場版映画を製作することが決定した。

1976年の「犬神家の一族」(東宝)を皮切りに、「人間の証明」(1977年・東映)「セーラー服と機関銃」(1981年・東映)「蒲田行進曲」(1982年・松竹)「時をかける少女」(1983年・東映)など1970年代から映画の黄金時代を築き上げ、数々の名作、大ヒット作を世に送り出した巨匠プロデューサー・角川春樹。製作にとどまらず、自らメガホンをとった作品としては本作が8本目となる。1942年生まれで御年77歳を迎える角川春樹が、生涯最後の監督作として選んだのが「みをつくし料理帖」だ。

原作は高田郁による時代小説で同名の「みをつくし料理帖」。これまでにシリーズ全10巻が刊行されており、累計400万部を超える大ベストセラー小説だ。ハルキ文庫(角川春樹事務所)より2009年5月に第1作『八朔の雪 みをつくし料理帖』が刊行され、2014年8月刊行の第10作『天(そら)の梯(かけはし) みをつくし料理帖』で完結した。登場人物のその後を描いた特別巻『花だより みをつくし料理帖 特別巻』が2018年9月に刊行されたほか、2012年と2014年にはテレビ朝日にて北川景子主演でスペシャルドラマ化。

2017年5月13日〜7月8日にはNHKにて黒木華主演で連続ドラマ化されている。この老若男女問わず愛され続けている不朽の名作が、「みをつくし料理帖」刊行10周年を記念し、角川春樹の手によって劇場版映画となることが決定し、2019年8月にクランクインを予定している。

この度の製作決定に伴い、メインキャスト3名も発表となります。名作・大ヒット作とともにスターを産み出してきた巨匠・角川春樹が最後の監督作で主演に抜擢したのは、松本穂香。主人公・澪を演じる。2018年7月期のドラマ「この世界の片隅に」(TBS)で約3,000人の応募者の中から5回にわたるオーディションを経て主人公・すず役に選ばれ一躍脚光を浴び、映画 やCMなどでも注目を集める若手実力派女優。そして澪と幼馴染の野江を演じるのは、2018年のNHK連続テレビ小説「半分、青い。」で注目を集め、今秋に公開を控えている映画「ハルカの陶」で映画初主演を果たす、奈緒。更に、江戸の吉原で頂点を極めるあさひ太夫を守る男・又次を、出演する全ての作品において唯一無二の存在感を残す、名実ともに個性派・実力派の俳優、中村獅童が演じる。

時は、享和二年。大坂。8歳の澪(みお)と野(の)江(え)は、暮らし向きが違えども仲の良い幼馴染だった。「何があってもずっと一緒や」と約束を交わす二人だったが、その約束の夜に大坂に大洪水が襲う。――それから時は流れ、江戸・神田にある蕎麦処「つる家」に、女料理人として働く澪の姿があった。あの大洪水で両親を亡くし、野江とも離れ離れになってしまった澪は、「つる家」の店主・種市に助けられたのだった。

そして種市に天性の料理の才を見出され、女でありながら料理人として働いていた。しかし江戸の味に馴染めず試行錯誤の日々を過ごしていたが、数々の困難に立ち向かいながら、やがて「つる家」の看板料理を見出していく。たちまち江戸でも評判になっていく店にある日、吉原の翁屋で料理番をしている又次という強面の男がやってきた。吉原で頂点を極めるあさひ太夫のために澪の看板料理を作ってくれと頼むのだった。そして、この日を境に運命の歯車が動き出す。果たして、澪と野江は再会を果たせるのか?――幾度となく訪れる艱難辛苦を乗り越えながら、料理に真摯に向き合い、運命を切り開いていく女料理人の成長と、不変の友情を描いた爽快な物語が描かれる。

監督・角川春樹(かどかわ・はるき)コメント
髙田郁さんの「みをつくし料理帖」が発刊されて十年、何度も映画化の話が持ち上がっては流れてきた。今になって振り返ってみると、全てが眼に視(み)えない世界によって、私が製作・監督をすることが決定されていたと思われる。過日、松本穂香の衣装合わせに同席した私の秘書は、無意識に、「澪ちゃんが此処(ここ)に立っている」と呟いた。松本穂香も運命によってスクリーンに登場する。私はこの映画に身を尽くす。

松本穂香(まつもと・ほのか)コメント
「みをつくし料理帖」という、たくさんの人に愛されている作品の映画化!しかも主人公ということで、初めは驚きましたが、いまは澪を演じられる幸せな気持ちでいっぱいです。澪という人は、芯の強さ、周りを包み込むような優しさをいっぱいに持っている人だと思っています。そんな澪を演じることで、物語の中に流れるあたたかさを、観てくださる皆さんにも感じて頂けるように、精一杯頑張りたいと思います!

奈緒(なお)コメント
「みをつくし料理帖」に参加させて頂けること、さらにずっと憧れだった太夫の役を演じられることが嬉しくてたまりません。自分自身にとって沢山の挑戦がある役ですが角川監督から頂いた「凛」という言葉を胸に、松本穂香さんはじめ素敵な共演者の皆様とご一緒できる贅沢を丁寧に楽しみたいと思います。

中村獅童(なかむら・しどう)コメント
角川監督とお仕事をさせていただくのは「男たちの大和/YAMATO」以来になります。角川映画に憧れていた世代ですので、角川監督の作品に出演できる喜びは大きく、今からワクワクしています。本格的な時代劇が少なくなっている昨今ですが、しっかりした時代劇をお見せできるよう頑張りたいと思います。また、脚本からのイメージですが、僕が演じる又次という人物は非常に男らしく、心根が優しい男だと感じています。奇を衒うことなく、真っ直ぐな気持ちで演じることができたらと思います。

出演:松本穂香 奈緒 中村獅童 他   
製作・監督:角川春樹 /
脚 本:江良 至、松井香奈、角川春樹   
原作:「みをつくし料理帖」 髙田郁 ハルキ文庫(角川春樹事務所)
料理監修:服部幸應
制作:楽映舎
制作統括:遠藤茂行  
(C)2019映画「みをつくし料理帖」製作委員会 
公式サイト:miotsukushi-movie.jp

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください